傷病 手当 金 2 回目。 傷病手当金の手続きをカンタン解説!書類の書き方~申請方法まで

傷病手当金の支給日はいつ?振込日数と振り込まれない時の問い合わせも

傷病 手当 金 2 回目

休職後に仕事に復帰し、ある程度の期間(最低1年以上)問題なく勤務していた場合は、社会通念上「治癒」したものとみなされます。 たとえばうつ病で休職後に職場復帰した人が、3年後に再びうつ病になって休職することになったとしても、それは 1回目のうつ病が続いていたのではなく、新たな別のうつ病である、という解釈になります。 これは傷病手当金のリセット期間を規定する上での「社会的治癒」という考え方で、実際の病気の治癒判断とは異なっています。 このリセット期間は、会社ではなく健康保険組合の判断の範疇ですので、まずは所属する健康保険組合に問い合わせるとよいでしょう。 リセット期間を経過していない場合 休職後に仕事に復帰したものの、1回目の病気と同じ病気がすぐに再発してしまった場合はどうなるのでしょうか。 傷病手当金の支給期間は「支給開始日から1年6か月まで」です。 たとえばガンの治療で6か月休職し、復帰後3か月勤務してガンが再発しふたたび休職する場合は、1回目の「支給開始日から1年6か月まで」の 残りの期間は9か月になり、その期間は傷病手当金を受け取ることが可能です。 別の病気で療養が必要になった場合 仕事に復帰した後まったく別のケガ・病気になってしまった場合には、 リセット期間には当てはまりません。 復帰後1年以上問題なく勤務する「社会的治癒」のリセット期間を過ぎていても、2回目の休職に対して傷病手当金が不支給と判断されるケースがあります。 いずれも 健康保険組合の判断によりますので、以下のケースに該当する場合でもまずは 所属する健康保険組合に問い合わせてみましょう。 復帰後も治療が継続していた 前回の休職期間中に治療したうつ病が、復帰後も治りきらず何度も仕事を休んでいたなど明らかに「 完治していない」とみなされる際には、 2回目の傷病手当金が不支給と判断される場合があります。 ただし「経過観察」としての通院は治療継続とみなされません。 前回の病気と関連している病気である 前回の休職期間中に治療した胃がんが 転移して、新たに別の部位のがんが発生した場合などは、以前の病気と「引き続き、関連した病気」とみなされることがあります。 (執筆者:2級FP技能士 久慈 桃子).

次の

2度目の受給に立ちはだかる壁

傷病 手当 金 2 回目

初回傷病手当申請終了後、続けて申請書を書くことになったので、まとめます。 前提として 2回目以降の申請書を書くということは、1回目の申請書が通っていると思われるため、支給要件は満たしていると思われます。 そして支給期間内であることを前提としてお話します。 申請書類はホームページからダウンロード 初回申請時と同じく、自分が加入していた協会健保から、必要書類をダウンロードしましょう。 書式は加入している協会健保でバラバラですが、中身はたいして違いはありません。 被保険者(自分)記入書類• 事業主記入書類• 医師記入書類 2回目以降の申請では、事業主記入書類が不要になります。 医師記入書類は、初回同様、かかりつけの医師に提出して書いてもらいましょう。 自分で書くのは被保険者記入書類です。 記入することは、申請期間以外は初回と全く同じ。 再度、書いておきますが、医師記入書類は 事後記入です! 健保に書類を送付 医師記入の書類が出来れば、自分の書いた書類とまとめて所属の協会健保宛に送付します。 封筒に、 「申請書在中」と記入しましょう。 書類送付時、 や書留にして郵便の追跡が出来るように送ると書類紛失の問題を防ぐことが出来ます。 実際の流れ 私の場合、2回目の申請期間が7月19日~9月5日。 9月5日に医師記入書類を頂き、その足で申請書をで健保宛に送付しました。 協会健保から保険金支給決定通知書が届いたのは9月27日、振込日は9月28日でした。 初回でなくとも、 支給決定まで3週間以上かかりますね。 まとめ 第2回申請以降は全く同じ手続きとなります。 ここまでくれば、あとは医者から働けるという診断をいただくだけ。 同じことを繰り返して、症状が改善されることを待ちましょう。 在職中の方は会社が全部やってくれるでしょうから、まるっとまかせて専念してください。 では、また。

次の

健康保険傷病手当金支給申請書

傷病 手当 金 2 回目

初回傷病手当申請終了後、続けて申請書を書くことになったので、まとめます。 前提として 2回目以降の申請書を書くということは、1回目の申請書が通っていると思われるため、支給要件は満たしていると思われます。 そして支給期間内であることを前提としてお話します。 申請書類はホームページからダウンロード 初回申請時と同じく、自分が加入していた協会健保から、必要書類をダウンロードしましょう。 書式は加入している協会健保でバラバラですが、中身はたいして違いはありません。 被保険者(自分)記入書類• 事業主記入書類• 医師記入書類 2回目以降の申請では、事業主記入書類が不要になります。 医師記入書類は、初回同様、かかりつけの医師に提出して書いてもらいましょう。 自分で書くのは被保険者記入書類です。 記入することは、申請期間以外は初回と全く同じ。 再度、書いておきますが、医師記入書類は 事後記入です! 健保に書類を送付 医師記入の書類が出来れば、自分の書いた書類とまとめて所属の協会健保宛に送付します。 封筒に、 「申請書在中」と記入しましょう。 書類送付時、 や書留にして郵便の追跡が出来るように送ると書類紛失の問題を防ぐことが出来ます。 実際の流れ 私の場合、2回目の申請期間が7月19日~9月5日。 9月5日に医師記入書類を頂き、その足で申請書をで健保宛に送付しました。 協会健保から保険金支給決定通知書が届いたのは9月27日、振込日は9月28日でした。 初回でなくとも、 支給決定まで3週間以上かかりますね。 まとめ 第2回申請以降は全く同じ手続きとなります。 ここまでくれば、あとは医者から働けるという診断をいただくだけ。 同じことを繰り返して、症状が改善されることを待ちましょう。 在職中の方は会社が全部やってくれるでしょうから、まるっとまかせて専念してください。 では、また。

次の