モアナと伝説の海。 モアナと伝説の海のレビュー・感想・評価

作品情報|モアナと伝説の海|ディズニー公式

モアナと伝説の海

モアナの島の名前とは ディズニー映画「モアナと伝説の海」の主人公モアナの島の名前ってなんていうのか? それは「 モトヌイ島」という名前の島です。 そして実際には、 存在しない架空の島なんですよ! なので、モトヌイ島に遊びに行くことは出来ないですね。 なんか残念! 来世は、モトヌイ島で暮らしたいですww モアナの島はどこにあるの? 設定では、モアナ達はポリネシアの人なので、ポリネシア諸島にあると言われています。 そして「モアナと伝説の海」の監督たちは取材で何度も、ポリネシアの島に出向き情報を収取したようですよ! モトヌイ島は、「ザ・ポリネシアの島」って感じの南国の島ですよね。 ポリネシアについては、で説明しています。 ヤシの木があって、キレイな砂浜と透明な海。 木造で出来た家と葉っぱの屋根^^ そして火山の山まである、てんこ盛りですねw 監督たちは、ポリネシアの島の良いところをモトヌイ島に詰め込んだみたいですね! では、そんなモトヌイ島のモデルってあるのでしょうか? モトヌイ島のモデルとは モアナが住んでいる島「モトヌイ島」もモデルは先ほど言ったように、ポリネシアの島のイメージを詰め込んだ島になるので、ポリネシアの島すべてがモデルと言ってもいいでしょう。 でも、それだけだとなんだか不完全燃焼ですね。 なんでも、モトヌイ島について調べると・・・ 鳥人儀式の舞台になった「 モツヌイ島」という島があるみたい! 鳥人と言えば、モアナと伝説の海に出てくる「」の事を思い出してしまいますね。 モツヌイ、モツイティ、モツカウカウなどの島があるみたい(?) そしてそのモツヌイ島は、 イースター島にあるんですよ! イースター島はチリにあり、イースター島の南側の小さい島がモツヌイ島です。 でも、モアナ達が住んでいるモトヌイ島とは少しイメージしたものと違います。 他にも ニュージーランドの北部に位置するタラナキ地方ある「 モトゥヌイ」がモデルでは?なんて声もあるんですよ。 タラナキ地方には、モアナのモデルとなったマオリ族も住んでいて、タラナキ山はマオリ族の聖地と言われているみたいですよ。 しかも、富士山と似ていて、ラストサムライのロケもやったようです! も行ったんでしょうか? タラナキは、まさに南国の島なので、モトヌイ島のモデルになったと言ってもおかしくはありませんね。

次の

映画『モアナと伝説の海』見逃した方必見!配信動画を無料でフル視聴する方法!

モアナと伝説の海

あらすじ [ ] モトゥヌイ島の伝承の一つに、このようなものがあった。 時は1000年前。 テ・フィティの「心」には命を創り出す力があり、海しかなかったこの世界に島、植物、動物を誕生させた。 同時にその心はあらゆる悪党の標的となる。 ある時、変身自在の マウイは島として鎮座するテ・フィティから心を盗み出すが、逃げる最中に同じく「心」を求める溶岩の巨大な悪魔 テ・カァの襲撃を受け、マウイはテ・フィティの心を海の奥底へ落としてしまう。 テ・フィティの心がなくなったことで世界は闇に包まれ始める。 しかし、世界が闇に覆われ尽くす前に、海に選ばれし者が現れ、珊瑚礁を超えてテ・フィティの元へ心を返しに行く。 この話を祖母タラから聞かされて育ったモトゥヌイの村長(むらおさ)の娘 モアナは、幼い頃から珊瑚礁の向こうの海に関心を抱いていた。 しかし村には「珊瑚礁を超えてはいけない」という掟があり、父の トゥイも掟を護り、娘にも同じことを要求した。 幼いモアナは砂浜で意思があるかのように振る舞う波と、緑色の石を目にするが、成長するにつれてそのことは忘れ、次第に将来の村長としての自覚も大きくなる。 それでも、海への好奇心は抑えられずにいた。 ある時、島の近海から魚が消え、作物も穫れなくなってしまう。 モアナは珊瑚礁を超えて魚を獲りに行くことを提案するが、トゥイに猛反対される。 モアナは悩みながらも漁師の船でサンゴ礁を越えようとするが、波に飲み込まれてしまい命辛々島に戻る。 その様子を見た祖母 タラは、モアナを閉ざされた洞窟へ連れて行く。 そこには漁に使うより大きな船がいくつも置かれており、モアナは先祖が海を渡り、島を次々と開拓してきたことを知る。 タラは幼いモアナの前に現れた波と緑色の石を見ており、モアナこそが「海に選ばれし者」であると告げた。 その直後、タラは病に倒れる。 死に際、モアナに緑色の石を手渡し、それがテ・フィティの心であると明かす。 そして、珊瑚礁を超え、マウイを探し出し、彼と共にテ・フィティへ心を返しに行くよう伝える。 決心したモアナはタラの言う通り、掟を破って洞窟の船で珊瑚礁の向こうの海へ繰り出すも、初めての航海では嵐の前に為す術もなく、無人島へ漂着する。 その島には心を盗んで以来、幽閉されていたマウイがいたが、彼は自らの行いについて「感謝されるべきだ」と言い張り、一緒にテ・フィティの元へ行くというモアナの頼みを聞こうとしない。 マウイは幽閉されるまで、人間のために島を引き揚げたり、昼間を伸ばしたり、火を人間に与えたりと多くのことをしてきており、そうした彼の偉業や過去はとして彼の体に現れているのだと語る。 再び人々の英雄となるためマウイはモアナを洞穴に閉じ込め、モアナの船で島を出ようとするが、洞穴から脱出したモアナと「海」の説得により共に航海を始める。 2人がタマトアの元へ向う途中、テ・フィティの心を狙うの海賊 カカモラの一団が襲撃してくるも、マウイの帆捌きとモアナの機転によりこれを撃退。 二人はタマトアの元へ辿り着き、マウイは釣り針を取り返すも、うまく変身できない。 タマトアに捕まってしまったマウイを、モアナは光るを塗った石を囮にすることで助け出す。 そのままを利用して逃げ出し、二人は神の釣り針を取り返すことに成功する。 変身できないことで自信をなくしているマウイに、モアナはどうして自分を信じられないのか尋ねる。 「心」を盗んだのも、彼と違い命の限られた人間たちのためであったと。 そして、釣り針を扱えなくなってしまったら自分には価値はないのではないかと。 しかしモアナは、彼が海に神として選ばれたのは理由があるはずであるし、彼が英雄と呼ばれたのは彼自身の勇気と自己犠牲のためだ、とマウイを励ます。 その後、モアナに感謝し、彼女を信用したマウイは彼女に航海術を教えるようになり、またマウイは変身の特訓を始める。 テ・フィティの島が近づいた時、2人の前にテ・カァが立ちはだかる。 一度はこれに挑んだ二人だが、モアナの作戦の失敗で、テ・カァの攻撃を受け釣り針にヒビが入ってしまう。 これにマウイは自身の力、ひいては人間からの感謝を永遠に失うことを恐れて去る。 自信を失ったモアナは海にテ・フィティの心を沈め、モトゥヌイへ帰ろうとする。 すると、モアナの前にに生まれ変わったタラが現れ、モアナに自分を見つめ直すよう諭す。 自分の海に対する愛情は、海に選ばれたから生まれたのではなく、海を渡っていた先祖から受け継がれてきた自分自身のものだということにモアナは気づく。 モアナは再びテ・フィティの心を返すことを決意し、再び海を越え単身テ・カァに立ち向かい、海に入れないという弱点をついて、教わった航海術で立ちはだかるテ・カァをかいくぐる。 内なる声に従ったモアナの元へマウイも戻り、釣り針を犠牲にしながらもテ・カァの追撃からモアナを助ける。 ついにモアナはテ・フィティの島に至るも、その島はのようになっており、テ・フィティが鎮座するはずの場所には海が広がるのみ。 モアナは、テ・カァこそが心をなくしたテ・フィティの怒り猛っている姿だと気づくと、彼女に自分を見つめ直すよう説き、テ・カァの胸に「心」を嵌め込む。 心を取り戻したテ・カァはテ・フィティの姿へと戻り、世界には緑と平和が戻ってゆく。 マウイはテ・フィティに「心」を盗んだことを謝罪し、新たな釣り針を与えてもらう。 マウイの身体には新たに「海に選ばれし少女」のタトゥーが現れる。 モアナはマウイに優れた航海士が必要と言って村に来ないか聞くものの、マウイはすでにモアナがいるから必要ない、と断る。 モアナは一人で生きる道を選んだマウイと別れ、モトゥヌイへと戻る。 家族や村人との再会を果たしたモアナは、村長になるのではなく、教わった航海術で先祖がしてきたように海を渡り島を開拓していくことを決意したのだった。 エンドロール後、タマトアが間欠泉によりひっくり返ったまま身動きが取れずにいるところで映画は幕を閉じる。 登場キャラクター [ ] 主要人物 [ ] モアナ・ワイアリキ(Moana Waialiki) この物語の主人公である。 16才の少女。 モトゥヌイの村長の娘で、いずれ父親の跡を継ぐことが期待されている。 盗まれたテ・フィティの「心」を返す者として海に選ばれ、戸惑いながらも愛する村人を救うため航海に出る。 その途中、テ・フィティの心を盗んだ張本人である風と海を司る神マウイと出会い、共に航海をすることになる。 一人称は「私」。 祖父はいない。 島育ちの高いバイタリティを持つが、掟により海に出たことがなかったため航海に出た当初の航海術は素人同然。 マウイとの旅を通じて技術的、精神的に成長する。 モアナは翌年に公開された「」にも、登場している。 マウイ(Maui) は風と海を司るで、筋骨隆々の肉体を持つ。 おそらくは不老。 神に与えられた「神の釣り針」を使ってどんな生き物にも姿を変えられる変身の達人。 また素晴らしい航海士でもあるが、泳ぎは不得意で、釣り針で鷹や水棲生物に変身するか船に乗るかしなければ海を越えて旅することができない。 かつては英雄と称えられた存在であり、体中に刻み込まれたタトゥーは、彼の偉業や過去を表す。 人に感謝されるのが大好きで、かつ感謝されていることを疑わない自信家だが、それだけの貢献を人間になしてきているためでもある。 かつては偉大な英雄だったが、テ・フィティの心を盗んだことがきっかけで釣り針を失い無人島に千年間幽閉される。 その島に漂着したモアナと共に航海をすることになる。 一人称は「俺」。 マウイの体を自由に動きまわり、声は出さないものの、身振り手振りで意思を伝えることができる。 モトゥヌイの村人 [ ] トゥイ・ワイアリキ(Tui Waialiki) モアナの父親で、モトゥヌイの村長。 娘と同じく海を愛する心を秘めているが、珊瑚礁を越えようとして波に飲み込まれ親友を失ったと言う辛い過去があることから、「珊瑚礁を超えてはいけない」という掟を頑なに守っている。 海に出たいというモアナを厳しく叱責するが、娘であるモアナを誰よりも心配してのことである。 最終的には珊瑚礁を越えたモアナを認めた。 シーナ・ワイアリキ(Sina Waialiki) モアナの母親。 愛情と思いやりに溢れた芯の強い女性。 娘のモアナを心配しつつ、航海に出たいモアナの気持ちを尊重し、そっと送り出す。 タラ(Tala) モアナの祖母で、トゥイの母。 不思議な言動が多い変わり者だが、モアナの良き相談相手。 島の伝説に詳しく、それを子供達に語り伝えているが、ある日病に倒れ、海に選ばれたモアナに 航海に出るように伝える。 背中にはエイのタトゥーが刻み込まれており、亡き後はエイに生まれ変わる。 ヘイヘイ(Heihei) モアナが可愛がっている。 知能指数はゼロに等しく、前にしか進めず、目の前にあるものは何でも餌と勘違いして飲み込んでしまう困った癖がある。 モアナの知らないうちに舟に乗っていたことから、共に航海をすることになる。 プア(Pua) モアナが飼っている。 モアナと共に航海に出ようとするも波に飲み込まれてしまい、命辛々モトゥヌイに逃げ帰る。 以来、海を怖がるようになり、航海に出たモアナの帰りを待つ。 緑の植物に覆われた巨大な島として普段は鎮座しており、女神に姿を変えることができる。 マウイにより「心」を奪われ、溶岩の悪魔テ・カァとなり、我を忘れて世界に闇を広げてゆく。 カカモラ(Kakamora) モアナとマウイが航海の途中で遭遇する、ココナッツの海賊の集団。 本作のの1つ。 海の漂流物で覆われた舟で暮らし、宝探しに明け暮れている。 モアナが持つテ・フィティの心を狙う。 タマトア(Tamatoa) 海底にある魔物の国「ラロタイ」で暮らす、体長15. 2mの巨大な。 本作のの1つ。 光輝くものや珍しいもので自分を飾り立て、それを自慢したのちに獲物を食べるのが趣味で、かつてマウイがなくした釣り針を持つ。 また以前マウイに足の一本を奪われており、彼とは仲が悪い。 声の出演 [ ] キャラクター 英語版声優 日本語版声優 モアナ・ワイアリキ ベビー・モアナ マウイ トゥイ・ワイアリキ 、歌: シーナ・ワイアリキ タラ タマトア ヘイヘイ 制作 [ ] 『』の制作後、とはの小説『』シリーズの第4作『 ()』の翻案に取り組み始めた 、しかし権利関係に問題が生じ計画の進行は停止することになった。 同様の問題を回避するため、3つの新しい案を売り込み、2011年から独自の構想による映画の制作が開始された。 2012年、二人は、、への取材旅行に赴き、南太平洋の人々と会いその文化を学んだ。 モアナは、二人にとってを主軸とした初めての映画である。 コンピュータアニメーションを使用する理由の一つとして、海洋を含む環境の表現に従来の2D映画の技法を用いるよりもより有効であった点がある。 また、南太平洋の人種の彫りの深い顔を表現するにあたっても、有用であった。 半神マウイの入墨は、の手法で表現されている。 台本は、 ()によって書かれた。 ()が動画を制作した。 音楽は、(ポリネシアンミュージックグループ ()のメンバー)、、が作曲した。 当初、のメンバーであるダイナ・ジェーンがモアナ役として有望視されていた。 しかし、数百人の候補をオーディションで選考した後 、14歳のアウリイ・クラヴァーリョ(生まれ)が起用されることが公表された(なお、彼女はハワイの先住民の血も引いている)。 2014年10月20日、ディズニーは公開日を2016年末と発表し 、3月に公開日が公表された8本の映画プロジェクトの内容から、公開日は11月23日となるであろうと示唆された。 11月10日には、公開日が11月23日と正式に発表された。 ヨーロッパのいくつかの国では「モアナ」は既に商標として使用されており、スペインではバイアナ(Vaiana)に変更された。 さらにイタリアではオセアニア(Oceania)に変更され、モアナの代わりに主役の名はヴァイアナ(Vaiana)となった。 日本語題の「モアナと伝説の海」は2016年7月13日に発表され、同時に2017年3月10日に上映開始されることも発表された。 また、主演として新人のが起用されることとなった。 公開初日の興行収入は『』や『』を超える1568万ドルを記録し、5日目時点の成績は『』を超える結果となった。 映画ランキングでは、公開以来3週連続首位(11月25日〜27日、12月2日〜4日、12月9日〜11日)となり話題を呼んだ。 4週目以降も『』や『』などの話題作が続々と封切られる中で、2位(12月16〜18日)、6位(12月23日〜25日)、4位(12月31日〜1月1日)、8位(1月6〜8日)とトップ10に7週連続ランクインした。 最終的に興行収入2億4821万8355ドルを記録し、2016年に公開されたの中で5番目のヒットとなった(実写を含めると11番目)。 日本 [ ] 日本では一足遅れて2017年3月10日から公開され、3月11日~12日の土日2日間全国映画動員ランキングでは、初登場1位を獲得し、動員46万6480人、興行収入5億8948万5600円を記録した。 この記録は、前年大ヒットした『ズートピア』のオープニング成績を上回る結果となった。 最終興行収入は51. 『アナと雪の女王』以降、ディズニーのアニメ映画の日本での3D上映は2D版と比べて小規模となっていたが、本作では4月8日から20日まで期間限定で上映された・MX4D版を含め、全て2Dのみの公開となった。 実写を含めたディズニー作品全体でも、『』や『』のように、海外では3Dでも公開された作品が日本では2D上映のみとなり、Blu-ray 3Dも未発売(映像ソフトもMovieNEXではなく、通常のBlu-ray・DVDとして発売)となっていたが、本作ではMovieNEX購入者向け、あるいはオンライン限定のセット商品としてBlu-ray 3Dが発売された。 トリビア [ ]• モトゥヌイの島に、『アナと雪の女王』に登場するマシュマロウに類似した生き物が描かれたが登場する。 ベビー・モアナがテ・フィティの心を見つけるシーンで、海の泡がの形をしている。 モトゥヌイの島で登場するタパに描かれた2人の人物は、本作で監督を務めたロン・クレメンツとジョン・マスカーに類似している。 モアナが航海に出るために荷物をまとめるシーンで、人参と2本の木の枝が登場する。 これは、『アナと雪の女王』に登場するのオラフを連想させる。 マウイが「俺のおかげさ」を歌うシーンで、『』に登場する魚のフランダーが登場する。 カカモラの中に、『』に登場するベイマックスのデザインのカカモラが一瞬だけ登場する。 タマトアが住む魔物の国・ラロタイでモアナに襲いかかる紫のお面をかぶった魔物は、『』に登場するのフラッシュである。 タマトアの背中に、『』の魔法のランプが乗っている。 タマトアのシーンでマウイが一瞬だけ変身するは、『アナと雪の女王』に登場するスヴェンである。 エンドロールで、『』の主人公・ラルフが描かれたタパが登場する。 サウンドトラック [ ] 『 モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>』の他に、歌詞が全て英語の『 モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <英語版>』が存在する。 トラック41の「How Far I'll Go(エンドソング)」は、<日本語版>限定のボーナストラックである。 15 プロローグ 16 お父さんもあなたと同じ マーク・マンシーナ 17 村の変わり者 マーク・マンシーナ 18 洞窟 マーク・マンシーナ 19 海に選ばれた者 マーク・マンシーナ 20 神の釣り針 マーク・マンシーナ 21 横たわるタラ マーク・マンシーナ 22 意地の張り合い マーク・マンシーナ 23 海賊、カカモラ マーク・マンシーナ 24 海を渡る者 マーク・マンシーナ 25 岩山を登る マーク・マンシーナ 26 タマトアのねぐら マーク・マンシーナ 27 大脱出 マーク・マンシーナ 28 もし俺が海でも マーク・マンシーナ 29 テ・カァを倒す マーク・マンシーナ 30 飛び去るマウイ マーク・マンシーナ 31 肩を落とすモアナ マーク・マンシーナ 32 タラとの再会 マーク・マンシーナ 33 テ・フィティへ向けて出帆 マーク・マンシーナ 34 光を放つ心 マーク・マンシーナ 35 復活したテ・フィティ マーク・マンシーナ 36 女神の手 マーク・マンシーナ 37 航海するタガロア神 マーク・マンシーナ 38 また会おう マーク・マンシーナ 39 島への道案内 マーク・マンシーナ 40 再び航海へ マーク・マンシーナ 41 How Far I'll Go(エンドソング) MovieNEX [ ] 2017年6月28日にデジタル配信が開始され、7月5日にが発売された。 「モアナと伝説の海 MovieNEX」• 「モアナと伝説の海 MovieNEX プレミアム・ファンBOX」• 「モアナと伝説の海 MovieNEXプラス3D」(オンライン予約限定商品) テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 (なし) 19:00 - 21:08 128分 6. 解説ナレーター:。 ゲスト:(モアナ役)。 による影響で・で開催予定だった「」が中止になったことに伴う代替番組。 「春くるプロジェクト」の一環として放送。 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 Coony, John M. Kosnik, Blair Pierpont, Erin V. モアナと伝説の海(ディズニーアニメ小説版) - 刊、3月4日発売、全214ページ。 モアナと伝説の海 ビジュアルガイド - 刊、3月16日発売、全96ページ。 角川アニメ絵本 モアナと伝説の海 - KADOKAWA刊、3月16日発売、全96ページ。 ジ・アート・オブ モアナと伝説の海 - 刊、2月9日発売、全159ページ。 CD付 ディズニーの英語[コレクション16 モアナと伝説の海] - KADOKAWA刊、4月15日発売、全192ページ。 モアナと伝説の海(ディズニーゴールド絵本) - 刊、3月4日発売、全18ページ。 Disney モアナと伝説の海 SPECIAL BOOK(バラエティ) - 刊、3月10日発売。 まるごとディズニーブックス モアナと伝説の海 - KADOKAWA刊、3月8日発売、全96ページ。 ディズニームービーブック モアナと伝説の海 - 講談社、3月8日発売、全176ページ。 モアナと伝説の海(ディズニーブックス)(新ディズニー名作コレクション(雑誌)) - 講談社刊、2月23日発売、全22ページ。 モアナと伝説の海(ディズニー プレミアム・コレクション) - 刊、2月15日発売、全26ページ。 モアナと伝説の海(アニメランド) - 講談社刊、3月7日発売、全26ページ。 出典 [ ] []• 『』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p. 千年前にテ・フィティの心を盗んだ時から、姿が変わっていない。 また、それ以前から活躍していたことが、彼の歌の内容から示唆されている。 2015年10月8日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月17日. 2017年1月18日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 Collider. com 2015年7月9日. 2015年10月9日閲覧。 Connelly, Brendon 2013年4月6日. Bleeding Cool. 2014年10月20日閲覧。 Sioux City Journal. 2014年10月20日閲覧。 Disney twenty-three : 8 1 : 32—33. Desowitz, Bill 2013年9月30日. Animation Scoop. 2014年10月20日閲覧。 Kanai, Maria 2015年10月13日. 2015年10月16日閲覧。 Dell, Brad 2015年10月15日. Ka Leo O Hawaii. 2015年10月16日閲覧。 Busch, Jenna. Welcome to the Legion!. 2016年4月6日閲覧。 2017年6月19日. 2017年11月7日閲覧。 Madison, Charles 2015年3月1日. filmdivider. com. の2015年9月30日時点におけるアーカイブ。 2015年10月8日閲覧。 Siegemund-Broka, Austin 2015年6月16日. 2015年10月8日閲覧。 Breznican, Anthony 2015年8月14日. 2015年10月8日閲覧。 Roth, Madeline 2015年8月19日. 2015年10月8日閲覧。 comingsoon. net. 2015年10月7日. 2015年10月8日閲覧。 comingsoon. net. 2014年10月20日. 2014年10月20日閲覧。 2014年10月20日. 2014年10月21日閲覧。 Yamato, Jen 2014年11月10日. Deadline. com. 2014年11月10日閲覧。 Verne. 2015年10月18日閲覧。 Il Post 2015年12月3日. 2015年12月6日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年3月14日 , 2017年3月15日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE 2017年5月12日 2017年5月12日閲覧。 マイナビニュース 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 ORICON NEWS 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 シネマトゥディ. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 com. 2017年1月11日. 2017年1月11日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

モアナと伝説の海 : 作品情報

モアナと伝説の海

主人公モアナ&半神半人マウイ 『モアナと伝説の海』は、2016年公開のディズニー映画です。 主人公は、モトゥヌイ島の村長の一人娘であるモアナです。 村長である父トゥイは、村の規則として危険な海へ出ることを禁じていましたが、モアナは幼い頃から海に興味がありました。 海へ出たい気持ちと両親を心配させたくない気持ちの間でモアナが葛藤する中、村に危機が起こります。 島のココナッツが腐り、魚も取れなくなってしまったのです。 モアナは祖母(タラ)により、島の伝説を知ります。 その昔、モアナたちの暮らす島々を作ったのは女神(テ・フィティ)でした。 しかし、半神半人のマウイによって女神の心(石)が盗まれてしまったことで、村に危機が訪れているのです。 まもなく村長になるモアナは、マウイから石を取り返し女神に返すべく、海へと飛び出していきます。 モアナが海への冒険に繰り出すシーンの曲で、少女の心境の変化を描いています。 はじめは、これから村長になる身として両親や村人たちの期待に応えようとするモアナ。 村には自分の居場所があり、村人たちだって、海に行かなくても幸せそうです。 海に行きたいと思っているのは自分だけで、それはおかしいのかもしれない、わがままなことかもしれないと悩みます。 みんなに期待される役割を演じようとするモアナですが、気づけばいつも海を眺めに来ています。 海と空が交わるのはどこなんだろう? 海はどれほど遠くまで続いているんだろう? 未知の世界への興味が抑えきれないモアナは、とうとう自分の心の声に従い船を漕ぎだします。 これまで許されなかった海へ飛び出し、ワクワクと希望に満ちたモアナの歌です。 エンドソングでは、人気アーティストの加藤ミリヤさんが主題歌を歌いました。 トケラウ語の歌詞はなんとも神秘的で、物語へ一気に惹きつけられる曲になっています。 日本語に翻訳すると、「タガロア神よ、願いを叶えたまえ」というような内容です。 ポリネシアに伝わる創造神タガロアは、海の神と言われています。 制作チームは『モアナと伝説の海』をつくるにあたり、実際にサモアに研究に訪れたそう。 タガロア神は、まさにその地で信仰されている海やすべてのものを創造した神さまです。 モアナたち村人が、代々にわたって神に捧げてきた歌なのでしょう。 モアナの歌:無垢な勇者 幼いモアナが海でウミガメを助けたとき、海がモアナに語りかけるシーンの歌です。 日本では映画の予告編にも使用され、実は物語のキーになっているといった大事な曲でした。 このシーンでモアナは、海から心(緑の石)を受け取ります。 「無垢な勇者」とは、まさしくモアナのこと。 幼いモアナに海が「あなたには使命がある」と語りかけます。 モアナが成長し、女神テ・フィティに再会した時、今度はモアナがこの歌を歌うのです。 モアナの歌:いるべき場所 モアナの父である村長トゥイが、幼いモアナの意識を海(外)ではなく村の中(内)に向けさせようとするシーンでの歌です。 村の暮らしの良さを楽しく歌い上げていますが、「伝統を守ろう」「新しい歌はいらない」と海を否定する歌詞が目立ちます。 幼いモアナの「(海を)見に行こう」「でも外は?」というセリフも、すぐに遮られてしまいます。 そんななか、モアナの祖母タラだけは違っていました。 タラは海に向かってフラダンスをするのが大好き。 波と会話するような姿は、村の人に変わり者と思われています。 タラはモアナに、「心の声に気がついたならすぐ従いなさい、ささやく声はほんとの自分よ」と語りかけます。 歌のなかで幼女から自立した次期村長へと成長したモアナ。 海への憧れを心の中にしまいこみ、「外には行かない」「島の人たちと暮らすのここで」「教えをちゃんと守っていく」とみんなを安心させます。 海への憧れを押し殺していたモアナが、自分と向き合い、航海に出ることを決意します。 何年も自分の気持ちに嘘をついてきたモアナ。 海の呼びかけや、自分の心に従えといった祖母の言葉がじわじわと効いてきます。 モアナは漁師の船で禁じられているサンゴ礁の向こうへと飛び出しますが、波に飲み込まれ危機一髪で島に戻ることになります。 モアナの歌:もっと遠くへ 「もっと遠くへ」は、モアナの村の祖先の物語を歌った歌です。 海から戻ったモアナを、祖母タラは閉ざされた洞窟に連れていきます。 そこには漁に使うよりはるかに大きい船が並び、モアナの祖先たちが昔は海に出て島を開拓していたことを知ります。 アウェアウェ〜という印象的な歌詞とともに、祖先たちが海と生きてきた時代を見ます。 タラはモアナが選ばれしものであることを告げてすぐ、病に倒れてしまいます。 死に際にタラから受け取った緑色の石を手に、モアナはふたたび洞窟へと向かうのです。 危篤状態の大好きなおばあちゃんや、そばにいる家族をおいて、一人で海へと向かいます。 村の明かりに後ろ髪をひかれる複雑な心境の中、光るエイ(祖母の霊)に導かれ旅に出ます。 この歌のシーンで号泣する人が続出! 旅へ出ることを決意したモアナの勇気に胸が揺さぶられます。 どういた〜しまして〜ユアウェルカム!というマウイの歌が耳に残ると話題になりました! モアナに有無を言わせず、「どういたしまして!」とノリノリな半神半人のマウイ。 素晴らしい世界を作ったのも、ココナッツを作ったのも、みんな自分のおかげと歌っています。 ラストは「ありがとよ!」と歌いながら、モアナを洞窟に閉じ込め歌い切るという自己中っぷりです。 モアナの歌:シャイニー 「シャイニー」は、モアナに登場する悪者(ヴィラン)の巨大カニの歌です。 光り輝くもの(シャイニーなもの)が大好きなタマトアは、自分のコレクションを人に自慢した後、相手を食べるという癖があります。 この歌も、モアナに絡みながら歌い上げますが、途中でマウイが登場。 マウイとタマトアは因縁の相手で、マウイは以前、タマトアの足をもぎ取ったこともあるそう。 今回はマウイが食べられてしまう?!と危機一髪のところで、モアナが「ここにキラキラしたものあるけど」と心(本当は苔を塗った石)を見せ、タマトアの気を引くことでマウイを助けます。 タマトアに奪われていた神の釣り針を取り返したマウイ。 神の釣り針があれば変幻自在に変身できるはずでしたが、うまく変身できず自信をなくします。 モアナの歌:パーテー・ドラム・ダンス 変身できないことで自信を失っていたマウイに、モアナが励ましの声をかけます。 自分を信じられない理由を聞いたモアナに、マウイは赤ん坊の頃に海に捨てられていたという過去を打ち明けます。 人間に感謝されることで自分の価値を見出していたマウイは、「心」を盗んだのも人間のためだったと話しました。 心を通わせた二人は、一緒にテ・フィティの島に心を返しに行くため訓練を始めたのです。 ノリノリの音楽「パーテー・ドラム・ダンス」は、前向きになったマウイがモアナに航海術を教えるシーンで流れる音楽です。 モアナはこの曲のうちに、どんどん成長していきます。 モアナの歌:モアナ 日本語では「モアナ」ですが、英語版では「I am Moana(私はモアナ)」という歌です。 マウイとともにテ・フィティの元へ向かうも、溶岩に覆われた火と大地の悪魔テ・カァを前に作戦に失敗したモアナ。 マウイもモアナの元を去ってしまい、モアナはひとりぼっちになります。 祖母タラの霊が登場し、フィナーレに向かう重要なシーン。 タラが「モアナ、遠くまできたね。 さあ、聞くんだよ、お前は誰か…」と語りかけます。 モアナは自分が何者なのか、自分自身に問いかけます。 「島を愛する娘」であり「島の村長の娘」であったモアナは、冒険を経て心境に変化が現れました。 祖先の呼ぶ声や海の声にしたがって航海に出たモアナ。 しかし、自分が海に惹かれるのは「選ばれたから」ではなく、それが祖先から続く本来の姿であったからだと気づきます。 自分の心に従った結果、「わたしは、モア〜ナ〜〜〜〜〜!!」というひとつの答えにたどり着くのです。 モアナの歌:自分をみつめて モアナはもう一度、たったひとりでテ・カァに立ち向かいます。 そこに仲間であったマウイも戻ってきて、モアナはテ・フィティの元へたどり着くことができました。 しかし、テ・フィティがいるはずの場所には何もなくなっていました。 モアナはテ・カァこそ、心をなくし怒り狂うテ・フィティの姿だと気づきます。 そこでモアナは「自分をみつめて」という歌でやさしくテ・フィティに語りかけ、自分を取り戻すよう説きました。 無事にテ・フィティに心をはめたモアナ。 世界は緑と平和を取り戻しました。 マウイはテ・フィティに心を盗んだことを謝り、モアナの元を去りました。 マウイと別れたモアナは、モトゥヌイ島へと戻り家族と再会します。 モアナの歌:もっと遠くへ(フィナーレ) 最後にもう一度、航海の歌「もっと遠くへ」が流れます。 島に戻ったモアナは、代々村長が重ねてきた岩の上に貝殻を置きます。 モアナはこれまでのやり方ではなく、祖先のように海を渡り、島を開拓していく未来を選んだのです。 マウイに教わった航海術を使い、海とともに生きるという伝統を復活させたのです。 南の島をテーマに撮影したというミュージックビデオは、圧倒的なスケールとなっています。 モアナは名曲ぞろいの映画ですね! ストーリーと歌がよくあっていて、何度見ても感動します。

次の