ポケカ デッキ 作り方。 【最新】ポケモンカードの強力デッキレシピ、集めました!!【SMレギュ】

【ポケモンカード】デッキレシピ集【ポケカ】

ポケカ デッキ 作り方

目 次• 使いたいポケモンを選ぶ! 持っているカードを全部出してみる まずデッキを組む前に持っているカードを全て出ましょう。 参考画像は今回買ったばかりの「ウルトラシャイニー」に入っていたカード全てです。 わけておかないと、自分が今どのカードを何枚持っているのかわからなくなってしまい、デッキを組むのがより難しくなってしまうんです! ポケモンのカードたち どのカードがポケモンのカードかはわかりやすいと思います。 因みに、サポートカードは自分のターンに1度しか使う事ができません。 グッズのカードたち グッズカードには右上に「グッズ」と書いてあります。 グッズは自分のターンに何度でも使う事ができます。 スタジアムのカードたち ここまで来たら、仕分けのプロ!! スタジアムも右上に「スタジアム」と書いてあります。 エネルギーカードたち 今回の「ウルトラシャイニー」のパックには基本エネルギーが入っていないので、これだは対戦できそうにありません。 別で基本エネルギーを揃える必要がありそうです。 どのポケモンを使うか決める まずは、この中からどのポケモンを使うかを選んでいきます。 ポケモンのカードを見つめよう! しっかりわけたカードの束の中から、ポケモン束を手に取り見つめてみよう! 1枚ずつじっくり見つめてみよう!! 最後の1枚まで全部見よう! どのカードが一番好きでしたか? 初心者の方がデッキを作る時のポイントは、好きなポケモンを使う! これに限ります。 今回、参考にした「GXウルトラシャイニー」1BOXの中には闘ポケモンが多くいたので、闘ポケモンのデッキが作れそうです。 1BOXではさすがにデッキを組むだけの十分なポケモンは準備できそうにありませんが、これらのポケモンをあと数枚ずつ足すだけでデッキとして成り立ちそうです。 もしも、自分と同じように、闘ポケモンデッキを組んでみたい!と思う人がいたら、下記に闘ポケモンデッキレシピ集を紹介しておきますね。 他にのグッズに関しては、デッキタイプによって入れたいカードが変わってくるので、全てのデッキに共通して使えるカードの紹介です。 「こだわりハチマキ」「エスケープボード」「フィールドブロアー」「レスキュータンカ」はほぼ全てのデッキに共通して使えるカード。 もしも、もっていたらこれらのカードを適当に入れちゃっていいですよ。 あれ?説明が適当?と思うかもしれませんが、まずは デッキを組むということが目的なので、ここであまり悩まず「こだわり2」「エスケープボード2」「ブロアー2」「タンカ2」という感じでざっくり入れてしまって構いません。 主にサポートは手札が悪い時、手札を変える時に使うカード。 と覚えておくといいかもしれません。 そして、手札を変えるための代表的なカードは「シロナ」「フウとラン」「ハウ」「リーリエ」「ノボリとクダリ」などがあります。 「ジャッジマン」というお互いの手札を4枚ずつにするカードもあるのですが、自分の手札も4枚になってしまい、この4枚で身動きが取れなくなってしまう可能性があるので、カードに慣れるまでは入れない方がいいカード。 「ノボリとクダリ」も自分の手札をトラッシュに送って山札を引くというカードなので、慣れるまでは「ハウ」や「リーリエ」「シロナ」「フウとラン」を使うのがいいと思います。 カードを続けていくのなら、「シロナ」は絶対に4枚は揃えておきたいカードですが、お手軽に手に入る「ハウ」で代用しても問題ありません。 手札を変えるサポートではないのですが、もしも「グズマ」を持っていたら、1枚くらいいれておくといいかもしれません。 相手のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替える効果なので、最初のうちはどのポケモンを入れかかえればいいのかわからないかもしれませんが、「グズマ」に慣れる必要があるので最初からデッキに入れておきましょう! 「シロナ」「リーリエ」「グズマ」もポケモンカード拡張パック「ウルトラシャイニー」に収録されており、今回はウルトラシャイニーの1BOXを参考にいろいろお伝えしているのですが…… リアルな話「ウルトラシャイニー」1BOXに入っているサポートだけでは全然足りません。 この中で、山札を引くことが出来るカードは、「シロナ」と「ノボリとクダリ」、「モノマネむすめ」の3枚。 対戦に必要なカードがぎっしり詰まっているので、初心者の方は「ウルトラシャイニー」を4BOXくらい買ってカードを集めてしまうのがオススメです。 スタジアムを選ぼう 全てのデッキに共通して使えるスタジアムでオススメなのは、もしも自分のデッキにGXポケモンがいなければ、「戒めの祠」がオススメ。 それ以外のスタジアムはポケモンタイプによって異なってしまうので、わからなければスタジアムは入れなくても大丈夫です。 その場合、グッズ「フィールドブロアー」は最低でも2枚デッキに入れてくださいね。 そうしないと、相手が出したスタジアムがいつまでも場に出ていて、相手にとって有利な展開になってしまうからです 「フィールドブロアー」も「ウルトラシャイニー」に収録されています。 エネルギーは何枚必要? エネルギーを付けなければワザを撃つことが出来ないので、始めのうちは多めに入れておくのがポイントです。 大体15枚くらい入れておくといいですよ。 「ウルトラシャイニー」に基本エネルギーが収録されていないので、別で揃える必要があります。 デッキの完成です どうでしたか?案外簡単にデッキが出来上がったのではないでしょうか? 今回紹介したトレーナーズのカードのほとんど全てが、ポケモンカード拡張パック「ウルトラシャイニー」に収録されているんです。 ですから、パックを開けるワクワク感を味わいながら、カードをゲットするなら絶対に「ウルトラシャイニー」がオススメ。 1パックに必ず1枚GXポケモンカードが入っているし、BOXで買うと1BOXに1枚必ずSR以上のカードが入ってるんです! GXポケモンでは、紹介したカード以外にも、現在トップ環境デッキで使われている「レックウザGX」「マッシブーンGX」「アローラキュウコンGX」「ズガドーンGX」など多数のGXカードが収録されているんです。 もしも、ウルトラシャイニー1箱分の開封結果を知りたい方がいたら、下記のページで1パック毎に全てのカードをわかりやすくまとめた画像全て掲載しているので、参考にしてください。 また、下記のページでは最近ジムバトルで優勝したデッキを紹介しています。 どれも優勝しているのでとっても強いデッキばかりなので、どのようなカードを揃えればいいかの参考になると思います。 下記のページでは、なるべく低コストでそろえられるカードばかりを使ったデッキレシピを紹介しているので、ポケモンカード初心者さんにとっては嬉しいレシピばかり。 何度も今回の記事で出てきた「GXウルトラシャイニー」ですが、これからカードを始める方にとっては本当にオススメのBOX。 正直1BOXでは、必要カードが1枚程度しか揃わないので、4BOX程度買った方が必要カードが揃うのですが、大変人気が高く入手困難が続いているBOXなので購入自体出来ない可能性も…。 「シロナ」も4枚揃えたいのですがシングルで買うには値段がまだ高く、手に入れるのが難しいカード。 そこでポケカードラボでは「シロナ」の代わりに使えるカードの紹介もしているのでそちらも合わせて読んでみてください。 現在ポケカードラボでは500記事以上あり、日本1の数を誇るデッキレシピを紹介しています。 いろいろ見てまわってお気に入りのデッキを見つけてくださいね。 ところで気になるマットは何? カード紹介の画像で使用している、カードの下に敷いているマットがコレ。 このマットは「プレイマット」と呼ばれており、これを敷くとカードを扱いやすくなるんです。 カードを直接テーブルに置くと最後の1枚が取りづらいですよね。 この「 取りづらい」を 解消してくれるのがプレイマットなんです。 下記はAmazonへのリンクになるのですが、たくさんのプレイマットを紹介しているので、お気に入りの1個を見つけてみてくださいね。

次の

安くて強いデッキ!安く組めるデッキレシピ17選!【初心者向け】←今後も続々追加

ポケカ デッキ 作り方

ムゲンダイナデッキ ポケモンカードゲームに収録されている【ムゲンゾーンの全収録カード】のムゲンダイナデッキ・内容を2020年の《ルール》に更新しました。 【ムゲンダイナ】デッキはポケカで登場しカテゴリー化されました。 今回はムゲンダイナVMAX デッキの回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。 「ムゲンダイナデッキ」とは 「ムゲンダイナデッキ」とは ムゲンダイナデッキの特徴は悪タイプ統一でベンチのポケモンを増やし、エネルギーも少なくドローしつつ動ける「環境デッキの1画」です。 「無限大な夢のあとのムゲンダイナデッキですの。 それと最近の大型攻撃ではありえないレベルのエネルギーの軽さが売りになっています。 ムゲンダイナの「エネルギー数」は非常に大事でもあり、その分他のポケモンをベンチに出さないといけないのでその調整もあったのかもしれません。 ムゲンダイナデッキの優勝デッキでは主にムゲンダイナを添えてのアローラペルシアンやタチフサグマ。 それとミラーではマニューラなんかもピックアップされてる印象。 まぁ・・・やっぱり2020年のポケカにおいて環境に入ると言われているだけあって、初日から大会での参加率が非常に高かったりしました。 その分今後は対策を取られるでしょうしピカゼクと合わせて弱点が多い格闘が優遇される可能性を信じるのがベストなのかも。 HPが非常に高いポケモンに対しても弱点を取れないのでhpが280を超える場合には2・3回攻撃しないといけないのでダメージ調整っぽいものが必要そうでした。 1劇で倒すのが難しい=エースバーンとかのカウンターとかそういったものに弱いのもあって、打点を展開するための手段は必須のように思えます。 ついでに、特性持ちカードを攻撃したい際に打点が上がるマニューラを採用しつつミラーも対応って・・・なんだこのゲーム と気楽に環境デッキを握りたい所ではあるんですがムゲンダイナデッキでは相場的に【】を4枚揃えるという所から難題が発生。 ただし、一応新規でドサイドンとかの新規を見るに『電気の環境シェアを崩すものが多く登場している』印象は受けますし今後の新規パックが注目される所。 現状で対策を打つとすれば、「イジヘンジン」と「ローズ」とか現状の格闘ポケモンの株が一気に上がったものを採用するとよさげ。 例えば、ミラーっぽいものではガラルマタドガスを採用するとベンチでの特性を消す事が出来たり、マニューラで1撃を決めるなどなど・・・数えるだけでも豊富です。 例えばメタレースで優秀なザマゼンタVに対して《》を入れるなど・・・対策カードに対して対策を悪タイプだけで出来るのは大きいですね。 【ムゲンダイナデッキ】大会優勝デッキレシピ 「ムゲンダイナ デッキの大会優勝デッキ欄です。 大会で優勝した際にはここで紹介していきますまた最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。 優勝者:林 ミイニ デッキ名:ムゲンダイナVMAX コメント:ムゲンダイナのネズは弱い。 優勝は[ナナトパパ]さんです。 優勝おめでとう!! パチパチパチ!! ムゲンダイナデッキの構築は主に悪タイプとベンチにポケモンを増やして、打点を増やしつつ戦うデッキになります。 それ故に『クイックボール』の採用も全てではなくて、構築も環境やその地域でのメタなどに特化したものが多数採用されている事が多いものとなりました。 また、ムゲンダイナデッキは先行を取った場合、2ターン目からVMAXに乗る事で240ダメージをたたき出す事が可能です。 と、初心者でも分かりやすい救済手段や回し方なのが特徴ではあるんですが最高打点をたたき出せても『270位』である事。 あとは、ムゲンダイナVMAXがエネルギー2個なので何だかんだですぐに戦況を整えつつ動けるというメリットを持っているのが利点でした。 悪タイプでは逃げるエネルギーをなくせる《》や《》を採用しておくことで、ムゲンダイナVMAXを即座に逃がしつつ「次の大型に備える」という動きが可能です。 ムゲンダイナVMAXもHPも340あるので弱点を付けれない限りは逃げやすく、ベンチポケモンとの入れ替えで簡単に次の手段に転じやすいのが嬉しい所。 まずはムゲンダイナデッキではVMAXを出して殴るというのを起点に、ミラーや相手に対して動ける後続を早く作るのが大事なデッキのようです。 【ムゲンダイナデッキ】の回し方その1:ムゲンダイナVMAXを出して、ベンチを増やそう! 「ムゲンダイナデッキって、やっぱりエネルギーが2個で動けるだけあって後攻だときついかもしれないけど、先行で安定したダメージをたたき出せるのは魅力よね。 ポケモンをサーチできるグッズを多めに採用して先行で安定して攻めていきたいわよ。 その上で早く序盤でカードを引いて「布陣を先に整える」のが大事なデッキですわね。 「まずエネルギーが軽すぎるってのは大きなポイントですよね。 後は先行であれば速攻で240点をたたき出せるというメリットもありますし、 イベルタルGX 言わずとしれたムゲンダイナと同ぱっくで収録されているカード。 手札からベンチに置くだけでドローできる効果持ち。 デデンネなどの採用枠の変更やクチートでのメタなども含めて「環境を変化させやすい新規」と言えるでしょう。 これも多めに採用しておきたい1枚で、盤面を意識して動くほかにも必須な条件が多いかもしれません。 《》や《》 採用しておくことで、ムゲンダイナVMAXを即座に逃がしつつ「次の大型に備える」という動きが可能です。 ムゲンダイナVMAXもHPも340あるので弱点を付けれない限りは逃げやすく、ベンチポケモンとの入れ替えで簡単に次の手段に転じやすいのが嬉しい所。 エネ破壊などの動きもあるのでナイトシティを採用してみたりするのも良いでしょう。 【ムゲンダイナデッキ】まとめ• ムゲンダイナを出してベンチを増やして最高火力!• クロバットや特性を生かして悪タイプオンリーの構築を作ろう!• ミラーにも対策可能。 弱点を突かれない悪タイプももちろんいます 【ムゲンダイナデッキ】まとめ 「ムゲンダイナデッキ自身がお金がかかるという面も含めて、攻撃力がそこまで高くないこと。 そして今後増えるVMAXを意識しての構築が増えているというのもあって非常にアーキタイプの1つとして悩ましい性能なのかもしれません。 特に対策が初日ですでにあったりしていたのもあったりしたのですが使うと分かる難しさってのがあったりします。 また、ベンチ干渉が出来てしまうので《》のようなベンチ操作系には結構ダメージが入ってしまったりHP管理しつつボスの指令などでコントロールしたりで対処されてしまったりもします。 如何せん『悪統一』故にカードプールも把握されやすく、LO デッキ切れ に弱い面や、盤面を作った後のケアが難しい事。 後は、ネズの採用も若干悩ましくデッキスペースに余裕も無いのでクロバットの価格も少しずつ安価になるのではないかと予想できます。 しかし作ってみないと分からないプレイングの幅と価格が足を引っ張って、子供には若干組めない印象も受けました。 ある意味これが1強になると嫌だなぁと思うのはそこで、資産ゲーという部類になりそうなアーキタイプでもある分早めの再録とかを願いたいですね。 ただクロバットの価格だけは本当に下がってくださいお願いしますなんでもしますから。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

STEP1 デッキを改造!

ポケカ デッキ 作り方

デッキケース なんと2個入りで100円のデッキケースです。 たぶん2重スリーブでも60枚収容できると思います。 開閉は安心のボタンタイプ。 カバンの中でカードをぶちまける心配がありません。 カラー展開は黒、赤、青の3色。 見た目もシンプルで大会に持参しても十分使えます。 デッキケースのケース ダイソーさんのすごいところは、上記のデッキケースを収容するケースも販売しているところです。 デッキケースが2個ぴったり入るケースです。 さらにデッキケースを収容した状態でも上部にもうちょっと余裕があるので、ダメカンやプレイマットを仕舞うことが出来ます。 片付けにかなり重宝します。 カードスリーブ カードを保護するためのケースです。 一般的にはカードスリーブと呼ばれ、ポケモンカード公式グッズはデッキシールドという呼び方をします。 カッコいいデッキシールドも持っていますが、家で遊ぶ用のデッキにはダイソーさんの透明カードスリーブを使用しています。 こちらは100枚で100円! しかも軟質、硬質と種類があります。 ポケモンカード公式のデッキシールドは64枚で700円ほどするので驚きの安さです。 ダメカンケース 電池を収納するセパレートボックスがダメカン入れにぴったりです。 10、50、100のダメカンとGXマーク、コインを区切りでわけて収納できるので取り出しやすくてとても便利です。 コレクションファイル 1ページ4枚収納できるコレクションファイルです。 カードサイズぴったりで50枚以上は余裕で入ります。 プレイマット プレイマットはさすがにありませんでしたので、ダイソーさんの滑り止めシートで自作してみました。 正規品の材質はラバーのようなので、似たような感じは出せています。 幅の狭いタイプは一人用、幅の広いタイプは二人用に使えます。 布用印刷シートを使って好みのイラストを貼り付けることもできそうです。

次の