ドイツ語レッスン 福岡。 博多校|英会話のアートリンガル外語学院【英・仏・西・伊・独語】

グループレッスン・ドイツ語

ドイツ語レッスン 福岡

グループレッスン ドイツ語はドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ベルギー、ルクセンブルクの公用語で、全体で約1億1000万人に話されています。 ドイツ語は文法が複雑で、初期段階で複雑な文法事項をしっかり身につけることが習得のカギといえます。 リタースクールでは、多くの方々がドイツ語を学ばれ、皆様に「ドイツ語を話す場」をたくさん提供しています。 言葉だけではなく習慣や文化、考え方、コミュニケーションのとり方様々な角度から語学の習得をお手伝いしています。 ドイツ語のレベル A1—C1 レベル1 A1. 相手に出身地などを尋ねる事ができる。 レベル2 A1. >レストランでメニューについて簡単な質問をし、簡単な答えを理解できる。 レベル3 A1. レベル4 A2. >単純でよくある話題に初歩的な会話で参加することができる。 レベル5 A2. >簡単な手続きであれば予約を取ることができる。 レベル6 B1. 道を尋ねられたとき答えることが出来る。 レベル7 B1. レベル8 B2. >来訪者を観光案内し、詳しく説明することができる。 レベル9 C. さまざまな分野の多様なテーマに関して、読む、書く、話す、聞くことが困難 なくでき、また、ニュアンスにとんだ自然なドイツ語を正確に使うことができます。

次の

英会話教室ベルリッツ 博多駅前校

ドイツ語レッスン 福岡

よくある質問 ドイツ語レッスンの料金はどのくらいかかる? ドイツ語教室では、約5,000~1万円程度の入会金が設けられていることがあります。 グループレッスンは1レッスンあたり約4,000~6,000円程度に設定されており、レッスン料は月単位または数カ月単位での支払いで、レッスン回数がパックになっていることもあります。 レッスン回数のパックでは、例えば3カ月12回のレッスンで5万円、パック料金であれば20回のレッスンで75,000円程度です。 マンツーマンの個人レッスンでは1レッスンあたり約4,000~7,000円程度が相場です。 グループレッスンと同じように、一定期間に4回、8回、10回など複数回のレッスンを受講するコースが一般的です。 6カ月や12カ月など、長期にわたるレッスンでは、レッスン期間に応じた割引が適用されることもあります。 ドイツ語レッスンの依頼における注意点は? 一般的に無料での体験レッスンが行われています。 開催日が指定されていたり、スケジュールが明示されていない場合もあるため事前に確認しておきましょう。 ドイツ語レッスンを依頼する流れは? ドイツ語レッスンを受講したい理由やゴールなどをなるべく詳しく記入し、レッスン依頼を出しましょう。 生徒の目的やゴールがしっかり描かれている方が、先生からのレッスン案内を多く受け取ることができます。 何人かの講師や複数の語学教室の、見学や体験レッスンを受けてみましょう。 複数の教室や講師を比較して、通いやすそう、レッスンを続けやすそうと感じる教室にまずは数ヶ月通ってみましょう。 ドイツ語レッスン業者の選び方は? 自分の目的に応じて選びましょう。 会話力を向上したいのであれば、会話を楽しむカフェレッスンのようなものや、留学生など「指導者経験が少ないけれど、ドイツ語で会話を楽しめるネイティブ」などと会話を重ねてもいいでしょう。 駐在する、仕事で使う、資格試験を受験したいなど学術的な目標を持っている場合は、指導経験の豊富な講師を選びましょう。 日本でドイツ語のレベルを図るための試験は主に2つあり、公益財団法人ドイツ語学文学振興会主催のドイツ語検定試験と、ドイツ政府委託機関ゲーテ・インスティテュートが運営する検定試験が挙げられます。 公益財団法人ドイツ語学文学振興会が主催するドイツ語検定試験は1級から5級までに分かれています。 ゲーテ・インスティテュート試験はA1(初級)からC2(上級)までの6つのレベルに区別されており、ドイツ政府が公認している試験のため、日本国外においてもドイツ語能力の証明として代用することができます。 また、ドイツへの留学や移住の際に必要であったり、就職試験のアピールポイントとして活用することができます。 その他気を付けるべきポイントは? レッスン時間は、体験レッスンが60分程度、実際のレッスンでは60~90分程度の設定が一般的です。 頻度は週に1~2回程度の受講ペースを選ぶ生徒が多いです。 教室によっては、120分のレッスンを14日間で行う短期集中型のコースなどもあります。 いつまでに習得しなければいけない、留学や出張の日程が決まっているため勉強できる期限が決まっているなど、集中して学びたいときに適しています。

次の

アートを学ぶ

ドイツ語レッスン 福岡

新規お問い合わせ専用 0120-5-109-23 語学を学んだ先のなりたい自分を目指す。 私たちがパートナーです。 ベルリッツ福岡天神ランゲージセンター マネージャーの板倉です。 福岡天神ランゲージセンターは、ビジネスパーソンや専門職の方、主婦の方など様々な層の皆様にご通学いただいております。 また、幼児、小学生、中高生、大学生などの学生の皆様もご通学いただいている方が増えているのも特徴です。 年齢や性別が違うため、それぞれに到達目標やご希望は異なりますが、どのレッスンにおいても達成感とご満足を実感いただけるレッスンの提供を常に心掛けております。 また、外国人教師・日本人スタッフ・生徒様がとても仲が良く、ランゲージセンター内はいつも笑い声が溢れております。 アットホームでありながら目標達成のサポートもしっかりとさせていただける当ランゲージセンターへぜひお気軽にお立ち寄りください。 マネージャー:板倉 由布子 福岡天神ランゲージセンターってどんなところ? 福岡のみならず九州全域からもお問い合わせをいただき、週末を使って長崎、熊本など県外からのご受講の方も多くいらっしゃいます。 北九州、山口、佐賀、長崎、宮崎、大分、熊本、鹿児島、沖縄など遠方にお住まいの方にベルリッツの質の高い英語レッスンをお届けするためBerlitz Virtual Classroomのオンラインレッスンのご用意もございます。 ご自宅PCからの体験レッスン・お電話での受講相談も承っておりますのでぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。 下記、「動画で見る、ベルリッツのレッスンの進め方例」です。 ぜひご参考までご覧くださいませ。 センター内でのレッスン提供の他、大学・企業様向けに教師の派遣も行っております。 語学習得に励まれる皆様の個々のニーズに合わせたきめ細やかなサポートをモットーに、アットホームで心地よいセンターにしていくため、教師スタッフ一同、日々精進しております。 ベルリッツスタッフ、教師、センターを作り上げてくださった職人さんなど、たくさんの人の力を集結させてできあがったセンターです。 皆様も語学習得に、異文化交流に足を運んでみてくださいませ! 教師スタッフ一同、心よりお待ちしております! Welcome to the Fukuoka-Tenjin Language Center! Our LC has been in Fukuoka for over two years, providing the Fukuoka and Kyushu area with a variety of language courses and seminars. Please stop by during our working hours so that we can show you how the Berlitz difference can help you realize your full potential. Sincerely, Manager of Instruction, Christopher Blakely 20代・30代のみなさまを応援する「20代・30代応援割引!スペシャルキャンペーン」を実施中!福岡天神・博多駅前校限定、通常より大変お得な料金で、ご受講いただけます。 最短距離でスコアアップを目指すのはもちろん、学習内容が「実際に話せる英語」につながるように、工夫された授業設計になっています。 日中趣味で続けたい主婦の方、大学生の方、仕事帰りのOLの方などにおすすめの、お得な月謝制マンツーマンコースをご用意しました。 詳しくは福岡天神ランゲージセンター、博多駅前ランゲージセンターまたはフリーダイヤル(0120-5-109-23)までお問い合わせください。 月謝制コース受付中です。 お気軽にランゲージセンター、またはフリーダイヤル(0120-5-109-23)までお問い合わせください。 目標と現在のお力に合わせて、カスタマイズされたカリキュラムをご用意。 【コースの特長】• ・一人ひとりにカスタマイズされたプログラムで、最短学習• ・講師と二人三脚のマンツーマンレッスンで、目標達成を目指す• ・進捗サポート、完全個室の自習室も完備 プログラムの詳細、無料受講相談のお申込みは、 よりご確認ください。 Q:シドニー語学研修での体験談をお聞かせ下さい。 この語学研修は大変濃い毎日でした。 私が最も衝撃をうけた授業は、クラスの皆でひとつの議題を決め討論する授業です。 様々な国から個性豊かな生徒が集まり議論する為、クラスはとても盛り上がり、困った時には皆でサポートし合います。 日本の講義では、このように聞かれても沈黙が流れることで先に話が進む傾向がありますが、海外ではそれは求められないルールでした。 文法が曖昧でも自分の意見に自信がなくても、自分の考えを伝えることを諦めてはいけないことを学びました。 また語学研修中は皆で全て英語で話すことを決め、分からない単語やフレーズなどはクラスの皆でサポートし合いました。 そこからまた相手へこれを今伝えたい!などの気持が生まれ、私は毎日言えなかったフレーズを夜に日記帳へ書き、次は言えるように!と毎日挑戦していきました。

次の