エルタシン 軟膏 陰部。 アズノール軟膏の効果と副作用:あせもやニキビ、陰部に使える?

ゲンタシン軟膏の効果・効能は?やけどや切り傷、あせもには使える?

エルタシン 軟膏 陰部

ゲンタシンの陰部への使用 ゲンタシンは、やけどやニキビをはじめ、いろいろなできものにも効果があります。 ゲンタシンは抗生物質なので、その炎症の原因となる菌を直接退治してくれます。 また、刺激も少なく、副作用も比較的少ないので、陰部へ使用しても問題ありません。 ゲンタシンは無色透明で無臭なので、安心して使用することができます。 ただし、傷ができていたり、できものができている場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。 また、かなりべたつくので注意が必要です。 あまり多量に塗りすぎると、べたべたになってしまいかなり不快だと思うので、使用する量は患部に薄く塗る程度にしましょう。 使用頻度は、1日に2、3回程度が適切です。 たくさん塗れば、早く治るというわけではないので注意してくださいね! ゲンタシンの副作用 用法容量を守って使用すれば副作用がでることはほとんどありませんが、その人の体質や体調によっては副作用がでることがあります。 副作用としては以下の症状があります。 かゆみ• できものができる このような皮膚への副作用が現れたら、すぐに使用を中止して病院へ行くようにしてください。 また妊娠中、授乳中の方の使用は控えるようにしましょう。 ゲンタシンは市販されている? ゲンタシンはとても使いやすく、良い効果が期待できる塗り薬ですが、薬局やドラッグストアなどで 市販はされていません。 したがって、病院で処方してもらう必要があります。 皮膚科で症状を伝えれば、適切な治療薬を処方してもらえるはずです。 ただし、陰部の使用などにより病院で受診するのはちょっと、、という人は成分が似ている塗り薬が市販されています。 それは、 ドルマイシン軟膏という治療薬です。 この薬も同じように、皮膚の炎症作用を抑えてくれます。 この二つの薬の違いは含まれる抗生物質の成分が少し違うだけです。 厳密にいうと炎症を起こしている原因となっている細菌の種類によって、二つを使い分けるのがいいのですが判断が難しいと思うので、症状が軽い場合は市販されているドルマイシン軟膏を試してみるといいと思います。 その後、症状が悪化したり、なかなか治らない場合は病院で診察を受けて適切な治療薬を処方してもらいましょう。 他にも市販はされていませんが、有名なステロイド薬として アンテベート軟膏や リンデロンvg軟膏があります。 こちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 【】 【】 まとめ ゲンタシン軟膏は、刺激が少なく、体に悪影響を及ぼすこともほとんどないのでとても使いやすい薬です。 ただし、市販されていないので病院へ行くことができない場合はドルマイシン軟膏を代用として使ってみるといいと思います。 さらに、ゲンタシン軟膏で治療することができる病気についてはこちらで詳しくまとめています!ぜひ参考にしてみてください。

次の

ゲンタシン軟膏に市販薬はある?【薬局や通販で買えるのか】

エルタシン 軟膏 陰部

とびひの薬ゲンタシンとはどんなお薬? とびひの薬で良いといわれているゲンタシンというお薬ですが、どうしてとびひに効果があると言われているのかをご存知ない方もいると思うので説明いたします。 ゲンタシン軟膏というのは軟膏で処方されるお薬で、 細菌感染を起こしてしまった皮膚炎などに効果があると言われている殺菌作用のある軟膏です。 アミノグリコシド系の抗生物質が配合されており、とびひの原因と言われている黄色ブドウ球菌などにも効果を発揮してくれるお薬なのです。 どんな効果があるのか? ゲンタシン軟膏はレンサ球菌属やエンテロバクター属、プロテウス属、プロビデンシア族、クレブシエラ属、緑膿菌などなどの細菌にも効果があります。 感染してしまうとびひにも処方され、 二次感染などを防ぐ目的でも処方していただけるお薬なのです。 このお薬は単品で処方される事もありますが、とびひなどの二次感染が予想される場合には、他の抗ウィルス系のお薬と一緒に処方される事もあるようです。 ゲンタシンには副作用がないの? ゲンタシンはいわゆる ステロイド系のお薬ではありませんので、抗菌作用があるといっても副作用の報告は殆ど無いと言われています。 すると安心して使えるのか!と思うかもしれませんが、全くないという事ではないので用法用量を守ってお使いください。 ちなみにごく稀にですが、耳鳴りを感じたりめまいが起こったりする事もあるようですが、長期間使い続けた結果であるので長期間使わないようにするなど、 用法用量をしっかりと守って使いましょう。 全てのとびひに効果があるわけではない! ゲンタシン軟膏はとびひにとても効果がある薬だと言えるのですが、実はとびひの中でも ぐじゅぐじゅになってしまったような場合には効果がないと言われています。 その場合には別の薬を使う方が良いので使用をやめ、病院に行ってとびひの状態にあう薬を処方していただくようにしてくださいね。 とびひの薬リンデロンとはどんなお薬? リンデロンというのはどのようなお薬なのかというと、この薬はいわゆる ステロイド系のお薬ですので、もしも持っていたらとびひに塗ろうとはしない方がいいでしょう。 なぜならば、とびひの中にはステロイド系の薬を塗る事によって、治るどころかひどくなってしまう事があるからなのです。 例えば リンデロンを塗っても大丈夫なとびひというのは、じゅくじゅくとしている水疱が無い場合のとびひのみで、使い方を間違えてしまうととんでもない事になってしまいます。 余計にひどくなって重症化してしまう事が多いと言われていますので、リンデロンをやたらととびひに塗らない方がいいでしょう。 リンデロンはどんな薬なのか? リンデロンは基本的に炎症が起きている皮膚炎に適しているのですが、ステロイドというのは皮膚の免疫を落としてしまう事があるため、 細菌が増殖しやすくしてしまう欠点を持っています。 なので水疱などがあるとびひに使ってしまうと余計にひどくしてしまう事になるわけです。 リンデロンがあったからといってとびひに塗ってしまうと、余計にひどくなってしまい驚く程広がってしまう事があるというわけなのです。 リンデロンは病院でしっかりと症状を診て頂いてから処方してもらったものを塗るようにした方がいいでしょう。 とびひの薬を塗る時の注意とは? とびひの薬を塗る時にはまず 患部をしっかりとキレイにしてあげてから塗るようにしましょう。 まず患部をしっかりと石鹸をつけて触らないようにして泡で洗ってから、シャワーを使ってしっかりと石鹸を洗い流してください。 その後はしっかりと水分を拭き取ってから抗菌作用のある軟膏をぬり、ガーゼなどで保護してあげる必要があります。 定期的に薬を塗ってあげなくてはなりませんが、その都度キレイに洗い流してあげるといいですね。 あとがき いかがでしたか? とびひのお薬の中でも有名なリンデロンとゲンタシンの薬の説明をしてみました。 とびひはとても身近な皮膚病の一つなので、できればとびひにならないように注意をしてあげるといいですよね。 また、ひどくなってしまう事があるので、できるだけ リンデロンは素人判断では使わない方が良いという事もわかっていただけたら幸いです。 カテゴリー•

次の

毛嚢炎が陰部にできた!効果的な膿やしこりの治療法を公開!

エルタシン 軟膏 陰部

【2020年】ゲンタシン軟膏は〇〇に効く?成分・正しい効果・注意点 以前、擦り傷に対して病院で処方された塗り薬、ゲンタシン軟膏。 ゲンタシン軟膏は、様々な皮膚感染症や怪我をした際の感染予防など様々な場面で使用されることが多い抗生物質を含む塗り薬です。 また、市販でゲンタシン軟膏を購入できるかという疑問にもお答えします。 ゲンタシン軟膏について正しく理解していただき、正しい用途でご利用下さい。 1.ゲンタシン軟膏とは? ゲンタシン軟膏とは、抗生物質を含む塗り薬(外用薬)です。 まずは、ゲンタシン軟膏について解説します。 1-1. ゲンタシン軟膏の成分と作用 ゲンタシン軟膏の成分は、「 ゲンタマイシン硫酸塩」です。 ゲンタマイシン硫酸塩は、アミノグリコシド系とよばれるタイプの「抗生物質」です。 抗生物質とは、感染の原因となる細菌の増殖を抑えたり、殺したりするお薬のことです。 細菌が増殖するためには、タンパク質の合成を行う必要があります。 そこで、 ゲンタマイシン硫酸塩は、細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 このことにより、細菌による皮膚感染症や外傷などの傷口の細菌の増殖を抑えることによって、治りをはやめたり、感染が拡がり化膿するなど、症状がひどくなるのを抑えることができます。 あくまでも、細菌の増殖を抑えるお薬なので、直接炎症を抑えるような効果はありません。 ゲンタシンの塗り薬では、軟膏の他に、クリームもあります。 1-2. ゲンタシン軟膏の使い方 ゲンタシン軟膏は、伸びが良く、色や臭いや刺激感が特になく、塗りやすいお薬です。 通常は、1日1回〜数回、患部に塗るようにします。 若しくは、ガーゼにのばしたものを患部に貼るようにします。 症状に応じて、医師から塗る回数などの指示があると思いますので、医師の指示を守るようにしましょう。 塗るタイミングとしては、お風呂の後や起きた後などをおすすめします。 また、塗り忘れたことに気付いた場合には、気付いたときに塗っても問題ありません。 処方薬で、ゲンタシン軟膏+抗炎症作用の塗り薬があります。 先ほどの説明で、ゲンタシン軟膏は、あくまでも抗生物質であって、直接炎症を抑える効果はないことをお話ししました。 実は、処方せんを必要とする医療用医薬品の中で、ゲンタシン軟膏の成分である「ゲンタマイシン硫酸塩」と抗炎症作用が期待できるステロイドの成分「ベタメタゾン吉草酸エステル」を含んだ塗り薬があります。 代表的なお薬が、「リンデロンVG」です。 細菌の感染の可能性がある、又は、おそれのある炎症を起こしている場合、こちらの塗り薬が処方されることもあります 1-3. まとめ ゲンタシン軟膏は、抗生物質を主成分としており、細菌による皮膚感染症や外傷などの傷口の細菌の増殖を抑えるお薬です。 あくまでも、細菌の増殖を抑えるお薬なので、直接炎症を抑えるような効果はありません。 通常は、1日1回〜数回、患部に塗るようにします。 【効能・効果】 〈適応菌種〉 ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属(肺炎 球菌を除く),大腸菌,クレブシエラ属,エンテロバクター属, プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属, 緑膿菌 〈適応症〉 表在性皮膚感染症,慢性膿皮症,びらん・潰瘍の二次感染 難しいですね。 ここでは、抗生物質は、すべての細菌に対して効果があるというわけではなく、抗生物質の種類によって得意分野があり、細菌の種類に応じて適した抗生物質が使用されるということをご認識ください。 ゲンタシン軟膏は、広い範囲の細菌に効果があります。 2-1. また、化膿を起こしてしまった場合においても効果的なため、幅広く使用されます。 化膿とは・・ 皮膚の損傷部分から細菌が入り込み炎症を起こしている状態です。 体内の免疫反応により、細菌を追い出そうと、腫れる、痛みを伴う、熱をもつ、損傷部分から膿が出る、などの症状がみられます。 2-2. 肌あれの場合は広範囲であることも多いため、広範囲にわたって塗ることもお勧めできません。 肌あれの場合は、通常、保湿剤を使用します。 ただし、肌あれの状態で、かゆくて掻きむしってしまっている状態など、傷など炎症がみられ、化膿している、化膿する可能性がある場合には、その患部に対して使用することはあります。 2-3. 特に、赤く炎症を起こしている赤ニキビや化膿しているニキビに効果があります。 できたての白ニキビや黒ニキビに対しては効果がないとされています。 ネットで検索すると、「ゲンタシン ニキビ」に関連する記事が多くヒットします。 しかし、実は、ニキビ治療薬としてゲンタシン軟膏は、そこまで主流のものではありません。 現在、ニキビ治療薬として処方される塗り薬として代表的なお薬は下記です。 ・ディフェリンゲル [成分:アダパレン] ・ベピオゲル [成分:過酸化ベンゾイルゲル] ・ダラシンTゲル [成分:クリンダマイシン リン酸エステル] ・アクアチムクリーム [成分:ナジフロキサシン] ・イオウカンフルローション [成分:イオウカンフルローション] ・デュアック配合ゲル [成分:クリンダマイシン・過酸化ベンゾイル] ・ゼビアックスローション[成分:オゼノキサシン] など。 その他、内服薬[飲み薬]も別にあります。 ちなみに、ニキビは、医療の専門用語では、「尋常性ざ瘡」といい、ゲンタシン軟膏の効能効果には記載がありません。 ニキビ治療に対しては、上記で紹介した別の処方薬が出ることが一般的です。 2-4. そのため、抗生物質の塗り薬(外用薬)や、飲み薬(内服薬)が処方されます。 抗生剤の塗り薬のひとつとして、ゲンタシン軟膏が処方されることもあり、効果が期待できます。 とびひは、放っておいたり、治療を行わないと、症状が悪化したり、感染している細菌によって、他の病気が起きることがあります。 そのため、とびひの症状が出た場合、必ず医療機関を受診するようにしましょう。 専門の皮膚科や小児科の受診をおすすめします。 感染を拡げないためにも、早めに受診することがとても重要です。 とびひとは・・・ とびひの正式な病名は、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」とよばれ、細菌による皮膚の感染症です。 虫刺されや、湿疹、あせもなどをかゆくてかいてしまってできた傷や、転んでできたすり傷などから皮膚に細菌が入ることにより感染し、発症します。 健康な人の皮膚の表面にもともと存在している「黄色ブドウ球菌」や「化膿レンサ球菌」などが、原因菌です。 2-5. 自己判断ではなく、必ず医師の指示のもと、使用するようにしましょう。 特に、細菌感染を起こしやすい褥瘡の初期段階に処方されることがあります。 3.ゲンタシン軟膏の注意点 続いて、ゲンタシン軟膏の副作用と注意点について説明します。 <副作用について> ゲンタシン軟膏において、正しい方法で使用すれば、副作用症状はほとんどありません。 乳幼児から高齢の方まで幅広く処方されることがあります。 稀に、お薬の成分に対するアレルギー症状として、 ・発疹、発赤 ・かぶれ ・かゆみ などの症状ができることもあります。 このような症状がみられた場合には、使用中止するようにしましょう。 <注意点> ・ゲンタシン軟膏は、長い期間使用したり、広範囲にわたって使用した場合、耐性菌が発現する可能性があることがあります。 又、アミノグリコシド系の抗生物質の副作用である、腎障害や難聴を引き起こす可能性があります。 そのため、長い期間使用したり、広範囲に渡って使用しないようにしましょう。 ・過去にゲンタマイシン、また、他のアミノグリコシド系の抗生剤やパシトラシン(抗生剤)で、アレルギー症状を起こしたことがある方はアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、使用しないようにしましょう。 ・ゲンタシン軟膏は、目に対しては使用しないようにしましょう。 4.市販でゲンタシン軟膏は購入できる? 現状、ゲンタシン軟膏の主成分であるゲンタマイシン硫酸塩を成分とした市販薬は販売されていません。 ゲンタシン軟膏と同じものが欲しい場合には、病院で医師による適切な診断を受け、その指示による処方せんが必須です。 必要な場合には、病院を必ず受診するようにしましょう。 また、市販薬では、ゲンタシン軟膏とは抗生物質の成分が違いますが、同じように抗生物質を含んでいる塗り薬が多数、販売されています。 参考例を挙げます。 化膿を伴っているような患部の細菌の増殖を防ぎ、炎症をおさえる効果が期待できます。 2つの抗生物質と、ステロイドの成分を含んでおり、細菌の感染と炎症に両方に効果が期待できます。 2つの抗生物質が含まれており、効果がある菌の範囲が広く、幅広く使用することができます。 化膿を伴っているような患部の細菌の増殖を防ぎ、炎症をおさえる効果が期待できます。 ゲンタシン軟膏は、処方されることが多い塗り薬なので、使用されている方も多く、ネット上でも様々な情報が散乱しています。 中には、間違った情報もありますので、ご注意ください。 ゲンタシン軟膏は、市販では販売しておらず、病院で医師による適切な診断を受け、処方薬として購入する医療用医薬品です。 必要な場合には、必ず病院を受診するようにしましょう。 ゲンタシン軟膏について正しく理解していただき、正しい用途でご利用下さい。

次の