ゆで たけのこ の 保存 の 仕方。 たけのこの保存方法|真空パックと目からウロコの竹の子保存方法その他

たけのこの千切りの仕方!細切りの綺麗な切り方

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

土地柄、私もこの季節、たけのこをたくさん頂きます。 まとめて下ゆでしたら、丸ごと、水と一緒に保存容器に入れて、 冷蔵庫で保存しています。 毎日、水を替えれば、2~3週間ぐらい持ちます。 それでも食べきれない場合は、冷凍保存しています。 細かく刻んだにんじんや干ししいたけと共に甘く煮て、 冷凍しておけば、混ぜ寿司やいなり寿司を作るときに重宝します。 ポイントは、あまり大きく切らないこと、ぐらいかな? 冷凍すると、どうしても食感が落ちますが、 小さく切ってやると、あまり気になりません。 レシピというほどのものではありませんが、参考になれば。 混ぜ寿司のタネ 1. にんじんとたけのこ、戻した干ししいたけをなるべく細かいみじん切りにする。 鍋に昆布だしと干ししいたけの戻し汁を沸かして、1を投入。 砂糖、塩、しょう油少々で調味、汁気がなくなるまで煮詰める。 バットなどに広げて冷まし、ラップに1回分ずつ包んで冷凍。 レンジでチンすると、風味が壊れるので、自然解凍の方がおすすめ。 使う少し前に外に出しておくだけでOK。 それほど解凍に時間はかかりません。 たけのこ入り肉団子 1. たけのこはさいの目切りにする。 (寿司タネより心持、大きめ) 2. ボウルに合い挽きミンチ、1のたけのこ、卵、片栗粉を入れ、よく混ぜる。 塩・こしょう、しょう油少々で調味し、熱した油で揚げる。 バットなどに広げて冷まし、ラップに数個ずつ包んで冷凍。 使うときは、あらかじめ解凍(こちらは電子レンジでもOK)。 甘辛いだしで煮たり、フライパンでたまねぎと一緒に炒めてケチャップで 味付けすれば、子供にも喜ばれます。 お弁当のおかずにもよいです。 A ベストアンサー 長期間保存するなら皮を剥いたタケノコを、米のとぎ汁で茹でてアクを抜きます。 あとは水を満たした密閉容器やジップロックに入れてしっかり蓋をして保存しましょう。 より長期間保存したいなら、未使用の保存瓶にタケノコを入れて、水を口まで注いで軽く蓋をして、すのこなどを敷いた(瓶が割れないようにするため)大き目の鍋に入れ、瓶がかぶる位の水を注いで約1時間煮込みます。 火を止めたらすばやく、蓋をきつく閉めてください。 自然に冷ましたら冷暗所に保管します。 手間はかかりますが、この方法だと、半年~1年はもちます。 3~5日程度でいいなら皮付きのまま冷蔵庫で保管してください。 皮を剥ぐとえぐみが増します。 A ベストアンサー こんばんは。 2 表面に鹿の子に包丁目を入れます。 3 濃口醤油・1、味醂・2、酒・0. 5で割り醤油を作り、 筍を一時間ほど漬け込みます。 4 木の芽を粗みじんに叩き、少量の 3 出しと合わせます。 5 水分を拭いた筍をオーブンに入れ、 刷毛で、木の芽醤油を数回塗りながら、香ばしく焼き上げます。 2 全卵溶き玉子と出し汁を同割りで合わせ、 薄口醤油、塩、味醂で、玉子豆腐の味付けにし、一旦、漉します。 3 2 の半量の玉地と、刻んだ筍を合わせ、 湯煎に掛けて、ゆる~い「びしゃ玉子」を作ります。 4 お手元の容器 できれば流し缶がベスト に、 残りの半量の玉地と、「びしゃ玉子」を ゆっくり攪拌しながら、流し込みます。 5 あとは、蒸し器で玉子豆腐を蒸す要領で、蒸し上げます。 6 掛け出しは、麺つゆを割ってもいいですし、 出し汁・6、薄口醤油・1、味醂・1. 2くらいで。 ご参考までに。 こんばんは。 2 表面に鹿の子に包丁目を入れます。 3 濃口醤油・1、味醂・2、酒・0. 5で割り醤油を作り、 筍を一時間ほど漬け込みます。 4 木の芽を粗みじんに叩き、少量の 3 出しと合わせます。 5 水分を拭いた筍をオーブンに入れ、 刷毛で、木の芽醤油を数回塗りながら、香ばしく焼き上げます。 A ベストアンサー こんにちは。 私の家(田舎です)には竹やぶが有り、毎年外の大きな釜で 何度も何度も茹でます。 この時期の日曜日は、ご近所、親戚、知人に配るのが仕事です。 保存の方法ですが、今までにいろいろと試した結果、 結論は、 『保存しない。 旬の食材はその時期に頂いてしまい、未練たら しく保存したりしない。 』が基本。 ですが、これでは回答にならないので、私のやっている保存 方法は、やはり茹でて冷凍です。 でも旬の食感は期待せずに 小さく切って、味噌汁の具にする程度です。 又、茹で竹の子の冷凍を作るときは、茹でた竹の子の甘皮も細く 線状に切り冷凍し、お澄ましの具に使っています。 甘皮は 食べれる程度に硬い部分まで使います。 硬い部分の食感も良いので 竹の子の保存といえば、こちらの方がメインになっています。 今日も、朝から家族で竹の子堀りに行き、大漁?に茹でました。 A ベストアンサー 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦... A ベストアンサー 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほうが美味しいと思います。 このまま塩水につけてビン詰めして冷蔵庫に入れるか、ゆでたものを数本ずつラップに包んで冷凍すると保存できます。 お料理としては、 【煮物】 下処理したふきを、出汁・醤油・みりん 酒 ・砂糖で煮て味付けします。 揚げと一緒に煮ると一層美味しいです。 他に【きんぴら】【そぼろあんかけ】なども母はよく作っていましたが、私はこれは手伝ったことがないので、作り方が分かりません。 検索したら次のページをみつけました。 色々レシピが載っているようです。 kikkoman. html 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほ...

次の

たけのこは冷凍保存できる! 失敗しない冷凍方法&アク抜き方法

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

旬のたけのこを保存したい! 春を代表する食材の「たけのこ」現代ではハウス栽培などで、たいていの野菜は1年中手に入れることができます。 しかし、「たけのこ」は春だけしか手に入れることができません。 もちろんスーパーに行けば1年中水煮・缶詰が売られていますが生の「たけのこ」は春だけですね。 またスーパーなどで売られている水煮・缶詰のたけのこは中国産が多くてお安い!国産は高級なのでなかなか手が出ません。 たけのこの旬の時期だからこそ、自宅で簡単に保存できる方法をご紹介させていただきます。 旬の「たけのこ」はとってもリーズナブルです。 旬の筍を真空パックで長期保存できるなら、そんなに素晴らしいことはないですよね! 毎年このうような量を、1週間に1度ぐらい頂きます。 産地ならではの有難いことですね。 「たけのこ」の産地では、どの家庭でも溢れるばかりの「たけのこ」が冷蔵庫に入っていて有難いけれど、見るのもイヤとばかりの「たけのこ」。 反面「たけのこ」はお正月のおせちに使ったり、中華料理に使ったりと1年中使い道があります。 わが家のたけのこの保存は真空パック わが家では旬の「たけのこ」を真空パック器で保存して「おせち料理」に使っています。 上の画像は、 4月19日に真空パックしたものです。 そして12月31日にはおせち料理のお煮しめに使いました。 少しお味は落ちていましたが、国産の安心の竹の子を食べることができるのでとっても有難かったと思っています。 竹の子の茹で方と真空パック 材料 竹の子 1本 糠 適量 鷹の爪 1本 真空パック専用袋 1枚 手順 1 竹の子は皮のまま先を斜めに切り、先から縦に切れ目を入れて下ごしらえする。 2 大きな鍋に水をたっぷり入れて1・糠・鷹の爪を入れ、落とし蓋をして柔らかくなるまで茹でて、冷めるまで放置する。 3 2のたけのこの皮を剥く。 4 竹の子を縦半分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水けを絞ってから 真空パック専用袋に入れて真空パック器にかけて出来上がり。 竹の子は水分が沢山あるため、しっかりと絞らないと真空パックするときに水分を吸い上げてしまって真空パック器の故障の原因になるのでしっかりと絞ってくださいね。 わが家の真空パック器 真空パック器はとっても高価な気がしますがわが家で使っている、家庭用真空パック器はとってもリーズナブル!わが家のCCP 【BONABONAシリーズ】の家庭用真空パック器はアマゾンで1万円以下で購入することができます。 CCP 【BONABONAシリーズ】は、扱いもとっても簡単で付属の真空パックの袋は、お好みの大きさに切ってシーリング出来、専用カッターも器械に備え付けられているので、無駄なく使うことができます。 リンク 使う時のことを考えて、上のように2個真空にしたり1個真空にしたりと、使い勝手の良いように真空しておけば用途に応じてすぐに使うことができます。 4月19日に真空パックしたたけのこは 8か月余りたったおせち料理にも使うことができました。 食べ飽きながら食べ続けたり、飽きてしまって捨ててしまうことになるほど 勿体ない事はありませんね。 真空パック器は、このような時にとっても助かる調理器具です。 真空パック器のメリット・デメリット 真空パック器を使う場合は袋に入れて真空にするのでカサが低く、冷蔵庫の場所を取らないのがメリット! でも 真空パック器はキッチンペーパーで水分をしっかりと絞らないといけないのがとっても手間がかかり、また竹の子の風味が少し落ちてしまいまうのがデメリットです。 大きい冷蔵庫で保存できるご家庭の場合は、カサは高くなりますが、手間も風味も損なわないショップジャパンの真空パック保存容器のフォーサがオススメです。 目からウロコの竹の子の3つの冷凍保存方法 目から鱗の竹の子の保存方法は、竹の子は冷凍できないと言われている代表的な野菜です。 ご紹介する目からウロコの竹の子の保存方法は、竹の子を美味しく冷凍保存する方法です。 竹の子が冷凍保存に適さないという理由は、食物繊維が多いたけのこは、冷凍するとスカスカになって美味しくないことから、礼号には向かないと言われていますが、ご紹介する方法だと、スカスカにならずに美味しく冷凍できます。 竹の子冷凍方法 煮物にして冷凍保存 お写真の赤い丸で囲った食材が竹の子の煮物です。 旬の時期に竹の子の煮物を沢山炊いて、食べられない分はジプロックに入れて冷凍保存すると、食べる時に自然解凍で美味しく食べることが出来ます。 竹の子は冷凍は向かないと言われていますが、煮物にして煮汁をしっかりとキッチンペーパーで取ってジプロックに入れて空気をしっかりと抜いて冷凍すると、冷凍に向かないと言われている竹の子でも、ちゃんと美味しく保存することが出来ます。 実際にお寺の行事の際にお弁当を出されるお寺さんに教えていただきました。 竹の子冷凍方法 だし汁に浸して冷凍保存 竹の子の冷凍保存方法2は、料理に合わせて竹の子を切り、だし汁に浸して出汁ごと冷凍する方法です。 この方法なら解凍後すぐにお料理することが出来ます。 お料理が決まっていないときなどに便利です。 竹の子冷凍保存 材料の割合 白だし 大1(15㏄) 水 75㏄ 竹の子冷凍方法 砂糖をまぶして冷凍保存 竹の子冷凍保存 材料 たけのこ 150g さとう 大1 わが家の場合は、5月半ばになると山蕗、山椒の実が出回るので、その時に合わせて佃煮を作ります。 その時用に、佃煮用のサイズに切って冷凍保存しました。 佃煮用のサイズに切った竹の子にさとう大1をまぶします。 全体にいきわたるように混ぜてからジプロックで保存します。 毎年春のお楽しみ!竹の子・山蕗・山椒の実の佃煮です。 竹の子の瓶詰の仕方 スーパーなどでよく見る、たけのこの水煮の瓶詰の方法です。 (画像はありませんが、工程だけ書かせていただきますね) 竹の子を瓶詰で保存の仕方は、保存するビンを熱湯で約10分ぐらい煮沸消毒してから一度沸騰した水と一緒に入れてフタを軽く締め、お鍋に湯を沸かしてビンを入れて約10分ほど煮立たせて、最後にギュッとフタを閉めて完成です。 竹の子の真空調理 最話題の真空調理はわが家では以前から使っている調理法です。 この時期のたけのこならではの真空調理をご紹介させていただきますね。 たけのこを佃煮くらいの大きさに切り、調味料と一緒に真空パックすると、とっても簡単にたけのこの佃煮を作ることができます。 真空調理は調味料をかなりひかえることができるので減塩を心がけている方にもとってもオススメの調理法です。

次の

筍(たけのこ)の長期保存方法 Long term storage method

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

農家さん直伝!たけのこの保存方法 キッチンに漂うあつあつのたけのこご飯の香り。 春の訪れを感じる香りです。 皮付きのたけのこが出回るのは本当に短い期間。 なるべく長く味わいたいですよね?香川でお野菜をお届けしている臼杵英樹さんにたけのこの保存方法をレクチャーしてもらいました。 たけのこの保存方法 -1週間程度- たけのこは時間が経つと固くなり、エグ味が増してしまいます。 1週間程度で使い切る場合は水に漬ける方法がおすすめとのこと。 下茹でしたたけのこを、水をいれたプラスチック製の保存容器にいれ、冷蔵庫に入れます。 <この時、なるべく毎日水を変えるのがおすすめです。 > たけのこの保存方法 -1年間- 鮮度が大事なたけのこが1年間も持つの?という疑問を持つ方もいるかと思います。 臼杵さんに伺うと、たけのこをそれだけ長期にわたり保存する方法は「塩漬け」だと可能とのことです。 下ごしらえをしたたけのこをざるに入れ水気を切ります。 その後、たけのこを半分に割り、密閉容器の底に塩を敷き詰めその上にたけのこの内側を上にしてかぶせていきます。 内側の隙間にも塩をしっかり詰めて下さい。 そして塩でまわりを覆って行きます。 塩はたっぷりのふんだんに使ってください。 「この方法だと1年は持ちます。 暑くなる夏場常温でも問題ないです。 気になる方は冷蔵庫に入れて下さいね」と臼杵さん。 塩漬けしたたけのこを使う時は、うすめの食塩水につけて丁度いい塩辛さにします。 ここで真水を使うと、塩分とともにうまみも流れ出てしまうので注意が必要です。 たけのこは下ごしらえなど、普段使いのお野菜と比べると少し手間が掛かってしまいます。 だからこそ使う状況に応じて、たけのこを長く、賢く、美味しく味わいたいですね。

次の