スベスベ マンジュウ ガニ 由来。 スベスベマンジュウガニとはどんな生き物? 名前はかわいいけど、実は…

スベスベマンジュウガニの生態と名前の由来は?毒性はどれくらい強い?

スベスベ マンジュウ ガニ 由来

エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「」の中の人が身近な生き物について抜粋して紹介する特集コーナー第9回です。 新型コロナウイルス感染症拡大が終息の気配を見せてきましたがもうひと頑張り。 油断せず乗り切りましょう! ということで、今回は緊急事態宣言が解除されているであろう夏場になると磯に姿を見せるカニ。 「身近か?」と聞かれると微妙ですが、その美味しそうな名前に反して猛毒があることで有名な「スベスベマンジュウガニ( Atergatis floridus)」を紹介します。 スベスベマンジュウガニはインド-西太平洋に広く分布し、日本では房総以南の太平洋側で見られます。 名前の通りスベスベでマンジュウの様に丸いカニ。 体色は褐色~暗紫色。 鉗脚の付け根や歩脚や甲外縁が見るからに毒々しいシアン色を呈していることがあり、背中にも独特の斑紋が入ります。 鉗脚の指節は黒。 他のオウギガニ科のカニによく見られると同様、黒爪です。 外洋に面した磯の潮間帯下部から潮下帯にかけて、入り組んだ岩や石の隙間に棲息しています。 潮が引いた陸地でもウロウロしている同科のオウギガニ( Leptodius exaratus)に比べ、スベスベマンジュウガニは警戒心が強く陸上に上がることはほとんどありません。 動きも素早いため、岩礁の磯で大量に蠢くオウギガニ科のカニの中にあって一際体が大きくよく目立つにも関わらず、足音を忍ばせて近づかないとなかなか観察することはできません。 ただ、生息密度はそれほど高くはないものの少ないという訳でもなく、注意深く探せば発見は容易です。 スベスベマンジュウというユニークな和名と、食べれば死に至る猛毒を持つことで、あまりにも有名なカニで、磯の危険生物に列挙されていたりしますが、食べなければ特に危険なことはなく、また、見るからにオドロオドロしい色合いや模様から、誰も食べようと思わない様で、たまに被害が報告される同科のウモレオウギガニ( Zosimus aeneus)とは違い、我が国では被害者は出ていません。 (ウモレオウギガニも食べたくなる様な外見ではないのですが・・・。 ) 鉗脚の力が強く、しかも大きいため、挟まれるとケガをする恐れはありますが、臆病なカニなので、素手で弄んだりしない限りは挟まれることもありません。 磯で遭遇する可能性のある危険生物の中で、軽く触れただけで病院送り必至の イラモや、刺されると長期通院が必要になることもある ガンガゼ、噛まれると死に至る可能性もある ヒョウモンダコや オオマルモンダコ等とスベスベマンジュウガニを同列にするのは行き過ぎだと思います。 食性は肉食性が強く、二枚貝や巻貝、海綿、その他の付着生物等を、強力な鉗脚で岩肌から引き剥がして食べています。 温帯域ではヤツデヒトデと同所的に見られることが多いので、二枚貝や巻貝は特に好んで食べている様です。 写真の個体も巻貝を岩から引き剥がそうと暴れている瞬間を撮ったもので、この習性から考えると、恐らくはムシロガイ科の巻貝等が持つテトロドトキシンを生物濃縮することにより、毒を獲得しているのではないかと思います。 毒の種類はテトロドトキシン(細菌由来とされるフグ毒で、ハナムシロガイ等の巻貝が体内生成)やサキシトキシン(渦鞭毛藻由来の麻痺性貝毒)など複数が知られていますが、このカニの悪食ぶりから考えるとうなずけます。 写真はヤツデヒトデそのものを食べているスベスベマンジュウガニ。 身ではなく内臓を食べている様です。 特にヒトデを好んで食べる訳でもなさそうですが、こういった個体は夏季の磯では頻繁に見かけます。 筆者の想像に過ぎませんが、この時季はアカモク等の磯の海藻類が乏しくなり、それに従って好物とする貝類を捕食できる機会が減るためヒトデを捕食するのではないかと思います。 スベスベマンジュウガニとヤツデヒトデは、ほぼ同じような環境に棲み、また食性もほぼ同様なので、スベスベマンジュウガニの好物を捕食したヒトデの内臓を食べるのは手っ取り早い食事方法なのかもしれません。 飼育について スベスベマンジュウガニの飼育は容易で、海水魚が飼えるレベルのマリンタンクで長期飼育が可能です。 餌はスーパー等で売っている活けアサリを冷凍しておき、時々与えるだけで大丈夫です。 ただ、大きく力強く、また岩の隙間に潜む習性をもつため、せっかく組んだライブロックは跡形もなく崩されますので、リーフタンクでの飼育はオススメしません。 水槽は60cm以上のものをオススメします。 肉食の大食漢なので、それなりのろ過装置が必要になります。

次の

食べちゃいけない毒ガニ3種! 脚1本で死ぬことも しかたにさんちの自然暮らし(37)

スベスベ マンジュウ ガニ 由来

目次 みなさんは『スベスベマンジュウガニ』という生き物を知っていますか。 名前はとてもかわいらしく、おいしそうですが、食べると死に至ることも…。 この記事では、スベスベマンジュウガニとはどんな生き物なのか、また、それをテーマにした歌もご紹介します。 スベスベマンジュウガニとは?スベスベマンジュウガニは、甲羅の幅が5cmほどの小さなカニです。 名前の由来は、丸くてすべすべとした滑らかな甲羅を持っていることから付けられたといわれています。 体の色は暗褐色で、甲羅に白っぽい斑模様があるのが特徴です。 スベスベマンジュウガニ 日本では、千葉県から沖縄県沖の太平洋沿岸に分布し、岩場やサンゴ礁などに生息しているそう。 そんなスベスベマンジュウガニは、そのかわいらしい名前とは裏腹に、筋肉などに強力な神経毒『テトロドトキシン』や麻痺性貝毒を持っているといいます。 そのため、食べると呼吸困難や意識障害などの症状を引き起こす恐れがあり、最悪の場合は死に至ることもあるのだとか…。 神奈川県にある新江ノ島水族館の『トリーター日誌』では、スベスベマンジュウガニの危険性をこのように紹介しています。

次の

【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名前は美味しそうでも猛毒なので食べちゃダメなことで有名なスベスベマンジュウガニ

スベスベ マンジュウ ガニ 由来

甲が滑らかで、丸みを帯びていることから。 [分布] 房総半島以南〜インド洋西部 [科名] エビ目カニ下目オウギガニ科 [特徴・生態] 岩礁の潮間帯〜水深100mの岩の窪みに生息するカニ。 甲幅は約5cmになります。 甲は扇形で、なめらかで光沢があります。 複雑な乳白色の雲紋模様があり、レース模様のようです。 個体ごとにこの模様は異なります。 甲の前側縁は板状となり、痕跡的な3つの切れ込みがあります。 はさみ脚は左右で同じ大きさをしており、掌部上縁は稜を形成します。 歩脚は扁平で、前縁は板状です。 海藻、貝類、ゴカイなどを食べる。 海域によっては強い毒性を持つ毒ガニです。 あまり素早く動くことはできず、岩の窪みの奥でじっとしています。 [感想] スベスベマンジュウガニの標本です。 とても変わった名前のカニで、食べることのできそうな名前を持っていますが、個体によっては有毒個体がいるので食べることはできません。 1匹のスベスベマンジュウガニを食べただけで、致死量にたっするほどの毒を持つ個体もいるので要注意です。 無人島0円生活でカニを食べていたからといって、むやみにそのへんのカニを捕まえて食べたりするのはやめましょう。 写真からもわかるとおり、とても変わった形をしたカニです。 この形のせいで、動きが鈍いです。 動きの鈍さを、毒で外敵から守っているのかな?有毒なのにスベスベマンジュウガニは生きていられてるというのが不思議です。 [写真撮影] 2007年09月26日 [関連ページ] - - - メインコンテンツ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スポンサードリンク.

次の