ターミネーター シュワ ちゃん。 シュワちゃんに飛び蹴り!ドロップキック襲撃動画がヤバい!ターミネーターばりに無傷?

『ターミネーター』最新作で号泣…シュワちゃん&リンダ・ハミルトンが明かす撮影秘話 1ページ目 /2019年11月8日 1ページ目

ターミネーター シュワ ちゃん

一般的にはと評されるであろう、640万と低予算での映画制作だったが、本作のヒットを受け1991年に製作された続編『』では1億ドル以上を費やす程の製作費が組まれた。 その後も2003年に『』、2009年に『』が製作される。 また、直接的な繋がりはないものの、2015年に本作のとなる『』が製作された。 さらに、2019年には新作『』が公開された。 あらすじ [ ] において、人類と機械軍の熾烈な戦いが行われている中、その最後の戦いは、過去であるはずの今夜に始まろうとしていた。 ロサンゼルスのとある裏路地に、まばゆい電光とともに筋骨逞しい男性が現れ、片っ端から服や銃を強奪する。 「サラ・コナー」という名前と「ロサンゼルス」という住所だけを頼りに、電話帳に載っている同姓同名の女性を順番に殺していく。 一方、遅れて現れた別の若い男性も、今ここがのであることを確認すると、悪夢にうなされつつ誰かを探し始める。 最後の サラ・コナー宅に侵入した逞しい男性は、サラと同居する友人ジンジャーとそのボーイフレンドのマットを殺害し、外出中のサラの顔と声の情報を入手。 ついに彼女が町のディスコにいることを突き止め、現地へ乗り込み殺害を実行しようと銃口を向けるが、やはりサラを追っていた若い男が間一髪で阻止する。 一緒に逃げるよう促され、事態が飲み込めず怯えるサラに、男はリース軍曹と名乗り、「襲撃者はロボットであり、サラを殺害するために未来から送り込まれ、彼女が死ぬまで狙い続けること」「カイルはまだ見ぬ サラの息子(ジョン・コナー)の指示により、彼女を守るために現代へやってきたこと」を告げ、状況を説明する。 の、後の世界で反乱を起こした「」が指揮する機械軍により、人類は絶滅の危機を迎えていた。 しかし抵抗軍指導者である ジョン・コナーの指揮下、反撃に転じ、人間側の勝利は目前に迫っていた。 脅威を感じたスカイネットは、逞しい男性の姿をした殺人「 ターミネーター・」を未来から現代へと送り込み、ジョンの母親となるサラ・コナーを殺害することで、ジョンを歴史から抹消しようと目論む。 同じ頃、抵抗軍からも軍曹 カイル・リースが、サラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれた。 ターミネーターとカイルは未来に戻ることができず、抵抗軍がカイルを送り込んだ直後に時間転送機を破壊したため、「二人」に続いて1984年へ来る者はいない。 そしてサラは、ジョンを育てた偉大な母として伝説になっていたが、父親については詳細不明で核戦争時には既に死亡しているという。 パトカーを強奪したターミネーターに追われ、カーチェイスの末にターミネーターは損傷、サラとカイルは警察に捕まる。 カイルは尋問を受けるが、誰も彼の話を信じないことに絶望する。 一方、サラは警察から防弾チョッキを与えられ、その夜は警察署内で保護されることになった。 しかしターミネーターは警察署を正面から襲撃し、サラは再び間一髪のところでカイルに救われる。 逃避行の中で、サラはカイルの話を信じ、心を開いていく。 また、カイルもジョンにサラの写真を見せられて以来、思慕していたことを打ち明け、互いへの愛を抱いた2人は、潜伏先ので結ばれた。 休息も束の間、宿泊したモーテルの場所を突き止められて、更なる追撃を受けるサラ達。 ターミネーターの運転する大型タンクローリーに対し、満足な武器もなく手製の爆薬での応戦を余儀なくされ、銃弾を受けて傷付くカイルだったが、サラの手助けと励ましもあり、どうにか窮地を脱し、タンクローリーの隙間に爆薬を押し込んで爆破させ、ターミネーターを炎上させる事に成功する。 しかし、燃えたのは表面の生体組織と服だけだった。 ターミネーターは炎上する車の残骸から、超合金製の骨格を露わにした姿で立ち上がり、さらに追いかけてくる。 サラと共に近くの工場へ逃げ込んだカイルは、再びターミネーターと交戦するが、堅牢なボディを持つターミネーターに全く歯が立たず、ターミネーターの攻撃に瀕死の重傷を負ってしまう。 カイルは最後の爆薬を使ってターミネーターの爆破に成功したものの、自らも爆発に巻き込まれて命を落とし、サラも片足に重傷を負う。 カイルの死を嘆くサラに、上半身だけとなってもなお迫るターミネーター。 サラはターミネーターをプレス機に誘導して押し潰し、ついに右腕を残して完全に破壊する。 数か月後の11月10日、カイルとの子 ジョンを宿したサラは、やがて訪れる「 審判の日」へ向けての戦いを決意し、メキシコへ旅立つ。 サラは息子のために音声で記録を残し、父親カイルのことも語っていた。 そしてガソリンスタンドで少年から買ったポラロイド写真は、カイルが持っていた写真のものと全く同じだった。 キャスト [ ] 、と。 ターミネーター() - 2029年時、スカイネットの脅威と成り得た人類抵抗軍を指揮するジョン・コナーの存在を事前に抹消するべく1984年にタイムスリップし、ジョンの出生母体となるロサンゼルス在住でサラ・コナーという姓名を持つ女性を全て抹殺、出生を未然に阻止するようプログラムされたヒト型潜入掃討。 戦闘用に作られただけに、武器や兵器の扱いに長けており、戦略眼も優れている。 カイル・リース - 2029年の人類抵抗軍のジョンの部下。 戦闘能力が高い屈強な兵士でもある。 ターミネーターから、ジョンの母となるサラを守るため、1984年にタイムスリップする。 ロサンゼルス転送時の階級は技術情報部隊軍曹・DN38416。 敬愛する上官ジョン・コナーの命により、写真を見たことで以前から想いを馳せていたサラの護衛としての任に就く。 サラ・コナー - 後の人類抵抗軍のリーダーとなるジョンの実母。 未来から来たターミネーターに狙われるが、カイルに助けられる。 大学に通っており、レストランのウェイトレスとしてアルバイトしているが、遅刻癖がある、客の注文を聞き間違えるなど、あまり仕事熱心ではない。 エド・トラクスラー - ウエストハイランド警察署の警部。 「サラ・コナー連続射殺事件」にて、最後に残ったサラ・J・コナーの身柄を署で保護。 同署に押し入ったターミネーターにより重傷を負った。 ハル・ブコビッチ - ウエストハイランド警察署の警部補。 カイルの話を真に受けなかったが、直後に署がT-800の襲撃を受けた時に自動小銃で応戦する。 が、ターミネーターの反撃を受け、死亡したと思われる。 ピーター・シルバーマン - 犯罪心理学者。 逮捕されたカイルを尋問し話を聞くが、真偽については信用しない。 尋問を終えて警察署を去る際にターミネーターとすれ違うが、の着信に目を向けていたため、彼を直接見ることはなかった。 スタッフ [ ]• 監督 -• 製作 -• 撮影 -• 美術 - ジョージ・コステロ• 編集 - マーク・ゴールドブラット• 音楽 -• 特典としてテレビ版吹替台本2冊とインタビュー集が付属している。 地上波テレビ放送履歴(ゴールデンタイム) [ ] 回数 放送日時 放送分数 放送局 番組枠名 視聴率 吹替版 1 1987年10月18日 日 21:02-22:54 112 テレビ朝日 日曜洋画劇場 19. 1991年9月放映時の視聴率は、日曜洋画劇場の歴代視聴率の第4位にランクインした。 1987年10月18日の初放送に先立つ1~3週間前に放送された「番組予告編」は声優のがを担当した。 作品解説 [ ] 製作に纏わるエピソードとして、キャメロンが見た悪夢の話がある。 前作『』が失敗した際、彼はやにもひどくこき下ろされたため、屈辱の余り熱を出して寝込んでしまったという。 そのとき、「炎の中からロボットが現れて自分を殺しに来る」という悪夢を見た事が、本作を製作するきっかけとなったと語っている。 作中で「審判の日(Judgement day)」とされるのは1997年8月29日だが、この月日は、当時アメリカと冷戦を激化させていたによる初の実験()に由来し 、映画が公開された前年のにはが起きかねないも起きていた。 キャメロンは本作は冷戦を意識していたことを述べている。 製作するに当たって、キャメロンは「現代の技術では殺人ロボットの実現は不可能であるし、かと言って未来の話ではセットに費用がかかる上に観客にも受け入れがたいと考え、その結果、未来の殺人ロボットが現代にやって来るのアイデアが浮かんだ」と語っている。 人選 [ ] 主役のT-800について、企画当初の予定では続編『』のの様な「一見すると貧弱そうな男が異様な強さを発揮する」というキャラクターを構想していた。 が候補に挙がっておりパイロット版も制作されていた。 他にも、をターミネーター役に配役する構想もあった。 一方、俳優としてのキャリアが浅かったシュワルツェネッガーは、カイル・リース役を望んでいた。 しかしキャメロンが、カイル役候補として彼と会食したことを機に状況が一変する。 彼はシュワルツェネッガーの似顔絵を描いている内に、T-800役に相応しいと考え直す。 さらに、彼からT-800のバックグランドに関して良いアイディアを貰ったことから、この役はシュワルツェネッガーしかいないと確信するようになった。 結果として本作は、彼を一躍へと押し上げた。 次作『ターミネーター2』からはからへと立場が変化し、人間側(ジョン・コナーを守る立場)として活躍するようになる。 この映画で一躍世界的なスターとなったシュワルツェネッガーは、本作以前は『』のヒットもあり、全くの無名という訳ではなかったものの、元々オーストリア出身でドイツ訛りがあり当時はが得意ではなかったという事もあってそれほど人気の俳優ではなく、なかなか役に恵まれず苦労を重ねていた。 しかしこの英語の不得手さが、逆に「人間のふりをしようとする機械」として、ターミネーターの非人間的な感じを出すには言葉が饒舌であるよりも片言で喋る方が良いと考えていたキャメロンの目に留まることとなった。 カイルを演じたマイケル・ビーンもオーディション当時は舞台劇の影響で南部なまりが強かったため、不自然だということで落とされかけたが、によって南部出身者ではないと説明され危機を脱した。 なお、主役を交代したヘンリクセンは本作でブコビッチ刑事を演じている。 裁判 [ ] 設定の一部について、のテレビドラマ『』のが脚本を担当した2つのエピソード(第33話『38世紀から来た兵士』、第37話『ガラスの手を持つ男』)から剽窃したものである、との訴えがエリスン側から起こされた。 結局キャメロンは80万ドルを支払い、ビデオ化以降のエンドクレジットに「Acknowledgement to the works of HARLAN ELLISON(ハーラン・エリスンの作品に謝辞)」と追加することを条件に和解した。 エンディング [ ] にいた少年に「嵐が来るよ」と言われたサラが「ええ、わかってるわ」と返すシーンは「機械との戦争が待つ未来」を暗示させるものだが、これは製作陣があらかじめ続編を意識していたことの表れともされている。 元々は、破壊されたT-800のマイコンチップを技術者が回収するシーンに加え、最後の戦いを繰り広げた場所がサイバーダイン社であったという、より強い伏線を張ったエンディングであったが、キャメロンの「映画は説明しすぎず、観客の想像に任せたほうがいい」との判断によりカットされた。 評価 [ ] 1985年グランプリ受賞。 その他 [ ]• から撮影は開始されたが、その直後から、シュワルツェネッガーはキャメロンの完全主義を思い知らされることになった。 「あの時のジェームズは凄かったよ。 事前に、撮影するショットをとても細かく説明するんだ。 その位置が1ミリずれただけで、物凄く凶暴になるんだよ!」と述べている。 また、ターミネーターが車のフロントガラスを叩き割るシーンで、ターミネーターの体から煙が出ている様子を再現する際、本物のをかけて煙を発生させた。 スタッフ側は「弱い酸だから大丈夫だ」と主張したが、シュワルツェネッガーは「もっと別の方法はなかったのか」とずっと疑問に思っていたという。 肉体を焼失したT-800が骨格のみで追跡を再開する以降の部分は、トラックに轢かれて足が破壊された設定にし、の予算を削減している。 また、ストップモーションが必要な全身が映るカットはわずかであり、ほとんどのシーンはフルサイズのをスタッフが操作している。 警察署窓口を去る際にT-800が口にする「 (I'll be back. )」は、本作以降シュワルツェネッガーのとなり、続編を含む以降の出演作で同じセリフを言うが多用されている。 他の削除シーンとして、最終決戦間近のサラがに行こうと約束したり、未来人であるカイルがを知らないなど、つかの間の日常生活を強調した場面があったが、「クライマックスに向けての流れを阻害する」旨の理由でカットされた。 T-800は銃砲店から奪ったやをフルオートで発砲しているが、比較的に寛容なといえど、フルオート機能を持つ銃器の売買には警察およびの許可が必要である(劇中では許可申請証を店員が出す前に射殺した)。 小説版には、T-800が改造マニュアルを見ながら、フルオート射撃可能な状態へ改造する場面が登場する。 ちなみに、これは実際にアクション映画等の銃器担当スタッフがフルオート銃器を調達するために常用する手段(もちろん許可が必要)である。 なお、T-800の使用する銃は大半が「自動式」に対し、カイルは手動装填式のや回転式拳銃という「原始的な構造」の銃を使っている。 銃砲店でT-800が銃を選ぶ際に「射程距離400のフェイズドプラズマライフル」を指定するが、この時代には存在しない未来の兵器であり、情報ミスである。 これに対応した銃砲店の店主は「見た通りさ、ないだろ? (Hey, just what you see, pal! )」と軽い調子で受け答えしている。 ソフト版字幕では「なんですそれ?」、テレビ朝日と旧VHS版吹替では「生憎そいつは今、無いんだ」、DVD版吹替では「それは今、置いてないね」、テレビ東京版吹替では「ここにある物にしてくれ」、公開時の劇場字幕と当時のノベライズ版では「まだ入荷していません」とそれぞれ訳されている。 カイルはパトカーから奪ったショットガンを、、使いやすく改造してから右腕にひもでくくりつけ、落としたり奪われないようにしているが、『ターミネーター4』では少年時代のカイルがマーカス・ライトから銃に関する「手品」としてひもでくくりつけるアイディアを教わるシーンがある。 映画の宣伝ポスター等でT-800が構えていたは、銃の上にが装備されている。 作中ではT-800が銃砲店から強奪した銃の中の一挺で、一人目のサラ・コナーの殺害から、ディスコの銃撃戦まで使われている。 この特徴的なレーザーサイトは、当時いち早く銃器用を開発して販路を構築していたレーザープロダクツ社(後の社)の試作品で、宣伝も兼ねて提供されたものである。 ただし、撮影に使われたものは開発段階のもので、作動に十分な容量のある内蔵式バッテリーの開発が済んでいなかったため、電源はコードを介して外部から取られている(腕の袖で隠れる部分にバッテリーが括り付けられている)。 サラがT-800をで押し潰すときのセリフ「You are terminated. (「抹殺完了」「お前を抹殺する」)」は、『ターミネーター3』でT-850がT-Xを破壊するときにも使用された。 『ターミネーター2』では、ジョンの「Is he dead? (死んだの? )」に対し「Terminated. (完全に)」という台詞が発せられている。 カイルの回想にてシュワルツェネッガー以外の筋骨隆々のターミネーター(演者はの)が登場している。 カイルがサラに言った「機械のことは信用するな。 やつらは悲しみも感情もないのだ」と言う台詞は『ターミネーター2』や『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』でサラが頑なに信じている言葉でもある。 『ターミネーター2』特別編でのチップを取り出し、叩き壊そうとしてジョンに制止されるシーンがある他、 サラはジョンを助けに来た型ターミネーター(キャメロン)をも信用してはいない。 サラのアルバイトは、キャメロンの最初の妻シャロンがやっていた仕事と同じウエイトレスにした(サラは「ボブのビッグバンズ」で働いているが、シャロンは「ボブのビッグボーイ」というレストランで働いていた)。 主役を外されたヘンリクセンは「ジムにごまかされたと感じたことは、一瞬たりとも無かったね。 僕はもうこの業界が長くて、時にはそうなることもあるって分かってるし。 確かに自分がターミネーターを演じることができなかったのは残念だけど、それと同じくらいこの映画を作って欲しかったんだよ」と語った。 日本での公開日(1985年5月25日)から30年を記念して、2015年にによって、を『 ターミネーターの日』と認定された。 2001年発売の2枚組DVD(GXBA-15917)発売の際に、次作でアカデミー賞を獲得したにより音響効果が全面的にリニューアルされた。 2001年盤ではオリジナル・音声も収録されていたが、2003年の盤2枚組DVD(GXBU-15917)発売以降のすべての映像ソフトはオリジナルのモノラル音声がカットされており、オリジナル版を聴くことが出来なくなっている。 の製のである「MOTOMAN」がクライマックスのシーンに出演している。 にある「留之助商店(オーナーはSFX著書で有名な)」にて、実際に劇中で使用されたT-800の実物大モデルが展示されている。 ソフト化 [ ] VHS [ ]• (販売)• DVD [ ]• Blu-ray disc [ ]• 続編 [ ]• (1991年8月24日公開)• (2003年7月12日公開)• (2009年6月13日公開)• (2008年放送)テレビシリーズ• (2015年7月10日公開)• (2019年11月1日公開) ゲーム作品 [ ] ザ・ターミネーター() 日本国外のみで発売されたゲーム。 左・右スクロール型のアクションゲーム。 カーチェイスステージなどもある。 難易度が高く、SNESのソフトでありながらコンティニューやセーブ等もない。 ザ・ターミネーター() 日本国外で発売されたメガCD版。 ()制作。 未来編、敵基地内、現代編とターミネーターの舞台となったシーンを舞台とする2Dアクション。 メガCDを活かした映画ムービーの導入やトミー・タラリコ作曲のBGMが特徴。 モータルコンバット11 2019年10月8日に『 ()』にてT-800がキャラとして登場。 ターミネータージェニシスの姿で登場する。 1989年にPV映像を正式発表していたが、原作のストーリーに沿っていないことからライセンスが取り消された。 このソフトはキャラクターや設定を変更し、翌年、『』()として世に出された。 関連書 [ ]• 『ターミネーター』(講談社X文庫)R・フレイクス、W・H・ウィッシャー訳 吉岡平 1984年• 『ターミネーターの秘密』 HOLLYWOOD見聞会 データハウス 1993年• 『『ターミネーター』解剖』 ショーン・フレンチ 訳 扶桑社 2003年 またダーク・ホース社出版の『』のコミックがある。 脚注 [ ]• 2010年1月4日閲覧。 「」2016年3月下旬号 109頁• テレビ東京版の吹き替えでは警部補になっている。 The Hollywood news. 2016年7月5日. 2019年6月27日閲覧。 Medium 2019年8月15日. 2019年8月21日閲覧。 Nerd Report 2015年6月29日. 2019年8月21日閲覧。 2020年2月1日閲覧。 『ターミネーター2』のT-800に関しては、ジョンが人間に関する事を教えたり、一緒に遊んだりする様子を見て次第に信用していき、別れの際には握手を交わしており、このT-800が命の尊厳や、悲しみの感情を理解した事に関して、彼等が理解出来たのなら、きっと私達にだって理解できるはずと言う語りをラストのシーンにて発言している。 シネマトゥデイ 2015年5月8日. 2015年5月8日閲覧。 安川電機. 2017年11月3日閲覧。 Engadget 日本版. 2019年8月22日. 2020年5月15日閲覧。 2019年7月9日. 2020年5月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

『ターミネーター:ニュー・フェイト』シュワちゃんがCGで若返らなかった理由とは ─ 監督「検討の余地なかった」

ターミネーター シュワ ちゃん

シュワちゃん、サングラス姿でカムバック!「ターミネーター」最新作のキャラポスター公開 2019年9月19日 08:00 不穏な空気漂うキャラクターポスター C 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film [映画. com ニュース] 世界的人気シリーズ「」の最新作「」のキャラクターポスターが公開された。 サラ・コナー()やT-800()らメインキャラクターたちの背後に暗雲が立ち込め、不穏な空気が漂うさまをとらえている。 シリーズ生みの親であるが製作に復帰し、「」などの監督がメガホンをとる本作。 「」の直接的な続編として、人類と地球の未来をかけた戦いが描かれる。 シュワルツェネッガーとハミルトンが出演するほか、「」でジョン・コナーを演じたが再び同役を演じることが明らかにされている。 キャラクターポスターのサラ・コナーとT-800は、どちらも黒いサングラスに銃を構え、人類の命運を左右する戦いに備えているよう。 「」「」のポスターといえば、銃を片手に革ジャンにサングラス姿のT-800が印象的であったが、本作でもついにT-800がサングラスを装着。 新しさの中にも、シリーズの伝統を踏襲するかのような演出が施されている。 そのほか、今回の物語の鍵を握る女性ダニー()と、彼女を守るために未来から送り込まれてきた戦士グレース()の姿も。 グレースは一見すると普通の女性のように見えるが、実はと互角に渡り合えるほど強化された兵士。 ハントを長年続けてきたサラに「初めて見るタイプ」と言わしめた彼女の実力は計り知れない。 人類の敵である最新型REV-9も描かれており、の象徴とも言える骸骨を思わせる金属の頭部と、赤い冷徹な眼差しが、恐怖の再来を予感させる。 「」は、11月8日から全国公開。 (映画. com速報)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

シュワちゃん、自身演じる「ターミネーター」は「これが終わり」 映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」来日会見

ターミネーター シュワ ちゃん

『 』シリーズの最新作 『 』には、T-800役の とサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが揃って復帰する。 傑作『ターミネーター2』(1991)から直結する物語となる本作には、ハミルトンのみならずシュワルツェネッガーも現在の姿で登場。 しかし、もとよりT-800はアンドロイドなのだから、何も年老いた姿で登場させる必要はないのではないか? ジェームズ・キャメロンからの信頼を受けて登板した『デッドプール』(2016)のティム・ミラー監督は、このたびそんな疑問に真っ向から回答。 米のインタビューでは、 シュワルツェネッガーをデジタル処理で若返らせることについて「検討する余地はなかった」と語られている。 「デジタルのアーノルドは作りたくなかった、そのことは確かです。 ある一定の年齢に達した人物が、英雄的であることを求められる、そのリアリティを大切にしたかった。 その点が非常に気に入ったところなんです。 僕は『勇気ある追跡』(1969)や『オレゴン魂』(1975)のような物語が好きで、傷を負ったヒーローのほうが、若いヒーローよりも面白いと思っています。 僕にとっては(年老いたヒーローこそ)完璧。 」 おそらく『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、近年の作品でいえば『LOGAN/ローガン』(2017)のような、一度はキャリアを終えた人物を描く物語になっているのだろう。 T-800はもちろんのこと、サラ・コナーも近い役割を担って登場するものとみられる。 All rights reserved. ちなみにミラー監督は、年を重ねたシュワルツェネッガーのビジュアルについて「素晴らしい見た目」だと賛辞を贈っている。 ミスター・オリンピア(編注:ボディビル選手権)に出ていた頃、神様のようだった頃とは違いますが、今の彼にも特別なものがある。 非常に堂々たるものがありますよ」。 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は2019年11月8日(金)全国ロードショー。

次の