タイガース 映画。 ザ・タイガース 世界はボクらを待っている

阪神タイガース THE MOVIE ~猛虎神話集~の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

タイガース 映画

この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年5月) 本作はと製作、東宝の配給でに封切公開された。 監督は、『』(。 タイガースもゲスト出演)、『』(1968年)など、やの主演映画を手がけた和田嘉訓。 の全作や、『』()をはじめとする主演映画など、東宝の娯楽映画を多く手がけたが脚本を担当、シリーズなど監督とのコンビで知られ、後に映画『』(、主演)を手がけたが撮影を担当している。 和田監督によると、人気絶頂のタイガースの多忙なスケジュールのためにとにかく撮影時間が少なかったという。 10曲以上のを入れるため、多様なシチュエーションを考慮した結果(作中では、コンサートやテレビ番組収録など、挿入歌のために様々なシーンが設けられている)、ストーリーの本筋はやや無理があるものになってしまった。 また挿入歌の多さから、映画の半分近くがタイガースが歌っている場面に占められていることからも、浅いストーリー展開は致し方ない面もある。 それでも、映画館に集まったファンは銀幕に映るメンバーに歓声を送ったらしい。 作中でジュリーことが、「映画館でご覧のみなさんも一緒にお願いします」と語りかける場面まである。 王女シルビイ役に、当時タイガースと同じ所属の新人歌手・ が抜擢され、劇中で「星のプリンス」をタイガースとデュエットし、綺麗なハーモニーを披露している。 は、本作以後全てのタイガース主演映画(全3作)のヒロイン役として出演することになった。 当時「星の王子様」を自称し、キザを売り物にしていたがナルシス殿下という役名で特別出演し、王女シルビィの従者として和田監督作品の常連・が登場、さらにはザ・タイガースの警備を担当する刑事役でも出演している。 本作で登場する円盤は、『』(1965年)のの円盤が使用された。 『』の1996年1月号の『』の特集の中で『ハード』が与えた影響作として『』やの出演作と共に本作が取り上げられた。 なお『ザ・タイガース』3部作で東宝が製作するのは本作だけで、次作『』とその次作『』は、「」のが渡辺プロと共に製作している。 あらすじ [ ] アンドロメダ星の王女シルビイは、婚約者であるナルシス殿下との結婚が悩みの種。 従者のベスとヘラクレスを従え憂さ晴らしに宇宙船でドライブを楽しんでいた。 興味を持った地球へ向かう途中でザ・タイガースの演奏に影響され、日本の砂浜に不時着してしまう。 シルビイは1人でザ・タイガースのコンサート会場を訪れるが、出待ちのファンに巻き込まれ階段から落ちて気絶してしまう。 そんな彼女を助けたのがザ・タイガース。 シルビイはジュリーに恋心を抱くようになる。 シルビイを連れ戻そうとするベスたちやアンドロメダ星から派遣された秘密警察員からシルビイを守るザ・タイガースのメンバーたち。 行く場所のないシルビイを匿うことにし、ジュリーのアイデアで男装のバンドボーイとした。 シルビイはジュリーを始めとするメンバーたちと楽しい日々を過ごす。 しかし、追っかけのファンに女性であることがバレてしまい、雑誌に記事が載ってしまう。 シルビイを庇うジュリーに対してリーダーとして厳しい意見を言うサリー。 そのやりとりを聞いていたシルビイは、タイガースのメンバーたちに黙ってベスとヘラクレスがいる宇宙船へ戻る。 しかし、ジュリーへの想いを断ち切ることが出来ないシルビイは、ベスの協力でジュリーを宇宙船に呼び出すとそのまま飛び立ってしまった。 での新曲発表会が始まった。 宇宙船内のスクリーンに映される会場の様子を辛そうに見るジュリー。 シルビイは、ジュリーが地球にいる人々と話が出来るようにする。 ザ・タイガースの演奏が宇宙船の飛行に影響することを知ったジュリーは、自分の状態を伝え、演奏を盛り上げて欲しいと訴える。 会場のメンバーたちは宇宙船にいるジュリーと「シーサイド・バウンド」を必死に演奏すると、会場内外の人々が「ゴー・バウンド!」と大合唱する。 コンサートの大音響は宇宙船にも届き、またも制御を失って地球に舞い戻ってしまう。 武道館に戻ったジュリーに送られる数多くの声援に、シルビイは「ジュリーはみんなのものだ」と悟り、宇宙へと去っていく。 そしてザ・タイガースはアンドロメダ星へ帰って行く彼女のために、新曲「銀河のロマンス」を捧げるように演奏するのだった。 収録曲は、既にリリースされたシングルEPのAB両面10曲を中心に構成され、新曲は「イエロー・キャッツ」のみ。 曲順は本作での登場順に合わせてあるが、実際のサウンド・トラックとは異なっている。 「イエロー・キャッツ」は後のコンパクト盤に収録された。 曲名 時間 作詞 補作詞 作曲・編曲 01 君だけに愛を 3'23" 橋本淳 すぎやまこういち 02 銀河のロマンス Instrumental 1'38" すぎやまこういち 03 モナリザの微笑み 2'50" 橋本淳 すぎやまこういち 04 花の首飾り 3'53" 菅原房子 なかにし礼 すぎやまこういち 05 僕のマリー 2'56" 橋本淳 すぎやまこういち 06 落葉の物語 4'04" 橋本淳 すぎやまこういち 07 真っ赤なジャケット 3'10" 橋本淳 すぎやまこういち 08 イエロー・キャッツ 3'06" 橋本淳 すぎやまこういち 09 星のプリンス 3'33" 橋本淳 すぎやまこういち 10 こっちを向いて 3'42" 橋本淳 すぎやまこういち 11 シーサイドバウンド 3'15" 橋本淳 すぎやまこういち 12 銀河のロマンス 3'46" 橋本淳 すぎやまこういち キャスト [ ]• :ジュリー• :サリー• :タロー• :トッポ• :ピー• :シルビイ• :ヘラクレス• :ベス• :ナルシス• :雅子• :京子• 美保くるり:早苗• :みどり• :中江• :田村• :早瀬• :犬をつれた青年• :おばさん• 田中淳一、、:秘密警察員• :医者• 浦山珠実:看護婦 スタッフ [ ]• 製作:、五明忠人• 監督:和田嘉訓• 脚本:• 音楽:、• 撮影:• 美術:育野重一• 編集:池田美千子• 録音:吉岡昇• 照明:山口虎男• スクリプター:岩井高志 映像ソフト [ ] 1998年2月1日、本作を収録したビデオソフトが東宝から発売された。 2007年10月26日と2014年2月7日には、同じく東宝から本作を収録したが発売された。 同時上映 [ ] 『』• 『ドリフターズですよ! 』シリーズ第3作。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

阪神タイガース THE MOVIE 猛虎神話集 : 作品情報

タイガース 映画

ミスター・ルーキー Mr. Rookie 監督 脚本 井坂聡 原案 製作総指揮 出演者 音楽 主題歌 「バカだから」 撮影 編集 製作会社 (「ミスター・ルーキー」製作委員会) 大阪支社 配給 公開 上映時間 118分 製作国 言語 興行収入 4億3000万円 『 ミスター・ルーキー』(英題: Mr. Rookie)は、球団・を題材にした(平成14年)公開のである。 監督は。 (巨人)などでプレーした元・が主演し、しかも彼の役柄が巨人のライバルである阪神の選手という設定で話題を集めた。 出身の井坂監督のこだわりによるスピード感のあるリアルな試合シーン、阪神球団の全面協力のもと球場スタッフや応援団に至るまで本物を揃え、最大3,000人ものを動員したの迫力ある映像が見どころ。 全編、ソニーが開発したデジタルハイビジョンカメラ「」で撮影された。 解説 [ ] 本作は阪神タイガースの全面協力体制によって制作されており、、、、、ら当時の阪神の現役選手や、OBのらが選手役で出演しているほか、阪神のであるでのも実施された。 また、阪神戦中継で実績のある(ABC)の協力を得て、などのABCが出演するほか、ABCラジオのゲスト解説・専属解説をそれぞれ務める阪神OBの・がABCの役で登場している。 審判団はのOBが務めた。 しかし、など一部の阪神OBは、阪神に在籍していなかった選手が阪神のユニフォームを着ることに対して強く反発し、この映画への出演要請を断っている。 とりわけ、主役を務めたのが阪神のライバル・巨人のOBである長嶋一茂であることがさらに強い反発を呼んだ。 劇中、バースが登場するシーンで「阪神が優勝した時の4番」というセリフがあるが、バースは優勝した(60年)はほぼ全ての試合で3番を打っており、このセリフはバースではなく掛布が登場する予定だった名残である。 劇中の選手やコーチは、主に・・の社会人野球選手が演じており、各選手のは基本的に全て本来の所属チームでの背番号である。 なお、当時大阪ガス所属で背番号14の阪神中継ぎ投手を演じたは後に実際に阪神に入団したが、その際も背番号14が与えられた。 ただし、背番号の上の英字名は、本作中では「NOUMI」であるのに対し、プロ入団後は「NOHMI」である。 甲子園球場のボールボーイ、球場スタッフ、球場警備員、売り子、員は全て本物である。 劇中では阪神のマスコットの、ラッキー、ガリバーズファン役の巨人応援団及び巨人ファンも登場する。 エキストラ3万人が一般公募され、2001年(平成13年)10月から11月にかけ3週間撮影に臨んだ。 ・・も、阪神の対戦相手としてわずかながら登場しており、それぞれ「撮影協力」としてクレジットされているが、劇中終始にわたって対戦する、現実の巨人にあたるチームは「東京ガリバーズ」という架空のチームに変更されている。 ユニフォームのカラーリングなどは現実の巨人に準じており、応援団も実際の巨人の応援団が演じている。 なお、現実のにあたるチームは登場していない。 原案は井坂監督の友人で、『』の監督や『』などの脚本を手がけたによるものだが、当初は「最後には阪神が負ける」という設定だった。 しかし、井坂は「日本的な負けの美学ではなく、ハリウッド式に気持ちよく勝って終わるようにしたい」と、全く違うエンディングにした。 映画の最後では、「」がフルコーラスで歌われる。 劇場公開中、阪神が勝利した翌日の初回上映は、入場料金が1,800円から1,000円になった。 (平成15年)の夏以降、阪神の優勝が現実味を帯びてくると、本作のDVDへの追加注文が増加した。 同年8月25日には地上波で 系列・朝日放送製作キーステーションで「夏休み特別企画・阪神タイガース優勝祈念特番」として『』と『』を休止して本作が放映された。 阪神の特番がテレビ朝日系列でに放送されるのは極めて異例なことであった。 (平成19年)12月31日には、系局のにて、朝日放送・テレビ朝日でカットされた部分も含めて放映された。 なお、実際のルールであるではプロ野球選手の兼業(昼は常勤会社員として働くこと)は禁止されている。 背番号に関しては、2006年以降は選手は100番台の背番号をつけることはできないが、劇場公開当時のには特に規定はなかった。 あらすじ [ ] 時は200X年夏。 阪神タイガースは、突如登場した「ミスター・ルーキー」の活躍で快進撃を続けていた。 虎柄の覆面をかぶったミスター・ルーキーは甲子園でのホームゲームにだけ登板し、彼が投げるとチームは連戦連勝を重ね、優勝にあと一歩と迫るのだった。 ミスター・ルーキーの正体は公式には一切謎とされており、瀬川監督も「甲子園の主や」とだけ語る。 しかし、覆面を取ったその正体は、ビール会社の営業マン・大原幸嗣であった。 大原は自分がミスター・ルーキーであることを同僚にも家族にも告げず、「二足のわらじ」を続けているのだった。 大原は若い頃はプロ間違いなしと言われるほどの実力であったが、出場を目前にした東東京大会の決勝戦で肩を故障し、プロへの道を諦めていた。 ある日、大原はの河川敷での父兄野球でピッチャーとして登板。 しかし立派な体格の割に、かつて痛めた肩のせいで球威は全くなく、簡単にヒットを打たれた。 ムキになって本気を出そうとした大原だったが、球を投げた瞬間、肩に激痛が走りうずくまった。 しかし一瞬見せた素人離れした身のこなしが、ピッチングフォームを見ていた謎の中国人整体師・楊の目に留まった。 彼の薦める薬「神獣霊虎膏」を塗り、彼の指示に従ってマッサージとリハビリを受けると、10年以上治らなかった肩の痛みが次第に消えて剛速球が復活した。 その噂を聞きつけた瀬川監督が、会社帰りに登板できるホームゲーム限定の覆面投手として獲得を申し入れてきたのだった。 大活躍を続けるミスター・ルーキーにあやかり、大原の会社では新商品として「ルーキービール」の企画が持ち上がった。 その承認を受けるため、大原が交渉役を務めることになった。 瀬川監督に相談した大原は、条件として「ミスター・ルーキーが甲子園以外でも登板すること」を言い渡された。 会社のためにその条件を呑んだ大原だが、過酷な二重生活がたたり、ミスター・ルーキーの成績は急降下。 チームメイトとも喧嘩を起こし、ついに二軍降格となってしまった。 失意のうちに帰宅した大原は、事情に気付いていた妻・優子から問いつめられ、これまでの経緯を話すことになった。 「もう野球は止める」という大原だが、優子からは逆に「せっかくかなった夢を捨てるのか」と鼓舞激励され、さらに少年野球に打ち込む息子・俊介の姿を見て一念発起し、再びミスター・ルーキーとして阪神タイガースに復帰した。 そしてついに、セ・リーグ優勝を懸けて東京ガリバーズとの最終戦に挑む。 キャスト [ ] 大原幸嗣: 東京出身。 33歳。 高校時代は都立校所属ながら強豪ひしめく東東京大会でチームを決勝まで導くが、チームのために無理して投げ続けたために肩を故障、野球の道を諦めることになる。 大学卒業後大手ビール会社に就職、現在は のマンションで妻子と共に暮らす。 ミスター・ルーキー 甲子園球場のバックスクリーン下のフェンス開閉部(本来は試合中使われることはない)から花火と共に出現する、ホームゲーム限定の守護神。 背番号「119」、ユニフォーム上のネーム表記は「MR. ROOKIE」。 甲子園のスコアボードには、 MR ル | キ | と表記される。 大原優子: ケアマネージャーを目指し、夫と息子に尽くす普通の妻だが性格は男勝り。 若い頃は歌手を夢見ていた。 楊: 逆立った金髪、黒づくめ、丸サングラスの謎の中国人。 甲子園に出入りの「六甲スポーツ」というスポーツ用品会社の社員だが中国整体師でもある。 小嶋典子: 幸嗣の同僚。 椎橋純子: ワイドショーのリポーター。 カメラマンの矢部とのコンビでルーキーの正体を探る。 矢部: 平松コーチ: 強面のピッチングコーチ。 存在感はあるがあまりしゃべらない。 多田: 現在のタイガースの4番打者。 前年までは5番だった。 4番ではあるが前年までの不動の4番だった武藤と比べると幾分頼りない。 背番号「1」。 はのものである。 演じている嶋尾は現実でも阪神に投手として在籍していた。 大原俊介: 幸嗣と優子の一人息子。 9歳の野球少年。 物心ついた頃から関西に住んでいるので両親と違い関西弁で話す。 勘が鋭い。 成田社長: 武藤秀吾: 東京ガリバーズの4番打者。 ミスター・ルーキー最大のライバル。 背番号「42」。 前年に阪神から移籍し日本中の阪神ファンを敵に回したが、それに全く動じない剛胆ぶり、あまりに強気な放言・パフォーマンスなど『』ののような豪快なキャラクターである。 夏頃の時点で36本ものホームランを放っていること、阪神との決戦前の新聞に「武藤、三冠王へ前進」との記事があることから、作中の日本プロ野球界におけるずば抜けた強打者であることが分かる。 劇中では公式戦最終試合にて42号ホームランを放っている。 高校時代唯一自分から三振を奪った投手・大原幸嗣のことをプロ入り10年以上を経た現在でも強烈に記憶しており、ルーキーの球筋に何かを感じる。 東京の高校出身だが終始一貫して関西弁である。 江川常務: 大阪支社の責任者。 ガリバーズファンであり、古賀ら大阪営業部が推すタイガースがらみの企画に全く理解がない。 古賀和男: 大阪支社の営業部長。 根っからの阪神ファンであり、常に黄色い物を身につけている。 若干怪しい関西弁でしゃべる。 瀬川監督: 阪神タイガース監督。 背番号「83」。 かなり小柄。 スケベで貴金属好きだが策士であり、吉田義男とを足して2で割ったようなキャラクター。 実は大原幸嗣の遠い親戚であり、ミスター・ルーキーを起用した新商品「ルーキービール」の企画を承諾した。 矢作: 幸嗣の入団テストの際、球を受けた大柄な。 背番号「50」。 ホステス:・ 他 古賀と幸嗣が瀬川監督をクラブで接待する際、監督に付いたホステス。 本人役で登場する人物 [ ] 広澤克実 現役選手として登場。 試合シーンはなかったが記者からのインタビューに答える。 藪恵壹 東京ガリバーズとの最終決戦に先発投手として登板。 矢野輝弘 最終決戦で先発マスクをかぶる。 だがルーキー登場の時にはすでに交代していた。 八木裕 最終決戦でで登場するもあえなく凡退した。 桧山進次郎 3番として試合に出場するが凡退。 しかし最後の打者・武藤のライトフライを背走してウイニングボールをキャッチする。 ランディ・バース 瀬川監督の切り札「もう一人のミスター」。 劇中では現実と同じ「44」の背番号をつけ、応援歌も現役時代と同様であるが、は「ミスターバース」に変更されており、それに伴い背ネームの表記も「M. R.BASS」となっている。 吉田義男 アナウンサーとのコンビで解説に登場する。 アナウンサーとのコンビで解説に登場する。 最終決戦でアナウンサーとのコンビで解説に登場。 大阪府知事として最終決戦の応援に訪れる。 ・・・ 最終決戦で声援を送るとして登場。 受賞 [ ]• 2002年 助演男優賞(橋爪功)• 新人俳優賞(長嶋一茂)• 第27回 新人賞(長嶋一茂) 小説・漫画版 [ ]• 『ダンカン・オリジナル ミスター・ルーキー』、• ダンカンによるサスペンス仕立ての小説。 映画の公開と前後して発表された。 映画との共通点は「覆面投手がタイガースに入団し活躍する」というところだけで、ストーリーはまったく異なる。 『阪神タイガース救世主伝説 ミスター・ルーキー』漫画:、脚本:井坂聡・鈴木崇、角川コミックス・エース• (平成15年)10月発売。 映画脚本を元に作られているため映画に非常に忠実な出来になっている。 映画では描かれなかった制覇の後、らしきチームとで戦うくだりが僅かながら描かれている。 脚注 [ ] [].

次の

映画:ザ・タイガース 華やかなる招待

タイガース 映画

この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年5月) 本作はと製作、東宝の配給でに封切公開された。 監督は、『』(。 タイガースもゲスト出演)、『』(1968年)など、やの主演映画を手がけた和田嘉訓。 の全作や、『』()をはじめとする主演映画など、東宝の娯楽映画を多く手がけたが脚本を担当、シリーズなど監督とのコンビで知られ、後に映画『』(、主演)を手がけたが撮影を担当している。 和田監督によると、人気絶頂のタイガースの多忙なスケジュールのためにとにかく撮影時間が少なかったという。 10曲以上のを入れるため、多様なシチュエーションを考慮した結果(作中では、コンサートやテレビ番組収録など、挿入歌のために様々なシーンが設けられている)、ストーリーの本筋はやや無理があるものになってしまった。 また挿入歌の多さから、映画の半分近くがタイガースが歌っている場面に占められていることからも、浅いストーリー展開は致し方ない面もある。 それでも、映画館に集まったファンは銀幕に映るメンバーに歓声を送ったらしい。 作中でジュリーことが、「映画館でご覧のみなさんも一緒にお願いします」と語りかける場面まである。 王女シルビイ役に、当時タイガースと同じ所属の新人歌手・ が抜擢され、劇中で「星のプリンス」をタイガースとデュエットし、綺麗なハーモニーを披露している。 は、本作以後全てのタイガース主演映画(全3作)のヒロイン役として出演することになった。 当時「星の王子様」を自称し、キザを売り物にしていたがナルシス殿下という役名で特別出演し、王女シルビィの従者として和田監督作品の常連・が登場、さらにはザ・タイガースの警備を担当する刑事役でも出演している。 本作で登場する円盤は、『』(1965年)のの円盤が使用された。 『』の1996年1月号の『』の特集の中で『ハード』が与えた影響作として『』やの出演作と共に本作が取り上げられた。 なお『ザ・タイガース』3部作で東宝が製作するのは本作だけで、次作『』とその次作『』は、「」のが渡辺プロと共に製作している。 あらすじ [ ] アンドロメダ星の王女シルビイは、婚約者であるナルシス殿下との結婚が悩みの種。 従者のベスとヘラクレスを従え憂さ晴らしに宇宙船でドライブを楽しんでいた。 興味を持った地球へ向かう途中でザ・タイガースの演奏に影響され、日本の砂浜に不時着してしまう。 シルビイは1人でザ・タイガースのコンサート会場を訪れるが、出待ちのファンに巻き込まれ階段から落ちて気絶してしまう。 そんな彼女を助けたのがザ・タイガース。 シルビイはジュリーに恋心を抱くようになる。 シルビイを連れ戻そうとするベスたちやアンドロメダ星から派遣された秘密警察員からシルビイを守るザ・タイガースのメンバーたち。 行く場所のないシルビイを匿うことにし、ジュリーのアイデアで男装のバンドボーイとした。 シルビイはジュリーを始めとするメンバーたちと楽しい日々を過ごす。 しかし、追っかけのファンに女性であることがバレてしまい、雑誌に記事が載ってしまう。 シルビイを庇うジュリーに対してリーダーとして厳しい意見を言うサリー。 そのやりとりを聞いていたシルビイは、タイガースのメンバーたちに黙ってベスとヘラクレスがいる宇宙船へ戻る。 しかし、ジュリーへの想いを断ち切ることが出来ないシルビイは、ベスの協力でジュリーを宇宙船に呼び出すとそのまま飛び立ってしまった。 での新曲発表会が始まった。 宇宙船内のスクリーンに映される会場の様子を辛そうに見るジュリー。 シルビイは、ジュリーが地球にいる人々と話が出来るようにする。 ザ・タイガースの演奏が宇宙船の飛行に影響することを知ったジュリーは、自分の状態を伝え、演奏を盛り上げて欲しいと訴える。 会場のメンバーたちは宇宙船にいるジュリーと「シーサイド・バウンド」を必死に演奏すると、会場内外の人々が「ゴー・バウンド!」と大合唱する。 コンサートの大音響は宇宙船にも届き、またも制御を失って地球に舞い戻ってしまう。 武道館に戻ったジュリーに送られる数多くの声援に、シルビイは「ジュリーはみんなのものだ」と悟り、宇宙へと去っていく。 そしてザ・タイガースはアンドロメダ星へ帰って行く彼女のために、新曲「銀河のロマンス」を捧げるように演奏するのだった。 収録曲は、既にリリースされたシングルEPのAB両面10曲を中心に構成され、新曲は「イエロー・キャッツ」のみ。 曲順は本作での登場順に合わせてあるが、実際のサウンド・トラックとは異なっている。 「イエロー・キャッツ」は後のコンパクト盤に収録された。 曲名 時間 作詞 補作詞 作曲・編曲 01 君だけに愛を 3'23" 橋本淳 すぎやまこういち 02 銀河のロマンス Instrumental 1'38" すぎやまこういち 03 モナリザの微笑み 2'50" 橋本淳 すぎやまこういち 04 花の首飾り 3'53" 菅原房子 なかにし礼 すぎやまこういち 05 僕のマリー 2'56" 橋本淳 すぎやまこういち 06 落葉の物語 4'04" 橋本淳 すぎやまこういち 07 真っ赤なジャケット 3'10" 橋本淳 すぎやまこういち 08 イエロー・キャッツ 3'06" 橋本淳 すぎやまこういち 09 星のプリンス 3'33" 橋本淳 すぎやまこういち 10 こっちを向いて 3'42" 橋本淳 すぎやまこういち 11 シーサイドバウンド 3'15" 橋本淳 すぎやまこういち 12 銀河のロマンス 3'46" 橋本淳 すぎやまこういち キャスト [ ]• :ジュリー• :サリー• :タロー• :トッポ• :ピー• :シルビイ• :ヘラクレス• :ベス• :ナルシス• :雅子• :京子• 美保くるり:早苗• :みどり• :中江• :田村• :早瀬• :犬をつれた青年• :おばさん• 田中淳一、、:秘密警察員• :医者• 浦山珠実:看護婦 スタッフ [ ]• 製作:、五明忠人• 監督:和田嘉訓• 脚本:• 音楽:、• 撮影:• 美術:育野重一• 編集:池田美千子• 録音:吉岡昇• 照明:山口虎男• スクリプター:岩井高志 映像ソフト [ ] 1998年2月1日、本作を収録したビデオソフトが東宝から発売された。 2007年10月26日と2014年2月7日には、同じく東宝から本作を収録したが発売された。 同時上映 [ ] 『』• 『ドリフターズですよ! 』シリーズ第3作。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の