毛布 乾燥機。 布団乾燥機の使い方は工夫次第で毛布のダニも壊滅!?

布団乾燥機の使い方は工夫次第で毛布のダニも壊滅!?

毛布 乾燥機

A ベストアンサー 布団乾燥機をかけっぱなしでの外出はやや危険かもしれません。 過去に布団乾燥機をかけたままで出かけ、帰宅すると布団が燃えていたということが話題になったことがあります。 やや古い布団ですと、使われている素材とその劣化等により自然発火する場合があるそうです。 布団乾燥機や洗濯乾燥機のマニュアルには「衣類の素材によっては乾燥後自然発火が起こる場合もある」と 書かれているものがあります。 使い古された衣類や布団はその素材から微量の黄リンが析出し、布団乾燥機の熱により自然発火することが 稀にあり、実際に火事になった例があるそうです。 また廃タイヤなどが夏場に自然発火することはよく知られて いますが、こちらも同じ理由によるものがあるそうです。 また、布団内あるいはその近くにライターやスプレー缶などが乾燥機の熱により、破裂や発火するケースも 報告されています。 みなさんご指摘のように布団乾燥機側のトラブルももちろん怖いのですが、布団側や気が付かない部分での 問題で火災が発生するケースもあり、かけっぱなしの外出はお薦めいたしかねます。 布団乾燥機をかけっぱなしでの外出はやや危険かもしれません。 過去に布団乾燥機をかけたままで出かけ、帰宅すると布団が燃えていたということが話題になったことがあります。 やや古い布団ですと、使われている素材とその劣化等により自然発火する場合があるそうです。 布団乾燥機や洗濯乾燥機のマニュアルには「衣類の素材によっては乾燥後自然発火が起こる場合もある」と 書かれているものがあります。 使い古された衣類や布団はその素材から微量の黄リンが析出し、布団乾燥機の熱により自然発火する...

次の

電気毛布と布団乾燥機

毛布 乾燥機

毛布のお洗濯に、コインランドリーを利用する方も多いかと思います。 そこで、毛布のお洗濯の注意点、特に乾燥にまつわる注意点を2〜3挙げてみました。 下に続く 全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE 毛布を洗うのは、洗濯機でほぼ大丈夫 洗濯機の大型化により、ご自宅で毛布のお洗濯を済ませる方も多いかと思います。 今の毛布は、綿やポリエステルやアクリルなどが主流。 洗濯機でジャブジャブ洗っても、ほぼ問題は無さそうです。 しかし、注意点が一つあります。 マイヤー毛布は、洗うとかなりの重量になります 7kg・8kgなど大きな洗濯機だからといって気をつけなければいけないのは、二枚重ねのマイヤー毛布です。 マイヤー毛布とは、最初は、ドイツのカールマイヤー製のラッセル機で編み込む方法でつくられた毛布の事で、素材の違いではなく製法の違いによる製品名です。 アクリルやポリエステル素材なのは普通の毛布と一緒ですが、マイヤー毛布は毛足を長くして高級感を出しているのと同時に、二枚重ねで縫い合わせている場合が多いです。 するとどうでしょう?乾燥時の重量でも1枚3kgを超えるものも少なくありません。 そしてそれが濡れると、素材的に吸水性が低いもの…とはいえ、重量は相当なものになります。 縦型の洗濯機から出すのも一苦労することも。 そして、女性やご年配者では持ち運び出来なかったり、コインランドリーの場合、乾燥機へ移す事ができなくなるほどの重さになる場合もございます。 マイヤー毛布の温かさは歴然ですが、素材がポリエステルやアクリルであることから、吸湿性が低く、内部が汗でベタベタする弱点も合わせもちます。 なので、毛布はかなり汚いですので、ぜひともこまめに洗って欲しい毛布の一つです。 コインランドリーで乾かす 乾燥時の注意点 さて、シーズン終了後の毛布のまとめ洗いは、洗濯は家の洗濯機で…乾燥はコインランドリーで…という方も少なくありません。 がしかし、洗濯表示を見てみると、ポリエステルやアクリルの一枚毛布、二枚重ねのマイヤー毛布ともに、「タンブラー乾燥はお避けください」と書かれている事が多いですが、乾燥機に入れてグルグル回っている光景を良く見かけます。 ポリエステルやアクリル毛布など化繊ものは、竿に干しておけばすぐに乾きますが、まとめて洗った場合は、どうしても乾燥機に入れたくなりますよね。 タンブラー禁止となっていても、自己判断で乾燥機に入れる場合は、乾燥時間は極力短くしましょう。 アクリルもので一枚なら、おおよそ20分も回せば十分に乾くと思います。 でも、よく見かけるのが、下着やシャツなど綿の洗濯物と毛布とを一緒に入れてタンブラー乾燥している場合。 アクリル毛布の方は過乾燥になってしまいます! アクリルはもともと熱に弱い素材ですので、過乾燥してしまうと毛布の起毛部同士が絡まってしまいやすくなります。 こうなると、本来の毛布の温かさが激減してしまいますから、注意が必要です。 写真:起毛部がたがいに絡み合い、球のようになってしまったフリース もう一つの注意点は、コインランドリーの乾燥機は、ひとまわり大きめのものを選びましょう。 小さな乾燥機に毛布を詰め込んでいる方を見かけますが、乾燥代を節約したい気持ちはわかりますけど、これでは部分的に乾いてしまったり、風がまんべんなく当たらず、乾燥時間が余計に長くなります。 ポイントは、一回り大きめの乾燥機に毛布を入れましょう。 クリーニング店で、毛布のクリーニングを頼む方法も お店に持ち込んだり引き取りに行かずに済む、配達してくれるクリーニング店をお持ちですか? ふとんや毛布のお洗濯には、この集荷・配達システムがとても便利です。 コインランドリーでの洗濯/乾燥よりも若干高くなりますが、洗ったり乾燥したりの手間は省けますので、とても便利ですし、仕上がりの差は歴然です。 それに、配達してくれるクリーニング店なら、さらにコストパフォーマンスは良いです。 さあ、これから活躍するタオルケットのかわりに… これまでお世話になった毛布は、また秋まで押し入れの中へ。 衣替えと一緒です!毛布も必ず洗ってから収納してくださいね。

次の

アクリル毛布をコインランドリーで洗濯&乾燥させるときの注意点

毛布 乾燥機

乾燥機は高温の風で衣類を乾かすものなので、毛布が傷んだりしないの…?と不安になりますね。 実は乾燥機が使える毛布は意外と多く、次の2つの条件を満たしていれば、どんなもので乾かせるんですよ。 乾燥機に入る大きさであること 乾燥機によってそれぞれ容量がことなり、 ほとんどの洗濯乾燥機は「3kg前後」の衣類を乾燥できます。 毛布はシングルサイズであればたいてい3kg以下なので問題なく乾燥できますが、2枚重ねになっているものや特別重みのあるものははじめに測っておくと安心です。 乾燥機が使える素材であること 洗濯表示をチェックして、「タンブラー乾燥」が禁止されていないか確認しましょう。 とくに注意書きがなければ、問題なく乾燥機を使えます。 ポリエステルやアクリルなどの合成繊維、綿でできた毛布は乾燥機を使えるものが多くあります。 これらの生地は乾燥機の熱で傷みにくく、色落ちも少ない丈夫なものです。 逆に、ウールやカシミヤなどの熱に弱いデリケートな素材が使われている毛布は要注意。 せっかくの風合いが損なわれてしまうので、事前に洗濯表示をよく確認しましょう。 毛布を乾燥機で乾かすときには、3つのポイントがあります。 乾燥効果を高めたり、ふわふわな仕上がりに近づけたりできるのでチェックしておきましょう。 洗濯ネットを使わない 毛布専用の洗濯ネットなども販売されていますが、家庭用のドラム式洗濯乾燥機であれば必要ないケースがほとんど。 むしろネットに入っていると通気性が悪くなり、乾きにくくなるので注意しましょう。 洗濯時に柔軟剤を使う 乾燥機だとゴワゴワしそう…というときは洗濯の段階で柔軟剤を入れましょう。 柔軟剤には生地をやわらかくするだけでなく、静電気を防ぐ効果もあり、使い心地がよくなりますよ。 洗面所の風通しをよくする 乾燥機は毛布から取れた湿気を室内にも放出します。 乾燥の時間を早めたければ、洗濯乾燥機が置かれている洗面所の風通しをよくしましょう。 湿気が効率よく取り除けるので、乾くのも早まります。 おうちで乾燥できない毛布にはコインランドリーの乾燥機が便利!.

次の