ポメラニアン。 ポメラニアン子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ポメラニアン 人気ブログランキング

ポメラニアン

ポメラニアンの基本データ ポメラニアンの大きさ 体高22~28cm ポメラニアンの体重 2~3㎏ 平均寿命 12~15年 原産国 ドイツ ポメラニアンは太りやすいといわれていますが、ふさふさした被毛のために肥満にも気づきにくいです。 そのため、2~3㎏という適正体重を意識し、成長が止まる生後1年の体重を平均にしながら、体重の推移を見守っていきましょう。 ビクトリア女王が深く愛したポメラニアンの歴史 ポメラニアンの祖先は白い被毛で有名な や、 ジャーマン・スピッツです。 当初の毛色はほとんど白で、現在のように小柄ではなく10kgを超えていたといいます。 ポメラニアンという名前は、ドイツとポーランドの国境にまたがるポメラニア地方に由来しているようです。 ポメラニアンは、18世紀にイギリスに持ち込まれ、ヨーロッパの王族や貴族に愛されました。 中でも、愛犬家として名高いビクトリア女王が大変可愛がったことでも有名で、飼っていたポメラニアンは女王が息絶える最後の瞬間まで一緒に過ごしたといいます。 さらに10kgもあったポメラニアンを5kg程まで小型化したのはビクトリア女王の尽力あってのことで、女王の犬舎には白以外のポメラニアンも数種類見られました。 ビクトリア女王の努力もあって、その後は小型化や毛色の増加が進み、1892年にアメリカにて正式な犬種として登録されました。 体は小さいけど心はビッグ!勇敢で活動的なポメラニアンの性格とは? 体は小さいながら心はとてもビッグで、大きな動物にも負けない 勇敢さや、番犬のような 気の強さを持ちます。 活動的で好奇心旺盛、人と遊ぶのも大好きです。 オスは特に甘えん坊で活発、メスの方が、落ち着きがあり穏やかだといわれます。 ふわふわで可愛いイメージの強いポメラニアンですが、実際はどんな性格なのか詳しく見ていきましょう。 とても活動的でとにかく遊び好き!ドッグランもおすすめ ポメラニアンは常に動き回っているほど活動的で、遊ぶことが大好きです。 常に家族が家にいるような環境の方が、ポメラニアンも楽しめるでしょう。 運動好きな犬種でもあるため、ドッグランなどに連れていってあげると喜びますよ。 他にもワンちゃんがたくさんいるので、良い刺激を受けてポメラニアンも充実した時間を過ごせるでしょう。 スキンシップが大好きな甘えん坊!でも自立心が高く留守番も得意? ポメラニアンは、気が強く自立心の高い傾向がみられる一方で、とても甘えん坊な一面を持ちます。 留守番は得意な方ですが、甘えん坊がゆえに寂しさや不安から吠えたりイタズラしたりする可能性もあるでしょう。 抱っこや撫でられることが大好きなため、普段からきちんとスキンシップをとることを大事にし、ときには自立心を尊重してパーソナルな時間を過ごさせてあげるといいですね。 一人の時間を作ることで、家族がいなくても不安にならなくなります。 外向的で好奇心旺盛!ポメラニアンは常に楽しいことを探している 好奇心旺盛で外向的なポメラニアンは、他の犬や子どもなど、あらゆるコミュニティに馴染むことができます。 常に楽しいことはないか探しているような印象で、いろいろなことに興味を持ちます。 ポメラニアンの外向的で好奇心旺盛なところを活かし、遊びを織り交ぜるなどして興味を引きながらルールを学習させていくといいでしょう。 牧羊犬としてのルーツがあるため社交的で協調性がある ポメラニアンには牧羊犬としてのルーツがあるため、協調性が備わっています。 社交的で他の犬や子ども、知らない人とも心を開けばあっという間に仲良くなれますよ。 和を乱さないため、多頭飼いにも向いています。 初めてワンちゃんを迎える人はもちろん、2頭目3頭目に検討している人にも向いている犬種です。 ポメラニアンは聡明な血筋を受け継ぐ賢い犬種 ポメラニアンは賢く聡明なところも大きな特徴です。 こちらも、飼い主の指示に忠実で的確に行動しなければいけない牧羊犬としてのルーツが深く関係しています。 表情や知性も豊かなポメラニアンですので、きちんとしつければ良き理解者、パートナーとなってくれるでしょう。 小さいけどとても勇敢!警戒心が強い一面も 牧羊犬の多くは警戒心が強く、気も強い性質を持ちますが、ポメラニアンもこの通りで、愛玩犬でありながら番犬の気質もあるといわれるほど、勇敢で気が強いです。 相手が自分よりもどれだけ大きかろうが、怪しいと感じたときは臆することなく立ち向かいます。 警戒心が強いゆえに吠えたり、威嚇したりすることもあるでしょう。 そこはきちんとしつけを行い、むやみやたらに吠えたり噛んだり、威嚇したりしないようにすることが重要になってきます。 ポメラニアンは賢くて飼いやすい?飼い方の注意点や飼育環境・散歩について photo by ポメラニアンは室内飼いが基本となるため、室内環境をきちんと整えてあげる必要があります。 また、華奢な体をしていますが、運動好きでとても活発です。 室内で怪我をしないように工夫する必要もあり、加えて温度管理や抜け毛対策も行わなければいけません。 飼い方を確認し、ポメラニアンを飼いやすい環境を準備していきましょう。 ポメラニアンは室内で飼うのが理想!飼いやすさはどう?留守番はできる? ポメラニアンは人と過ごすことを好むため、室内飼いが理想です。 社交性の高い犬種で、多頭飼いや子どものいる賑やかな家庭でも問題なく飼えますよ。 また、ポメラニアンの飼いやすさは環境で決まります。 万が一怪我をしてしまえば不自由と感じることが増えてしまいますよね。 愛犬が快適に暮らすために、誤飲誤食をさせないよう危険な物は手の届く範囲に置かない、滑らないフローリングに変える、華奢で骨折しやすいため高いところには登れないようにするなど工夫が必要です。 留守番については、人が大好きなだけに寂しさや警戒心から問題行動を起こすこともあります。 日常から一人になる時間を作り、一人で過ごすことに慣れてもらうと留守番もさせやすいですよ。 散歩は毎日必要!熱中症や過度な運動には注意しよう ポメラニアンの運動量は多くないものの、活発で運動好きのため、室内で遊ぶ時間をきちんととってあげることが大切です。 運動不足はストレスや反抗心を生む原因になるため、散歩も 毎日2回、1回10~15分程度してあげましょう。 ただし、運動する際は夏場の熱中症に注意し、体の負担とならないよう長時間かつ激しい運動は避けてあげてください。 ポメラニアンの性質を理解してしつけよう!褒める・叱らないことが大切 ここでは、しつけで飼い主の多くが悩むトイレ・噛み癖・吠え癖についてご紹介します。 これらのしつけをする際に大切なことは、甘えん坊で飼い主の期待に応えようとするポメラニアンの性質を活かすことです。 遊びの中で学習させたり、褒めたりしながらしつけをすると習得も早いでしょう。 体罰や時間差で叱ることをせず、覚えるまで何度でも繰り返す粘り強いしつけを行います。 忍耐強い犬種のため、きちんとしつければ問題行動もしなくなるはずです。 トイレのしつけは間違っても叱らない!忍耐強くサポートしよう トイレのしつけで大事なことは 失敗しても叱らないこと。 トイレ以外の場所でしたときは、感心を持たずに素早く片付け、臭いを残さないようにしましょう。 サークル内にトイレシートを敷き、床をかぐなど排泄の素振りを見せたらトイレに誘導してあげます。 成功したらたくさん褒めてあげましょう。 忍耐強くサポートすることで、頑張り屋さんのポメラニアンは飼い主を喜ばせたいという気持ちにも後押しされ、トイレの場所を覚えてくれるでしょう。 吠えても叱らないこと!吠え癖対策には吠えている原因を追究しよう 勇敢で気が強く、警戒心の強いポメラニアンはもともとよく吠える犬種です。 吠えることにも意味がありますが、家で飼うとなると近所迷惑になってしまいますので、しつける必要があります。 まずは何に吠えているのか原因を探り、対象となるものから遠ざけたり、声をかけて安心させたり、気を反らすことで吠えるのを止めるのを待ちましょう。 止めたときに褒めることを繰り返すことで吠え癖は少なくなります。 決して叱ったり、体罰を与えたりするのはいけませんよ。 遊びの中で噛むことも多いポメラニアンは噛み癖にも注意しよう 遊び好きなポメラニアンは興奮し過ぎたときや、触られたくない場所を触られたときなどに噛むことがあります。 噛まれたときは「痛い」と低い声で発し、 相手にせず無視しましょう。 また、噛んでいいものといけないものをきちんと教えることが大切です。 子犬の頃は甘噛みやじゃれ合いで噛むことも多いですが、子犬の頃からきちんと対策をしていきましょう。 歯がゆくて噛んでしまうこともあるため、噛んでもいいおもちゃを与えることも有効ですよ。 ポメラニアンの毛色は何種類?抜け毛は多い?ブラッシングやシャンプーの頻度は? photo by ポメラニアンは気品に満ちた豊富な被毛で古くから人々を魅了してきました。 ここでは、そんな犬種のチャームポイントである被毛の特徴をご紹介します。 思わず迷ってしまう程のバリエーションを持つ毛色の他に、抜け毛、ブラッシング、シャンプー、カットなどお手入れについても確認しておきましょう。 豊富な毛色はポメラニアンの大きな魅力!その数なんと10種類以上 ポメラニアンの毛色は ホワイト、 ブラウン、 ブラック、 オレンジ、 レッド、 クリームなどを主に、10種類以上のバリエーションがあり迷ってしまうでしょう。 ブラウンよりも薄い チョコレートや、 青っぽいグレー、 イザベラとも呼ばれる薄いベージュの ビーバー、黒い差し毛の入った グレイシェーテッド、黒っぽい褐色が混ざった セーブルなど聞きなれない毛色も多くあります。 ポメラニアンは抜け毛が多い!毛が抜ける理由や被毛の特徴は? ふわふわでゴージャスな被毛が特徴的なポメラニアンですが、抜け毛が多く掃除やお手入れは大変です。 夏前と冬前に下毛(アンダーコート)がゴッソリ抜け落ちる ダブルコートの犬種であるため、衣替えにあたる時期の換毛期には、大量の抜け毛があります。 掃除の手間を省くためにも、日々のブラッシングやトリミングといった抜け毛対策が重要です。 ブラッシングとシャンプーで抜け毛・皮膚トラブル対策を! ブラッシングは抜け毛が毛玉になるのを防いだり、皮膚トラブルを起こしたりしないようにするためにも大切なことです。 抜け毛が多いポメラニアンは 毎日ブラッシングをしてあげましょう。 ブラッシングは皮膚のマッサージやスキンシップにもなりますよ。 また、 月に1~2回のシャンプーで皮膚を綺麗に保つことも大切です。 シャンプー前には必ずブラッシングして毛玉やホコリを落としましょう。 はじめは嫌がる子もいるかと思います。 慣れるまではトリマーの手も借りながら、無理せず少しずつ慣らしていくといいですね。 ポメラニアンはトリミング不要?その理由やカットについて 豊富な被毛を持つポメラニアンですので、チャウチャウカットやテディベアカット、まんまるカットやたぬきカット、スタンダードカットなど様々なカットスタイルがあります。 しかし実際には、毛は伸び続けずに抜け落ち、一度カットすると生え揃うのに時間がかかるため トリミングは不要です。 被毛は紫外線から皮膚を守る役割もあるため、サマーカットもおすすめではありません。 肛門周りや脚の裏などは、汚れや滑る原因になるためカットしたほうがいいですが、その他の部分はデメリットも考慮したうえで決めるといいでしょう。 目や耳掃除・爪切り・歯磨き・肛門腺絞りなどその他のお手入れについて ポメラニアンを飼うには、抜け毛対策やブラッシングなど基本的なお手入れの他にも、必要なお手入れがいくつかあります。 ワンちゃんの健康を維持するためにも大切なお手入れですので、きちんと確認しておきましょう。 目やにや涙やけは日頃から目のお手入れで綺麗にケア 目がクリッとして可愛いポメラニアンですが、脂質成分が酸化して目周辺の皮膚が変色してしまう涙やけに注意が必要です。 目やにや涙やけを見つけたら、専用のローションとコットンを使って、優しく拭き取ってあげましょう。 目の異常に早く気づいてケアすることで、眼病の発症や進行を防ぐこともできます。 目は毎日簡単にチェックできるため、日頃から意識して見るようにしましょう。 怪我の防止にも!爪切りは2週に1回~ 運動好きなポメラニアンですが、散歩時間は短いため、爪が自然と削られることは少ないです。 そのため、2週に1回~月に1回は爪切りをしましょう。 犬用の爪切りとやすりを用意し、爪に通っている血管を切らないよう乾燥した部分のみをカットし、やすりで山型に整えます。 伸ばし続けるとラグに引っかかってしまったり、足裏に刺さってしまったりしてとても危険です。 嫌がる場合は、トリマーや獣医師にお願いするのもいいでしょう。 歯磨きは子犬の頃から習慣化することが大事! 顎が小さく掃除しにくいポメラニアンの口腔内は汚れが溜まりやすいです。 放っておくと歯石化が進み、歯周病など歯のトラブルにもつながります。 歯磨きは子犬の頃から習慣化し、毎日1回を目安に日々練習していきましょう。 口が小さいポメラニアンは、はじめの頃は指にガーゼを巻いて拭き取り掃除だけでもいいです。 歯磨きガムなど、ときには楽しくなるようなアイテムも使いながら、無理なく少しずつ歯ブラシに慣れていきましょう。 耳掃除のやり過ぎは禁物!立ち耳のポメラニアンは月に1~2回が目安 立ち耳のポメラニアンは、垂れ耳の犬種に比べて耳に汚れが溜まりにくいです。 掃除のし過ぎもよくないため、月に1~2回を目安に耳掃除を行いましょう。 イヤーローションを耳の中に垂らし、揉み込むようにして汚れを浮かします。 浮いた汚れと水分がなくなるまで、ガーゼで優しく拭きとるだけで十分です。 臭い、黒い垢、炎症などがある場合は獣医師に診てもらいましょう。 月に1回はシャンプーと合わせて肛門腺絞りを! ワンちゃんは肛門に分泌液を溜めています。 ときおり溜まった分泌液を絞り出してあげないと、病気や臭いの原因にもなるため、月に1回はシャンプー時に肛門腺絞りを行いましょう。 肛門腺絞りは、肛門の4時と8時の位置をつまみ、上に絞り上げて分泌液を出します。 分泌液は臭いが強いため、すぐにシャワーで流しましょう。 原因不明の病気も?ポメラニアンがかかりやすい病気 photo by ポメラニアンは小型犬に多いとされる 気管虚脱や 膝蓋骨脱臼、ポメラニアンに発症例の多い原因不明の アロペシアX(ポメラニアン脱毛症)など、その他にもホルモン病や目・関節疾患などいくつかの病気に注意が必要です。 ポメラニアンを飼いたいという方は、予備知識として確認しておきましょう。 小型犬に多い「気管虚脱」 気管が強度を失い、押しつぶされたように変形することで呼吸障害を引き起こす、中高齢の小型犬に多い病気です。 症状としてはハードな運動後や興奮時、首輪を使用した後などにアヒルのようなガーガーという喉の音が聞こます。 重度の場合は呼吸困難、舌が紫になるチアノーゼ、失神を起こすこともあります。 老化、肥満、遺伝などが原因として考えられていますが、明確には分かっていません。 肥満や過度な運動に興奮、窮屈な首輪をしないなど、気管を圧迫しないことが予防につながります。 内科的治療から外科手術まで、進行により治療は様々です。 ポメラニアンに多い原因不明の病気「アロペシアX(ポメラニアン脱毛症)」 ポメラニアンやトイプードルなどに発症する原因不明の脱毛症です。 発症の多くがポメラニアンであることから、 ポメラニアン脱毛症ともいわれます。 1~4歳の若い年齢や、未去勢のオスに発症するケースが多いようです。 症状は体幹部に左右対称の脱毛が見られ、皮膚が黒く色素沈着することもあります。 痒みはなく、毛艶が悪くなり、皮膚や被毛が乾燥するのもこの病気の特徴です。 これといった予防法や治療法がなく、症状に合わせてサプリメントや薬の投与、皮膚のケア、食事療法などを行います。 ストレスが関係しているという説もあり、適度な運動、質の良い食事、正しいブラッシングや規則正しい生活リズムなどを心掛け、ストレスフリーな生活を送ることも大切のようです。 また、ホルモンが関係しているということもいわれ、去勢手術などを勧められることもあります。 症状が現れてからはあらゆる疾患の可能性を探りながら、消去法で病気を追及し、何にも当てはまらない場合にアロペシアXと診断されるようです。 中~高齢になったら注意したい「クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)」 5歳以上の中~高齢犬がかかりやすいとされる、ホルモン病の一種です。 別名 副腎皮質機能亢進症といわれるように、副腎皮質という場所が働き過ぎることで、ホルモンが必要以上に分泌されてしまいます。 水をよく飲み尿の回数が増える、脱毛や皮膚病が長引く、お腹がぽっこり膨れる、食欲が収まらない、筋肉が衰えてきた、息が荒いといった症状が見られます。 こうした症状がひとつでも見られたときには早めに受診しましょう。 血中に分泌された過剰なコルチゾールが確認されると、クッシング症候群と診断されます。 原因は複数あるため、治療法はそれによって異なります。 脳の病気にも注意「水頭症」 脳内でクッションの役割を果たしている脳脊髄液というものが過剰に蓄積し、脳を圧迫して様々な症状を引き起こします。 先天性のものと後天性のものがある病気です。 進行度によって症状は異なり、元気がない、疲労が見られる、痙攣、発作、嗜眠、全身麻痺、行動異常、筋硬直、斜視など視覚障害、眼球振とうといった神経障害など様々。 脳への外傷に気を付ける他、ワンちゃんの異常にいち早く気づくことが進行を防ぐことにもつながります。 進行度によって、脳圧を下げる薬の投与や外科手術を行います。 日頃から目の病気にも気をつけよう 流涙症 目を潤している涙は、涙管を通り鼻の先から抜けていきますが、涙管が閉鎖してしまうことで目から涙が溢れ出てしまいます。 これが流涙症という病気です。 先天的なものと、目の炎症や異物、外傷などが原因で起こる後天的なものがあります。 逆さまつ毛や瞼が内側に入ってしまうなど目に刺激が加わる以外に、形成異常で眼頭に切れ目が入っていなかったり、結膜炎や腫瘍があったりする場合も原因になるようです。 常に涙を流している、目頭の下あたりが涙やけしている、皮膚炎を起こしているなどの症状があれば早めに診てもらいましょう。 涙やけを抑えるケアや、サプリメントの飲用、抗生剤、原因となっている病気の治療など、症状と併発している病気、飼い主の意向によって治療法は異なります。 白内障 カメラのレンズのような役目を果たしている水晶体が、通常は透明であるはずが白く濁ってしまう病気です。 暗がりや階段を嫌がる、物にぶつかる、目の色に異常があるなど視覚障害や行動異常が見られます。 発症すると点眼薬などの内科治療で進行を遅らせる他、根本的な治療のために手術を行います。 目の色や行動の異常に早く気づき、早めに治療を始めることが大切です。 暑い夏場に注意したい「熱中症」 体温調節が上手ではない犬は熱中症にかかりやすいです。 体温の急上昇、激しく呼吸が乱れる、多量のヨダレ、ふらつき、ぐったりするといった初期症状にいち早く気づきましょう。 発作や意識喪失、ショック症状を起こすと死に至ることもあります。 犬種の被毛や体質に合った温度調整を心掛け、暑い夏場は散歩の時間や室内の環境整備を工夫しましょう。 初期症状に気づいたら、脇の下や皮膚の薄い部分を冷やし、すぐに病院へ行きます。 病院では脱水症状や脳炎を予防するための処置を行います。 華奢な小型犬が注意したい脚の病気 膝蓋骨脱臼 後肢の膝にあるお皿のような骨が、正常な位置から脱臼してしまう病気です。 ポメラニアンのような小型犬は内側にずれることが多いようです。 先天的なものもあれば、外傷や栄養障害による後天的なものもあります。 進行のグレードは幅広く、無症状のものから歩行困難なものまで様々。 少しでも動きがおかしいと感じたときは、診てもらうといいでしょう。 日頃から肥満やフローリングが滑ることでの転倒や怪我、高さのあるところからのジャンプ、過度な運動などに気を付けることも大切です。 治療法としては薬で痛みを緩和することや、手術を行います。 大腿骨頭壊死症(レッグペルテス症) 1歳以上の成長期のワンちゃんに見られ、後肢のどちらか、もしくは両方の大腿骨頭が血液の供給不足により壊死してしまう病気です。 (大腿骨頭は骨盤と太ももを結んでいる骨) 原因不明の病気であり、予防は難しいです。 発症している足を地面につけなかったり、常に上げている状態で行動したりするため、異常が見られるときは早めに受診しましょう。 進行度にもよりますが、治療の多くは大腿骨頭切除術を行います。 ただ、飼い主の希望で保存治療を行うこともできるようです。 ポメプーやポメチワなどのミックス犬ってどう?容姿や性格は? ポメラニアンのミックス犬といえば、ポメプーやポメチワが代表的です。 ポメラニアンとトイプードルをミックスした「 ポメプー」は底抜けに明るい性格で、ポメラニアンの毛質にカールを加え、可愛さが増しているといいます。 また、ポメラニアンとチワワをミックスした「 ポメチワ」は、チワワの上品さが加わって、気品に溢れた綺麗な子が多いといいます。 純血種同士を掛け合わせて生まれたミックス犬は、容姿や性格を想像しきれないところが楽しみの一つですよね。 また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。 さらに、基本的なしつけを受けている他、適切な血統管理がなされているケースが多いです。 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。 ポメラニアンの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

次の

ポメラニアン 人気ブログランキング

ポメラニアン

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 大人気柴犬カットポメラニアンの魅力! 柔らかでふさふさの毛並みが優雅な雰囲気のポメラニアン。 最近では夏場の暑さ対策としてだけでなく、一年中可愛らしくカットされたポメラニアンの姿を見かけるようになりました。 中でも人気の柴犬カットについてお話したいと思います。 ふんわりした毛を絶妙にカットした仕上がりは、まるで柴犬の子犬そのもの。 本物の柴犬はそのキリリとした表情が魅力ですが、目が大きくてまん丸のポメラニアンはまさに愛くるしいぬいぐるみです。 モフモフの感触もたまりませんね。 オーバーコートとアンダーコートのダフルコート仕様であるポメラニアンをむやみにカットしてしまうと、本来毛が持っている熱や虫などに対するバリア機能や、毛質そのものに変化が生じる可能性もあります。 カット後は毛が伸びる途中不ぞろいな部分が目立ってしまうというケースも見られますので、カットには十分な注意が必要です。 また柴犬カットは毛のカットの微妙なバランスで見た目の印象がだいぶ変わります。 トライするときには、まず信頼できるトリマーさんに相談してからじっくり検討するとよいでしょう。 キュートな白vsクールな黒!人気のポメラニアンカラー ポメラニアンの毛色は15種類ほどあるといわれており、ポメラニアンを飼い始める人たちにとってはその毛色選びも大きな楽しみの一つといえます。 ポメラニアンはそもそも真っ白なサモエド犬。 ドイツのポメラニアン地方で小型化された当初はやはり白色オンリーでした。 その後さまざまなカラーを持つポメラニアンが登場し、現在ではあらゆる犬種の中でも、毛色が最多な犬種として知られるほどになっています。 元祖ポメラニアンともいえるホワイトカラーは、愛らしいポメラニアンの魅力を最大限に引き立たせてくれる毛色で、根強い愛好家も多い人気のカラーです。 また日本同様にポメラニアン人気の高い英国でファンが多いのがブラックです。 日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、いかにも利発そうでクールな印象のブラックカラー、今後人気が上昇するのは間違いありません。 その他の毛色としては、もっともポピュラーなオレンジをはじめ、クリームやブラウン、希少毛色のチョコレートといった単色 ソリッド タイプがあります。 ポメラニアンの場合、2色以上の混合タイプよりも一般的に優位とされます。 また全身の一部に斑が入ったセーブル、目などの顔周辺や胸などに褐色の斑が入ったタン、さらに白地に1~2色の斑が入ったパーティーなども人気があります。 キュートな人気者ポメラニアン、実はこんな性格だった? ポメラニアンは教えられたことを素早く理解する大変頭の良い犬種です。 また飼い主にとても忠実なこともポメラニアンの大きな特徴の一つ。 また抱っこや撫で撫でしてもらうのが大好きな甘えん坊な性格の持主です。 飼い主の後をずっと付いて回ることもしばしばでしょう。 ひたすら愛情を注いであげれば、その豊かなまでの感情表現で毎日楽しませてくれるに違いありません。 意思疎通が容易でコミュニケーションが取りやすいので、犬を飼うのが初めてという人にも比較的飼いやすいタイプといえるでしょう。 ただそんなキュートなポメラニアンにも多少困った点があります。 飼い主への忠誠心が強く警戒心も強いため、他の人に必要以上に吠えてしまうというのもその一つです。 飼い主や自分に近寄ってくる人や犬に対してしつこく吠え続ける場面も少なくありません。 電話やインターホンの音に反応して無駄吠えしてしまうポメラニアンも多く見られます。 臆病なタイプや興奮しやすいタイプの場合はもちろんのこと、ポメラニアンは普段からゆったりと育てながら、いざというときには毅然とした態度でしつけを行うことが大切です。 愛情たっぷりに育てるというのは溺愛することとは違います。 元来賢い犬なのですから、出きるだけ早い段階からメリハリをつけてしつけをすれば、周囲ともフレンドリーに接することができるチャーミングなワンちゃんに育ってくれることでしょう。

次の

ポメラニアン・ブリーダーズ|ブリーダーの詳細

ポメラニアン

これはどのポメラニアンにも共通します。 ポメラニアンの性格は甘えん坊です。 抱っこされるのが大好きだし、頭を撫でられるのも大好きです。 とにかく飼い主の事が大好きなのです。 抱っこがして欲しくて何気ない時に近づいてくる事が沢山あると思います。 ソファーに座っていたら膝の上に乗っかって来る事もあるでしょう。 飼い主にべったりです。 またお腹をさすってもらうのも大好きで、自分からひっくり返ってお腹をさする事を要求して来る子もいます。 ポメラニアンは ただただ可愛がられるだけに存在する愛玩犬です。 甘えてくる時はひたすら可愛がってあげましょう。 愛玩犬なので甘えん坊なのは当たり前です。 飼い主にべったりになるのがポメラニアンの大まかな性格です。 家の中も飼い主の後ろばかりくっついて歩き回る事が多くなるでしょう。 ポメラニアンを飼ったのならとにかく可愛がってあげてください。 ただし、 過剰なまでの溺愛は危険です。 飼い主への依存心が強くなりすぎて飼い主に近寄って来る犬や人を追い返そうとすう子に育ってしまう場合があります。 時には程良い距離を保っておく事も大切なのです。 そしてドッグランでは、ポメラニアンと同じ大きさの犬が集まる小型犬のドッグランで遊ばせて下さい。 少し大きいポメラニアンなら中型犬の場所でも良いでしょう。 これで少しずつ他の犬にも慣れてくる事でしょう。 それでも全然他の犬に慣れてくれなくて手の打ちようが無いなら、もう 1匹犬を飼ってみるのも手です。 ポメラニアンは家にもう1匹犬がいると犬慣れする犬種です。 それに多頭飼いにも向いています。 飼い主さんがあまりにも甘やかして育てている場合がこれに当たります。 飼い主の事だけが大好きになってしまい、他の犬に興味が無くなってしまうのです。 所謂依存症です。 ドッグランでも飼い主とだけ遊びたい為、他の犬が近づいてくるのが邪魔に感じてしまうのです。 四六時中の構い過ぎは、犬慣れしない子になってしまう事があるので注意しましょう。 人に臆病なポメラニアンは、他人に頭を撫でられたりする事を嫌がります。 恐怖のあまり、噛みついてしまう事もあるのです。 知らない人に対して臆病な子に育ってしまうと慣れるのが難しくなります。 人嫌いな子に育ってしまう理由は、しつけや社会化の段階で問題があるのです。 元々の性格で人嫌いな子はかなり稀です。 しつけ方法を早急に見直す必要があります。 しつけや教育の段階で、叩いたり、大声で怒鳴ったりすると人に対してかなり臆病な犬になってしまうのです。 例えばこんなしつけの失敗例があります。 おしっこを家の中でうまく出来なかった時、あとから飼い主が発見しておしっこの失敗を叩いたり怒鳴ったりしてしつけると、犬は何故怒られてるかわかりません。 怒ったりしつけをする時は、おしっこなど失敗したその時、現行犯で叱ってください。 後から時間が経って怒ったりすると、人間は突然怒りだす「怖い生き物」だと勘違いしてしまうのです。 そのように育つと、人が視界に入っている間、ずっと緊張してしまうのです。 その為、知らない人に突然抱っこされたり、頭を撫でられると「怒られるかも知れない」と勘違いをして噛みついたりしてしまうのです。 しつけの段階で頭に入れておきましょう。 ポメラニアンにも特別な子がいます。 人と同じでパニック障害に似たような病気を持っているポメラニアンがいるのです。 非常に稀なケースですが子犬の頃に恐怖心を沢山受けるとそのような心の病気になってしまうのです。 例えば、 ・散歩中に車が通るだけでしっぽを下げて目を閉じて極度に怖がる。 ・バイクの音や、人間が物を持つその音やしぐさだけで怖がる とても稀なケースですがそのような子の場合は部屋に閉じこもって中々外に出てきません。 対処法は騒音などに徐々に慣れさせるしかありません。 原因は子犬期に受けた体験です。 社会化の段階、生後3週目~12週目の間に、しつけで叩きすぎたり、飼い主が怖がらせると、 このような子になってしまうのです。 とにかく大切に愛情を持って育ててあげて下さい。 ポメラニアンはとても賢くお利口な犬で、飼い主の言う事をよく聞きます。 何を伝えようとしているのか理解しようとします。 そして 一度習慣化された事はよく覚えています。 私は以前飼っているポメラニアンに脱走された事があります。 結果ポメラニアンが大好きでよく行きたがるドッグランの前で発見されました。 ドッグランへの道のりは自転車で10分程度なのですが道のりを数回行っただけで覚えていたのです。 脱走してまでもドッグランに行きたがったのです。 首輪に連絡先が書いてあったので運よく発見されました。 当時は初めて犬を飼っていた事もあり、ひょんな事から脱走させられてしまったのです。 また、車に乗ると楽しい所に連れて行って貰えると覚えるのでよく車に乗りたがります。 車の前に行くと「乗せろ」と車に乗る仕草までするのです。 その他にもご飯が欲しいと訴えたり、「お菓子」などの単語もすぐに覚えます。 しつけも比較的簡単に覚えてくれるので飼い易い犬なのです。 賢くお利口で、よく言う事を聞く性格なのでしっかりとしつけをして楽しいポメラニアン生活を送って下さい。

次の