外壁塗装 近所 挨拶。 【挨拶文雛形つき】ご近所トラブルを回避!外壁塗装の挨拶Q&A集

外壁塗装の際に近所への挨拶が必要な理由【挨拶例アリ】

外壁塗装 近所 挨拶

ユーコーコミュニティー横浜南支店の石原です。 外壁塗装工事の際、近所の方への挨拶は必要不可欠です。 足場架設をする時の騒音や塗料の飛散など、近隣住民の方に迷惑をかけてしまうからです。 今後も近隣住民の方とトラブルなく、良い関係を維持していくためにも挨拶は必ず行ってくださいね。 今回は、外壁塗装の際の近所への挨拶のタイミングや伝える内容をユーコーコミュニティー横浜南支店がご紹介します。 外壁塗装工事前には近隣住民の方に挨拶をしよう 塗装工事の際、騒音や塗料の臭い、高圧洗浄による汚水の飛散などで近隣に迷惑がかかってしまいます。 何も知らされずに、朝早い時間から騒音がしたり、異臭がしたらとても不快ですよね。 きちんと挨拶をしないと、近隣トラブルにつながり兼ねません。 工事が始まる日を事前に伝えることが重要ですよ。 また、基本的には業者が近隣への挨拶へ行きますが、自分で一言伝えるだけでも印象は違いますよ。 業者によっては、近隣への挨拶をしい場合もあるので、挨拶をするかどうか確認しましょう。 業者による挨拶がない場合には、自分で挨拶に行く必要があります。 ご近所への挨拶のタイミングやマナー ・ご近所への挨拶のタイミングは? 近隣への挨拶は、足場架設を行う日の3日~1週間前までに行いましょう。 足場を解体する日が決まった際にも、前日~3日前までに再び挨拶に行ってください。 挨拶は、置き手紙などではなく、直接会って行うのが理想的。 そのため、朝10時頃~夕方17時頃までの土・日・祝日に伺うのがおすすめですよ。 また、挨拶に行くのは、両隣り、お向かい、裏の3軒ずつが一般的になります。 しかし、工事をすることで迷惑がかかりそうな場所のお宅があれば、そちらにも挨拶をするのがベストでしょう。 ・粗品を持って行こう 自分で挨拶に行く場合は、石鹸・洗剤などの数百円で購入できる安いもので問題ありません。 豪華なものを用意すると、かえって近隣の方へ気を遣わせてしまいます。 ユーコーコミュニティー横浜南支店がおすすめする粗品は、室内干し用の洗剤や入浴剤です。 工事の際に室内干しをお願いすることもあり、室内干し専用の洗剤であれば喜ばれるでしょう。 また、入浴剤も購入しやすく定番の品となっていますよ。 ・不在時用の挨拶文を用意しよう 近所の方が不在の場合に備え、挨拶文を準備しておきましょう。 挨拶文を残さないと、挨拶に来なくて失礼だなと思われてしまいますが、挨拶文を残しておけば、不在の間に挨拶に来てくれたんだなと好印象になります。 また、挨拶に行っても相手が忙しい場合には、挨拶文をお渡しすることで相手の迷惑にならずに挨拶を済ませることができます。 この度、【業者名】様に外壁塗装工事を依頼しました。 また、申し訳ないですが洗濯物が汚れないように室内干しをお願いします。 もし、何かあれば業者さん 090-XXX-XXXX またはこちらへすぐに連絡くださいね。 迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。 また、大きなトラックが来ることで、家の前の道路幅が狭い場合に道を塞いで車の通行の邪魔になる可能性もあります。 車の通行に不便をかけるかもしれないことを伝えるとより良いでしょう。 ・高圧洗浄日の騒音と洗濯物 高圧洗浄の際も騒音が発生するため、こちらも併せて伝えておきます。 高圧洗浄を行う際、汚水が飛ばないように洗濯物の室内干しを近隣住民の方にお願いしましょう。 ・塗装時の塗料の臭いと車への飛散の恐れ 塗装工事の際、塗料の異臭がするのではないかと心配される方も少なくありません。 そのため、塗料の臭いが少しする可能性があることを予め伝えておいてください。 近所の車が近くにある場合には、塗料で汚れてしまわないように業者がカーシートを用意するため、カーシートをかけても問題ないか事前に確認をとっておく必要がありますよ。 業者と近所の情報を共有しよう 近所の情報は、業者と共有することで工事がスムーズになります。 「裏の家は、夜勤をしているので挨拶を午後に行ってください」 「向かいの家は旦那さんが神経質な性格なので、丁寧に挨拶を行ってほしいです」 などこのように、打ち合わせをしっかりとしておくと近隣トラブルにもなりにくいので心配が減るかもしれませんね。 塗装工事の際には、近隣トラブルにならないためにも挨拶に伺いましょう。 工事を行って家が綺麗になっても、近隣との関係が悪くなってしまっては気持ちよく生活ができませんよね。 良好な関係を維持するためにも、挨拶に行ってくださいね。

次の

外壁リフォームをします。業者がご近所に挨拶してくれましたがご自分でも再度、挨拶しますか?

外壁塗装 近所 挨拶

「外壁塗装をすることになったんだけど近所への挨拶は必要?」 「外壁塗装工事前の挨拶はいつ、どこまで、何を言えばいいの?」 「ご近所さんへのあいさつに手土産は必要?」 外壁塗装の工事をする前にご近所さんへの挨拶はするべきなのか・・・? これはとても悩む部分ですよね? 私の過去の経験からしても、外壁塗装の工事をする時には近所への挨拶はしておいたほうがいいです。 というよりも、工事前の挨拶は必ずするようにしてください。 事前に挨拶をしておくことで、工事中に何かあったとしても大目にみてくれたり、工事後のご近所さんとの関係も悪くならずに済みます。 今回は外壁塗装の工事前にする挨拶について、• ご近所さんへの挨拶は本当に必要なのか?• 挨拶はいつ、どこまで、何を伝えればいいのか?• 手土産は必要なのか? という部分を詳しく解説していきます。 これから外壁塗装をされる方は参考にしてみてください。 ご近所さんへの挨拶は本当に必要? 外壁塗装の工事をする場合、足場などの資材を運ぶ車や職人さんの車、工事中に出る音、塗料のニオイやゴミなどの飛散でご近所さんに迷惑をかける恐れがあります。 事前に挨拶をせずに外壁塗装の工事を始めて、それが原因でトラブルになったりご近所付き合いに支障が出てしまうというのも良く聞く話です。 なので、トラブル防止と今後にご近所付き合いも考えて、外壁塗装の工事前には必ず挨拶をするようにしてください。 挨拶はいつ、どこまで、何を伝えればいいの? ご近所さんへの挨拶は外壁塗装工事が始まる1週間前にはするようにしてください。 また、挨拶をするご近所さんはあなたの家の両隣り、向かい3軒、裏側の3軒の計8軒を基本とし、必要そうであればそれ以外のご近所さんにも挨拶をするようにしましょう。 挨拶に行ったときに伝える内容は、• いつからいつまで工事をするのか、工事期間を伝える• 何時から何時まで作業を行うのか、工事時間を伝える• 祝祭日など休日も作業を行うのかを伝える• 塗料やゴミの飛散から車などを守るために養生することもある旨を伝える• お隣さんとの境界が狭い場合、越境して足場を組むこともある旨を伝える の5点になります。 あなたがご近所さんに挨拶に行ったときには、最低でも1から3までの内容は伝えるようにしてください。 4と5については工事内容にも関わってくるので、業者の人が挨拶をするとき、ご近所さんに一緒に伝えてもらうようにするのもいいですね。 挨拶に行くときに手土産は必要?何を持っていけばいい? 外壁塗装工事の挨拶だけなので手ぶらでも大丈夫かと思われるかもしれませんが、「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、挨拶に行くときは菓子折りなどの手土産を持って行くようにしましょう。 高価な物を渡してしまうと相手に気を使わせることにもなるので、手土産は高価な物を用意する必要はありません。 手土産の目安は500円~1,000円くらい。 菓子折りもいいですが、洗剤やサランラップ、地域指定のゴミ袋などの生活必需品も喜ばれます。 【まとめ】ちょっとした粗品をもってご近所さんに挨拶に行くのがベスト 今回お伝えした内容をまとめると、• ご近所付き合いとトラブル防止のためにも工事前には必ず挨拶に行く• 挨拶は工事1週間前に近隣8軒を目安に工事期間、時間、作業日を伝える• 挨拶のときには生活必需品などの粗品を持って行く の3点になります。 外壁塗装前に挨拶をしておくことで、ご近所付き合いが悪くなることもなく、工事中のトラブルも大きくならず、結果的には気持ち良く外壁塗装工事を終えることにもつながります。 この記事でお伝えしている外壁塗装工事をする前に行う挨拶の重要性を理解していただき、ご近所さんへ事前の挨拶に行くときの参考にしてみてください。

次の

隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

外壁塗装 近所 挨拶

外壁塗装工事で思わぬ近所トラブルに!? これから外壁塗装を行おうと思っている方や数年後に控えている方も工事開始までに、 必ず知っておきたい近隣トラブルを避けるための方法をご紹介していきます。 しかし、その前にご近所への挨拶をしないことによる、トラブルにはどのような事例があるのか、 まずはこちらを知ってから次の項に進んでいきましょう。 戸建てを持つということは、ほとんどの場合はそこに何十年も住む場合が多いでしょう。 ともなると、ご近所同士の付き合いや関係がとても大事になってきます。 近年では、このような人間関係も希薄にはなってきていますが、やはりお隣やご近所ともなると、 長く付き合っていく上でその関係性はとても重要になってきます。 もし、あなたのお隣のお家が急に外壁塗装の工事を開始したらどう思いますか? 日中は 「うるさい」、「塗料の臭いがキツイ」、「高圧洗浄や塗料が飛散した」、「業者の車が邪魔」など、 上記のようなことがもしある日、起こってしまったら我慢できますか? しかも。 いつまで工事が行われるかも知らせていないのです。 多くの方は多少のことであれば目を瞑ろうと思いますが、 何も工事について知らせておらず、生活がしづらくなってしまったら、 きっと「なんだよ・・・」なんて思うのではないでしょうか? 人によってクレームを言ってくる方もいるかもしれません。 近所トラブルその1:工事の騒音トラブル 「外壁塗装の工事で塗装がメインでしょ?」 「騒音なんてあるの?」 そんな声が聞こえてきそうですが、塗装を行うにも足場の設置が必要となってきます。 この足場の設置や解体時には、おそらく大きな音が響いてしまいます。 よくある工事現場などを想像して頂ければ、その音の大きさがわかると思います。 また、 塗装に大きな騒音がならなくても、業者の車(トラック)の出入りや職人さんの出入りなどで、 それなりの騒音となることも考慮しておけなければなりません。 特に日中、お家にいるご家庭や休日などは特に配慮して工事を進める必要があります。 いつもは仲の良いご近所さんでもトラブルを回避するために、必ず挨拶時に騒音のことを伝えておきましょう。 近所トラブルその2:塗料の臭いがキツイ 外壁塗装のメインとも言える塗装時、やはり塗料の臭いがキツイです。 また、下塗り、中塗り、上塗りという工程もありますので、 場合によっては長い期間に渡り、臭いが近隣に充満してしまう場合もあります。 この塗料の臭いによって、体調を崩してしまう方もいるかもしれませんので、こちらも配慮が必要です。 近所トラブルその3:高圧洗浄の水や塗料の飛散トラブル 工事期間中、高圧洗浄や塗装時に水や塗料が隣家へ飛散することがあります。 近隣のお家へ塗料が付着したり、車に付着したりともっともトラブルに発展しやすい例となります。 こちらに関しては、業者もシートを被せるなどの配慮をしてくれると思いますが、 それらによって必ずしも回避できるとは限りません。 いつ何が起きるか分かりませんので、事前にご近所さんへ説明しておく必要があります。 もし仮に、お隣のお家に塗料が付着した場合は、業者が保証してくれると思いますが、 やはり、トラブル回避のための挨拶と配慮を忘れないようにしましょう。 上記のような事故を防ぐために、事前に挨拶をしておく必要があります。 でも「どうやって挨拶したら良いの?」 「挨拶時に何を伝えておけば良い?」 「挨拶に持っていく粗品は何が良い?」 「挨拶のタイミングは?」 など、疑問に思っていることをご紹介していきたいと思います。 外壁塗装の近所挨拶は工事1週間前に済ませておこう! あなたは、外壁塗装の工事の3日前や2日前にもしご近所さんからその内容を伝えられたらどう思いますか? 事前の挨拶をしてはいるものの、あまりにも直前すぎると準備などがおろそかになってしまう場合があります。 さらに、いつもは自宅として利用していないご家もあるかもしれません。 工事中は、約2週間ほどではありますが、臭いや騒音などの普段とは異なる環境になり、 それなりに不便な生活を強いられます。 もちろん、工事を行う自信もそうですが、ご近所さんも同じ立場です。 挨拶をしないことによる、トラブルを避けるためにも、 着工の1週間前ぐらいには詳細な工事内容を近隣へ伝えておく必要があります。 挨拶で伝えるべき内容は!? 外壁塗装のご近所さんへの挨拶に行く際には、いくつか伝えておかなければいけないことがあります。 ・工事の期間 ・1日の工事スケジュール ・休日の工事の有無 ・工事内容 ・騒音などの想定される影響 ・施工業者の連絡先 施工が始まる前に、上記のようなことを近隣へ伝えておく必要があります。 工事は土日は行われるのか、1日で何時から何時まで実施するのかなどの工事期間については確実に伝えておきましょう。 休日にも工事を行う場合は、特に注意が必要です。 また、 大まかでいいので工事の内容についても伝えておきましょう。 どのような工事をするのか伝えておかないと、近隣のお家も不安になります。 その他、工事による影響も必ず伝えておきましょう。 騒音や臭いなどはもちろん、洗濯物や車などをどうすれば良いのかなどをしっかり伝えておくべきです。 また、業者がシートを被せる場合は、こちらも事前に伝えておきましょう。 さらに、何かあっても業者へ連絡できるように、一応業者の連絡先なども教えておくと親切かもしれません。 近所挨拶はどこまでするべき!? 近隣挨拶を行う際に、必ずしておきたい範囲ってどこまででしょうか? 一般的には、両隣はもちろんのこと、向こう三軒、裏三軒は必要だと言われています。 これらの範囲には、迷惑がかかってしまう場合がありますので、できれば挨拶しておきたいところです。 道路やお家の関係もあるとは思いますが、基本的にはこれらの範囲に挨拶をしておけば、 近隣トラブルに巻き込まれる可能性が低くなると思われます。 挨拶時に持っていく粗品は何を持っていけば良い? 外壁塗装の工事前に挨拶に行く際に、何も持っていかないわけにはいきませんよね。 でも、このような場合ってどのようなものを持っていくか分からない方も多いはず。 では、実際にどのような粗品を持っていけば良いのでしょうか? 基本的には、高価なものは避けて、500円〜1000円程度ぐらいのものにしておくのが良さそうです。 例えば、石鹸やタオル、そしてお菓子などを持っていくのが一般的だと思います。 挨拶時の粗品にのし紙は必要!? 挨拶時に持っていく粗品にのし紙をつけるべきかどうかでお悩みの方もいるようですね。 しかし、外壁塗装の際の挨拶に決まりごとは特にありませんので、 つけてもつけなくても良いというのが実際のところです。 見栄えも気にするのであれば、つけておいて無難ではありますが、 お菓子など綺麗に包装されている場合には、そのままお渡ししても問題ないと思います。 外壁塗装でトラブルを防ぐために挨拶は重要!! ある日、突然何も伝えられれずに隣の家が外壁塗装を始めたら良い気分はしないですよね。 挨拶に来たとしても、普段の環境とは異なるところで生活しなければいけません。 たださえ、不便になるのに何もその内容を伝えられていないと、ご近所同士の関係性が悪化してしまうかもしれません。 そのような近隣トラブルを回避するためにも、事前の挨拶は必要です。 着工前にご近所さんとコミュニケーションをとっておけるどうかが、工事開始後の近隣との関係性を決めると言っても過言ではありません。 少しでも、情報を伝えておくことで、関係が悪化しないのであれば、しておく以外の選択肢はありませんよね。 是非、快適に工事を進めるためにも事前の挨拶を忘れないようにしてください。

次の