クレマチス 剪定。 クレマチス・ジャックマニーの育て方や剪定方法とは!?

新枝咲き剪定(四季咲き)…一番簡単で初心者向き(クレマチス)

クレマチス 剪定

クレマチスとは クレマチスとはキンポウゲ科のつる性の植物で、北半球に温帯に多く分布しています。 その種類は250から300種類ほどあり、日本にも20種類ほど分布していると言われています。 その特徴は大きな花を咲かせるところで、品種によって様々な花の形を楽しめます。 特に八重咲きの品種は豪華な花の姿が美しいので庭全体を華やかに彩ってくれますし、四季咲きの品種は年間を通して繰り返し花が咲くのでそれぞれの季節で楽しめるようになっているのです。 ほかにも品種の多さや複雑さも特徴の一つと言われていて、初心者向けから上級者向けまで育てやすさが異なっている点や庭のテーマ性に合わせたものを選べるところが魅力とも言われています。 テッセンとは テッセン(鉄線)は中国原産のキンポウゲ科のつる性の植物であり、茎が細長く質が堅いところから名づけられました。 同じ分類であるカザグルマと近縁で、室町時代には日本に中国から渡来した歴史を持っています。 このため日本では、昔から親しまれている花として人気を集めているようです。 丈夫なツタは1mから3mほど伸びると言われていて、春になると6枚の花弁をつけた大きな花とギザギザとしたたくさんの切れ込みの入った葉をつけます。 花の種類は品種改良や品種の増加によって様々なバリエーションのものが楽しめるようになっていて、色々な種類のテッセンから好みのカラーリングのものを選べるところが魅力の一つです。 2つの違いについて クレマチスとテッセンは同じキンポウゲ科のつる性の植物であり、元々テッセンはクレマチスの原種の一つだとされています。 スポンサードリンク そのため分類としては、クレマチスの中にテッセンが含まれていると言う形になるようです。 このためクレマチスとテッセンにはそこまで大きな違いはないのではないかと思われがちですが、ポイントとなっているのが「品種として扱われているかどうか」だと言われています。 クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属に属している花の総称の一つとして認識されていて、クレマチス属という品種も存在しています。 それに対してテッセンはあくまでクレマチスの品種改良された結果の一つであり、学界では品種としては取り扱われていないようです。 つまりクレマチスという大きな品種の中にテッセンという花の種類があるだけなので、厳密にいえばこの2つは同じものではないと言うことになります。 見分け方のポイントは テッセンはクレマチスの一種なのでなかなか見分けがつかないと言う人も少なくないのですが、クレマチスとテッセンを見分けるためのポイントは「花弁の色」と「雄しべの形」にあります。 まず花弁の色ですが、テッセンは白や紫を基本としています。 品種改良によってピンクや赤の花弁のものも増えてきているのですが、一般的に流通しているものには白が多いようです。 それに対してクレマチスの場合は青や紫のものが多く、ほかにも種類によっては幅広いカラーバリエーションが挙げられています。 また雄しべの形ですが、テッセンの場合は花弁化しているので外側に複数の雄しべが広がっています。 それに対して、花弁が6枚付いている状態となっているのが特徴です。 クレマチスはテッセンのように特徴的な形をしているわけではなく、一般的な花のように雄しべと雌しべがしっかり区別できます。 このためクレマチスとテッセンを見分ける際には、花弁の色よりも雄しべの形で見分けた方がわかりやすいようです。 Advertisement• 昔から、桜切るばか梅きらぬばか、という言葉があり、桜の木は切ってはいけないと言われてきました。 なぜこのようなことがいわれるかというと、桜の木は切ってし[…]• ノリウツギは、もともと日本に自生している植物ですが、花の色がいろいろと変化してきれいなので、庭木としてとても人気があります。 園芸用に品[…]• クリスマスツリーといえば、モミの木が一番に思い浮かびます。 モミの木といえば、思わずテレビアニメの名作「アルプスの少女ハイジ」に出てくる大きなモミの木を[…]• 目次 1. 虫除けに有効なおすすめのハーブはペパーミント2. ゼラニウムも蚊よけに効果的3. ローズマリー・カモミールも虫除けに効果的 虫除けに有効な[…]• 近年シンボルツリーとして庭に植えることがとても人気を集めているようですが、その中で人気の庭木として知られるようになったのがシマトネリコと呼ばれる樹木で[…]• 目次 1. サルトリイバラの葉 の特徴は2. サルトリイバラの葉の保存方法3. 柏餅の皮に使われる サンキライ(サルトリイバラ) の塩漬けのの方法4. […]• 夏は庭のやぶ蚊に悩まされる人が多くなる季節ですが、水たまりなどをなくす努力をしてもどうしても多少はいるものです。 最近は特に蚊が媒介するデング熱が話題に[…]• 北側は日当たりが悪いので、植えられる木の種類は限られてきます。 しかし庭が北側にある場合は、ガーデニングを日当たりの悪い場所でしか楽しめないので、生命力[…].

次の

クレマチスの育て方!3つの咲き方タイプで違う剪定方法!

クレマチス 剪定

クレマチスといえば丈夫なツルを伸ばして、美しい花を咲かせるツル性植物です。 別名 「ツル性植物の女王」とも呼ばれ、多くの方々に愛されています。 そんなクレマチスは実は230種以上の種類があることをご存知でしたか? そして花の付け方で大きく3つに分けることができるのです。 この分け方を正しく知らない方が意外と多くいらっしゃいます。 なぜそう思うか? というと、私のところによく来る質問にこたえは隠されています。 なぜならクレマチスの 剪定(せんてい)が分からないという内容がダントツで多い! そしてこの剪定が分からない!には理由があります。 それは花の付き方のタイプ分けを正しく理解していないからなのです。 またタイプ分けでは植える花の付く時期や、それによる植える時期の微妙なズレ込みがあります。 今回は3つのタイプ分けについてを中心に、クレマチスを紹介しますので見ていきましょう。 質問に多い剪定についても触れていきますので、ご安心くださいね。 Contents• クレマチスの育て方を正しく知るための3つのタイプ分け 最初にクレマチスの花の付き方による3つのタイプ分けを説明します。 ここを理解しないと育成工程の剪定が分からなくなってしまいます。 しっかりと押さえていきましょう。 3つのタイプとは• 旧枝咲き• 新枝咲き• 新旧枝咲き の3つに分かれます。 それぞれの特徴はまず植える時期が異なるということ。 それぞれのタイプを簡単に説明していきますね。 旧枝咲き 旧枝咲きのタイプは前年に生えたツルから花を咲かすタイプです。 植えるタイミングは2月~3月の成長期を迎える直前が適します。 新枝咲き 新枝咲きは新しく生えたツルから花を咲かします。 またこのタイプは古いツルからは花を咲かせません。 春に新しい芽を出し、夏には多くの花を付けます。 そのため1~3月頃に植えるとちょうど良く育ちますよ。 新旧枝咲き 新旧枝咲きは上の2つの性質を併せ持ちます。 どんなツルにも花を咲かすことが特徴です。 植える時期は1月中旬から3月中旬が適しています。 花の咲き方での3つのタイプ分けは押さえられましたか? 植える時期に大きな違いはありませんが、細かく見るとといったところで参考にしてください。 次はタイプ分けをしたものの代表例を、いくつか見ていきましょう。 【おすすめ記事はこちら】 クレマチスの分類別の代表例 ここでは3つにタイプ分けしたクレマチスの、それぞれの目安となる品種を紹介します。 クレマチス栽培の際にお役立てください。 旧枝咲きの品種 シルホサ系、、が含まれます。 ここの品種は早咲きな点が特徴です。 4月の終わり頃に開花をするタイプですので、覚えておきましょう。 新枝咲きの品種 、ビキセラ系、などが含まれます。 ここの品種は思い切って剪定を強めにやれば、四季咲きとしてクレマチスを楽しむことが可能です。 四季咲きと言われると1年中花を咲かせるのかと思われがちですが、そうではありません。 実際は株が充実して、開花する気温になったらいつでも咲くという条件付きです。 1年中咲きっぱなしというわけではないので、過度な期待がないよう注意しましょう。 新旧比較咲きの品種 、、ラヌギローサ系が含まれます。 ここの品種は剪定を繰り返すことで四季咲きが楽しめる品種です。 いかがでしたか? 品種もかなり多いですが、タイプごとに分ければ割と育てたい品種も見つけやすくなるかもしれません。 次からは質問に多い工程の説明です。 この説明に3つのタイプ分けの知識が必要なんです。 覚えきれてない方は先に復習してくださいね。 そしてこの部分がクレマチス栽培の初心者の方には分かりにくいようなのです。 旧枝咲きの剪定 旧枝咲きの剪定では大きくバッサリ切ることはできません。 花首(花のすぐ下)か、それより一節下の部分を切ります。 クレマチスの一節とは葉と花の間、或いは葉と葉の間です。 ここの場合は花とその下の葉の間の茎の部分となります。 そうすると切ったところから新枝が伸びます。 この新たな枝は翌年の花を付ける枝となりますので取っておきましょう。 ポイントは節の真ん中で切ることです。 葉のすぐ下で切ると芽まで枯れてしまう可能性があります。 また古い枝を切るのですが、断面が緑なら生きている枝の証ですのでそれを確認しながら作業できますよ。 新枝咲きの剪定 新枝咲きの剪定はバッサリと根元から切ってしまって問題ありません。 バッサリと剪定をした部分から脇芽が出て、それにそのまま花が付きます。 新しい枝に花が付くので、簡単に長期間で花を楽しむことができるのです。 新枝咲きのクレマチスは冬には根元の枝まで枯れます。 地中に残った部分から新芽が出るのです。 枯れてしまったところは芽を付けることはないので、切り取ってしまってください。 また冬でも残る枝が稀にあります。 そちらは芽を付ける可能性があるので切らずにおきましょう。 新旧枝咲きの剪定 新旧枝咲きの剪定は開花後に二節程度を剪定します。 こちらも節と節の真ん中を切るようにしてくださいね。 そこから脇芽が出て花を咲かせます。 新旧枝咲きの注意点は単純に新しい枝、古い枝の両方に花が付くのではない点です。 昨年の枝から今年の新しい枝が出ます。 その新枝が成長するとそこに花を付けるのです。 管理自体は新枝咲きに近いので強めの剪定にも耐えます。 ですが花後の剪定をしないと次の花を付けません。 3つのタイプごとの剪定方法はいかがでしたか? やり方から注意点まで、割と異なりましたよね。 基本的な知識がなく、剪定についてだけ調べると混乱する理由です。 剪定方法がたくさんあるのではなく、タイプによって異なるのです。 またこの剪定方法の違いで、新枝咲きタイプが初心者の方でも育てやすいタイプと言えます。 続けて冬の剪定時にやりたいツル下げについて紹介していきます。 クレマチスのツル下げについて クレマチスの新芽が出た頃の剪定とセットで、 ツル下げという言葉が登場します。 冬の剪定のやり方と併せて覚えてください。 まず冬場に行う剪定は弱剪定と呼ばれます。 この工程が必要なタイプは主に 「新旧枝咲きタイプ」です。 弱剪定は新芽が出始めた冬に実施します。 まずは枯葉を全て取り除きます。 ハサミなども使い、綺麗に取り除いてください。 次に枯れた枝を剪定します。 芽が付いていないものだけに実施しましょう。 膨らみがある部分は芽がありますので、そうした部分は切り取らないでください。 若い株だと根元近くまで剪定することもありますが、それが普通ですので心配しなくて大丈夫です。 文章だけではわかりにくければこちらの動画を参考にしてみてください。 短くわかりやすくまとまっているので見やすいですよ。 そんなに難しい作業ではないですよね? そしてこの後に「ツル下げ」をします。 ツル下げとは名前のまんまで、ツルを下に下げることです。 株元や下の方にツル(枝)を巻きつけ直す作業を指します。 この時に表面が割れても問題ありません。 中の部分まで折れないように注意して巻きつければツル下げは完了です。 ツル下げをすることで上の方だけに花を付けてしまうことを防ぐことができます。 表面が割れても問題無いのと、花を綺麗に咲かせるために必要です。 恐がらずに実施してください。 ツル下げについては理解できましたか? 比較的、クレマチスを調べると出てくる単語ですので覚えてしまいましょう。 それでは最後にまとめとおさらいです。 多くの方が花の咲き方による3つのタイプ分けを正しく理解できていなかったのです。 皆さんはもう大丈夫ですよね? またそれを理解していなかったためにクレマチス栽培の剪定の工程内容で混乱していました。 タイプ分けの説明後に、剪定の説明を見たら理解できましたよね? それぞれの剪定方法を見て、自分が育てている、あるいは育てようと思っているクレマチスの種類の確認をしてみてくださいね。 その上で正しい剪定をしてあげましょう。 また特に何も決めていない初心者の方は、新枝咲きタイプを選ぶことをおすすめしています。 自分が育てられるものをしっかりとチョイスして、「ツル生植物の女王」クレマチス栽培を楽しみましょう。 【関連記事はこちら】.

次の

クレマチスの育て方|ヤサシイエンゲイ

クレマチス 剪定

クレマチスには花が咲き花を楽しんだ後に次の花(2番花、3番花)を楽しむための大事な剪定作業があります。 この剪定作業にはタイプ別に剪定のやり方が分かれており、その方法を実際に剪定を行いながら画像で紹介していきます! 新枝咲きと新旧両枝咲きのクレマチスには大きく分けて年に4回の剪定時期があります。 剪定の時期 剪定の方法 剪定の理由 1回目の剪定 春:1番花の後 5月〜6月 強剪定 春は生長が旺盛なので深めの強剪定をしてもしっかりと2番花を楽しめます。 2回目の剪定 夏:2番花の後 8月〜9月 中剪定 夏の暑さで少し生長が衰えることがあるため少し弱めの中剪定にして秋の3番花を楽しもう。 3回目の剪定 秋:3番花の後 10月〜11月 花柄を摘み取るだけ 剪定はしない 新枝咲きタイプは冬には根元から全て枯れてしまうので剪定はせずに花柄を摘み取るだけにしておきましょう! この時期に剪定をしても冬には開花しません。 剪定をして無理に生長させるよりはそのまま翌年の為に体力を温存させて冬越しの準備をしましょう! 4回目の剪定 冬:春の準備 12月〜2月 強剪定 植えつけてから1〜2年位の株や生育が思わしくない株、地中から1本だけしか生えていない1本立ちの株の場合は地際で剪定し地中からの新芽の生育を促して複数の株立ち状態を目指しましょう! 春や夏の剪定(1〜3回目)というのは基本の剪定方法はありますが、花後の状態やその時の気分や状態などを見ながら臨機応変に剪定個所を変えながら行う事が多いので剪定方法に自由度があります。 今回、このページで紹介する剪定のタイプというのは 真冬に行う4回目の剪定方法を元にタイプ別に分けて紹介していきます。 新枝咲きタイプ:強剪定 新枝咲きタイプのクレマチスは冬になると全て根元から枝が枯れてしまいます。 翌年にはその古い枝には基本的には芽が付かず地中より新しい芽が出てきますのでそちらを育てていくことになります。 一部、冬でも枝が枯れずに枝が残る場合があり、その場合は残った枝の節に新芽が育ってきますのでそちらを大事に育てることもできます。 春に地中から伸びる新芽と枝の節から伸びる新芽高低差を付けて育てても良いとされています。 真冬の剪定方法:強剪定を推奨いたします! 新枝咲きクレマチスの主な系統! テキセンシス系、ヴィオルナ系、インテグリフォリア系、ビチセラ系、ヘラクレイフォリア系、フラミュラ系、など(一部含まれない品種もあります) 新旧両枝咲きタイプ:任意剪定・強剪定 新旧両枝咲きタイプのクレマチスの場合、主にフロリダ系と呼ばれる任意剪定の種類と、ジャックマニー系(遅咲き大輪系)と呼ばれる強剪定の種類があります。 両者とも新旧両枝咲きのクレマチスなので基本的には同じような剪定方法で良いのではないかと私は思います。 我が家のクレマチスを見比べるとフロリダ系:はやて(写真1)、フォンドメモリーズ(写真2)は冬になっても枝が枯れずに休眠しているような感じで比較的高い位置の節から新芽が出てきていました。 ジャックマニー系のハーグレーハイブリッド(写真3)は冬にはかなりの部分が枯れてしまい、下から3節目くらいまでは新芽が出ていましたがそれより上は枯れてしまっていました。 このような違いからもフロリダ系は任意剪定をジャックマニー系は強剪定を!と言われるのではないでしょうか。 実際にジャックマニー系の物の方が地中からの新芽が多く出ていたように思います。 新旧両枝咲きクレマチスの主な系統! フロリダ系、ジャックマニー系(遅咲き大輪、一部早咲き大輪系を含む、タングチカ系 旧枝咲きタイプ:弱剪定 旧枝咲きタイプのクレマチスは基本的に1年に1回だけしか花が咲かない一季咲きと呼ばれるものとなります。 春に前の年に伸びた旧枝の節々から新しい芽が伸び、1〜3節くらい伸びると花が咲きますので前年の夏以降に深めの剪定をしてしまうと既に出来上がっている花芽を一緒に失う事になりますのでご注意ください。 この旧枝咲きの品種では花後に花柄だけを摘むか、一節くらい下で弱剪定を行うくらいでその後は冬に枝が枯れるまで枝を増やしながら蔓をドンドン伸ばしてあげるのが旧枝咲きの品種の育て方になります。 この時にできるだけ多くの枝と蔓を伸ばすことで翌年の花の数が大きく変わってきます! 旧枝咲きタイプはこのような育て方の品種なので剪定は花後から6月中くらいまでの期間と花が枯れた冬の時期に枯れた枝の節の状態を見ながら節に大きな新芽の膨らみがある部分を残してその先の枯れている部分だけを剪定する弱剪定を行うようにします。

次の