暖簾 に 腕 押し 意味。 ことわざ・暖簾に腕押し

ことわざ・暖簾に腕押し

暖簾 に 腕 押し 意味

「暖簾に腕押し」の 意味 「暖簾に腕押し のれんにうでおし 」とは、 力を入れても手ごたえもない、また、張り合いもない様子を意味します。 暖簾 のれん とは、お店の軒先などに張る布ですが、暖簾は、普通に押しても、サラリと動きます。 それに対して、腕押しとは、腕に力を入れて押すことを意味しますが、そんな力で暖簾を押しても、何の手ごたえもありません。 力を入れれば入れるほど、虚しくなるだけですよね。 逆に暖簾が激しく抵抗したら、困りますが・・・ また、人によっては、 「暖簾に後押し」と勘違いしている人もいますが、それは誤用であり、後押しではなく腕押しです。 「暖簾に腕押し」の使い方・例文• スマホばかりを見ている小学生の子供に勉強するよう言っても、 暖簾に腕押しで、まったく反応してくれない。 主人にタバコをやめてくれるよう再三お願いしているけれども、 暖簾に腕押しで、禁煙する気はさらさらないようだ。 今年の新入社員は、何度、同じことを言っても理解してくれない。 暖簾に腕押しになっているようで、段々、疲れて来た。 上司に新しいシステムの重要性を何度も訴えたが、まったく聞き入れてもらえず、 暖簾に腕押し状態だった。 宗教に洗脳されてしまった人は何を言っても、 暖簾に腕押しだから、どうしようもない。 友達に「何を食べたい」と聞いた時、「何でもいいよ」と言われると、なんだか 暖簾に腕押しみたいな感じで嫌だなあ。 恋愛感情を持った男性に、好きな素振りを何度も見せているんだけれども、 暖簾に腕押しで何も反応してくれない。 ぬかに釘• 豆腐にかすがい• 馬の耳に念仏• 泥に杭 いずれの類語も、手ごたえのなさ、張り合いのなさ、そして虚しさが伝わってくるようですね。 「柳に風」は類語ではない 「暖簾に腕押し」と似た言葉で、「柳に風」という言葉がありますが、この言葉は類語ではありません。 「柳に風」とは、柳が風になびくように、相手に逆らわなければ災いを受けないという意味です。 つまり、 「暖簾に腕押し」は与える立場の人が使う言葉であり、「柳に風」は受ける立場の人が使う言葉なので、意味合いが違って来ます。 「暖簾に腕押し」になってしまう人にはどう対応する? 恋愛でも仕事、或いは子育てでも暖簾に腕押しという状態は出てくるものですよね。 ただ、そこで、「暖簾に腕押しだ~」と言いながら、諦めてしまうのはもったいないかなと思います。 恐らく、そういった人は、 同じ方法を何度も繰り返している可能性が高いからです。 そんな時は、「この方法はダメなんだ」と思って、別の切り口を考えてみてはいかがでしょうか? 例えば・・・・.

次の

暖簾に腕押しの意味!使い方や他の似た意味を持つ同意語もチェック!

暖簾 に 腕 押し 意味

手ごたえのないこと、意味がないことのたとえ。 「暖簾に腕押し」とは、「手応えのないこと、張り合いのないこと、意味がないことのたとえ」です。 これは暖簾を腕で押しても簡単に動いてしまい、手応えのないことが語源です。 何かこちらが働きかけても向こうからは手応えが感じられず無駄であるという意味の言葉なので、ネガティブなイメージのことわざとして使われます。 相手に働きかけても応答がなく無駄であるときに使います。 「暖簾に腕押し」は、相手に働きかけても応答がなかったり相手の反応が今ひとつだったりして、イマイチ意味がないと感じられるときに使われます。 こちらが一生懸命に伝えようとしても相手の心に響かないようなときは日常生活で良くありますよね。 そのような働きかけても反応がなく虚しいときに使われることの多いことわざです。 あいつに説教しても「暖簾に腕押し」だ。 部下に説教をしても暖簾のように簡単に受け流されてしまう。 もしくはお母さんが子どもに「そろそろゲームやめて勉強しなさーい」と声をかけても「ハイハイ」と受け流す。 良く見られる光景です。 そんな場面に使うことができることわざが「暖簾に腕押し」です。 似たようなことわざで、「馬の耳に念仏」も同じような場面で使われます。 「暖簾に腕押し」の言葉の意味と使い方 「暖簾に腕押し」という言葉は、暖簾を腕で押しても簡単に動いてしまい、手応えのないことを語源とすることわざで、こちらから働きかけても相手からは反応がなかったり受け流されたりしてしまい、無駄であるという状況を表す言葉です。 日常生活でもこのような場面は良く見られます。 そんなときに使ってみるのも良いと思います。

次の

暖簾に腕押しの意味・使い方|ことわざ|趣味時間

暖簾 に 腕 押し 意味

意味 相手の反応がなくて、張り合いがないことのたとえ。 解説 ある人に、何かを言ったり、何かを行ってみても、相手の人が、何も変わらず、何の受け答えもないことを言うようです。 ひらひらとたれ下ったのれんを腕で押してみても(またはのれんと腕ずもうをしてみても)、何にも手ごたえがないことから生まれたことわざのようです。 「暖簾と相撲(のれんとすもう)」とも言うようです。 「暖簾」の字に「暖」という字があるのは冬の寒さを防ぐ意味があるようです。 重要語の意味 暖簾=「のれん」と読み、お店などの入口に屋号などを書いてたらしてある布。 もとは禅寺で冬の寒さを防ぐために用いた垂れ幕。 反応=「はんのう」と読み、何かを働きかけることによって起こる変化や動き。 張り合い=「はりあい」と読み、手ごたえがあること。 受け答えがあること。 いわれ(歴史)と重要度 不明。

次の